Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成26年度青少年夢のかけはし事業の実施レポート > 「理容師・美容師を目指そう!」実施レポート(平成26年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2020年2月20日

「理容師・美容師を目指そう!」実施レポート(平成26年度)

教室の概要

平成26年8月21日(木曜日)に、青少年夢のかけはし事業「理容師・美容師を目指そう!」を、埼玉県理容美容専門学校(さいたま市浦和区)で開催しました。

教室の様子

まず最初に、学校の企画広報課の齋藤先生から仕事についてお話を聞きました。理容師・美容師になるにはいろんな勉強をする必要があることが分かりました。また、世の中にはたくさんの仕事があるので、何でも好奇心を持って経験し、将来の夢を考える際のアイテムをいっぱい得て欲しいというお話をいただきました。
その後、2グループに分かれて交互に、「ネイルアート」と「シェービング」の実習体験を行いました。
ネイルアート体験では、ネイルの歴史や基本的なことを教えてもらった後に、子供たち一人ひとりでアートチップ(爪に貼り付けるチップ)を作成しました。先生から塗り方やデコレーションの方法を教えてもらいながら、それぞれが好きなように作成しました。一つ一つ細かい作業を重ねていくという根気のいる作業に、みんな苦戦しながらも、最後は納得がいく作品ができたようで満足した表情でした。

お話 ネイル 

 

シェービングの体験では、まずカミソリの持ち方を教えてもらいました。まだ刃は付けていない状態でしたが、本来カミソリはとても危険な道具です。先生から注意事項を聞きながらみんな慎重に扱っていました。
次に、子供たちが自分で顔の絵を描いた風船に泡を塗り、それを割らないように気を付けながら泡を取る練習を行いました。
その後、実際に刃を付けたカミソリを使って、練習用の人形を相手にひげそりに挑戦しました。本物の人間そっくりの人形を使ったので、子供達は風船のときとは明らかに違う様子です。みんな真剣な表情でひげそりに挑戦しました。そり残しがあるなど、完璧にはできませんでしたが、みんな初めてとは思えないほど上手にそることができました。

ひげそり  

実習後、齋藤先生から、みんな楽しみながら真剣に実習に取り組むことができたとの講評をいただきました。
最後に、理容師・美容師に関わらず、将来の夢を見つけ、それに向けて頑張るには、今学校でやっている日々の勉強がとても大事なので、これからも頑張って勉強していってほしいとのお話をいただきました。
子供たちは、実際に理容師・美容師の仕事の一部を経験したことで仕事の楽しいところだけでなく、難しさや刃物を扱う危険性などいろんなことを勉強することができました。

参加者の感想

参加した子供たちからは、「先生のお話やいろんな体験がとても勉強になった。」「ネイルアートもひげそりも思っていたより難しかった。」「美容師になりたいと思っているので、参加できて本当によかった。」などの感想が寄せられました。

関連する情報

埼玉県理容美容専門学校

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?