Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成26年度青少年夢のかけはし事業の実施レポート > 「目指せ!レスキュー隊員」実施レポート(平成26年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2020年2月20日

「目指せ!レスキュー隊員」実施レポート(平成26年度)

教室の概要

 平成26年11月1日(土曜日)に、青少年夢のかけはし事業「目指せ!レスキュー隊員」を埼玉県防災航空センター(川島町)で開催しました。

 防災航空センターの皆さんから、レスキュー隊員の仕事についてお話をしていただくとともに、実際にヘリコプターを使った降下訓練や救助訓練の見学、格納庫内で救助訓練の体験などを行いました。

教室の様子

 まず、防災航空センターやレスキュー隊の概要について、隊長さんから説明をいただくとともに実際の出動や救助の様子などを収録したDVDを鑑賞しました。映像だけでもとても緊迫したものが伝わってきました。

 次にみんなで外に出て、実際にヘリコプターを使った降下訓練や救助訓練の様子を見学しました。遠くの空からヘリコプターが迫るにつれて、その音と風が激しさを増し子供達にぶつかってきます。

 子供達は音や風に耐えつつ、隊員の方から教えてもらいながら、ヘリコプターに向かって手を振り誘導役を体験しました。そして、目の前で繰り広げられる降下訓練や救助訓練の様子を見学しました。 

 

 

  一通り降下訓練・救助訓練を見学した後は、格納庫に移動し、救助活動に使う道具の説明や掛け声などについて教えてもらい、実際に救助される側の体験もしてみました。 

 隊員の皆さんの機敏な動きや的確な声出しなどを目のあたりにして、みんなとても感心した様子でした。特に、けが人が複数いた場合に、けが人の状況を把握しながら、それぞれの状況に応じた救助方法をとるところなどはとても見応えがありました。

 今回のお話や体験を通じて、子供達はレスキュー隊の皆さんの日々の絶え間ない努力を知ることができ、より一層憧れを強くしたようでした。

 

 

参加者の感想

 参加した子供達から、次のような感想が寄せられました。

 ・ヘリの機体についてすごく詳しく話してくれたり、救助道具のことも詳しく話してくれて勉強になった。

 ・初めてこのような体験をしたので、風の強さとかを体験できた。

 ・実際に近くで見られて格好よかった。自分も夢を叶えたい。

 ・防災航空隊の仕事がとても苦労が多く大変な仕事だということが分かった。

関連する情報

 ・埼玉県防災航空センター

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?