Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成26年度青少年夢のかけはし事業の実施レポート > 「警察官になりたい!」実施レポート(平成26年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2020年2月20日

「警察官になりたい!」実施レポート(平成26年度)

教室の概要

平成26年8月8日(金曜日)に、青少年夢のかけはし事業「警察官になりたい!」を、埼玉県警察本部で開催しました。

教室の様子

最初に県警本部1階の県警PRセンターで、警察官の仕事を紹介するDVDを見せてもらいました。事件や交通事故に関する仕事だけでなく、学校などでの防犯指導や音楽隊など警察官のいろいろな仕事が紹介されており、子供たちは「こんな仕事もあるんだ」などと感心しながら真剣に見ていました。
その後、展示されている白バイとパトカーの体験乗車を行いました。普段は触れることができない白バイやパトカーに乗ることができ、お父さんやお母さんに写真を撮ってもらって子供たちはとても嬉しそうでした。

白バイ乗車 PRセンター パトカー乗車

次に、通信指令室に行き、となりにある見学室から警察官のみなさんが実際の通報に対応しているところを見学しました。子供達は、間近で警察官の方が通報処理を行うところを興味深く見ていました。
続いて、見学室にある通報体験用の公衆電話を使って、子供数人が通報の模擬体験を行いました。子供たちは、事件や事故の情報を正確に伝えることの難しさを感じていたようです。
通信指令室の見学開始から終了まで30分程度でしたが、その間に30件以上も通報があることを知り、子供たちは一様に驚いていました。

通信指令室  

最後に、鑑識課の警察官を講師に、足跡と指紋の採取体験を行いました。指紋の方は2種類の方法を体験しました。子供達はお父さんやお母さんに手伝ってもらいながら行いましたが、子供も親も日常では体験できないことなので、大いに盛り上がりました。
参加者は、将来警察官になりたいと思っている子供がほとんどなので、短い時間の中ながらいろいろな体験ができて、とても喜んでいました。

鑑識体験  

参加者の感想

参加した子供たちからは、「普段見られない指令室や全く体験できない指紋採取を体験できて、とても楽しかったし勉強になった。」「警察官のいろんな仕事について知ることができて、なりたいという気持ちがさらに強くなった。」「指紋の採取では実際に使っている粉を使ったので、とてもためになった。」などの感想が寄せられました。

関連する情報

埼玉県警察

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?