トップページ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 「春風亭笑好の子供のための落語教室」実施レポート(平成25年度)

ページ番号:10636

掲載日:2018年2月2日

ここから本文です。

「春風亭笑好の子供のための落語教室」実施レポート(平成25年度)

教室の概要

平成25年9月7日(土曜日)に、青少年夢のかけはし事業「春風亭笑好の子供のための落語教室」を、さいたま市にある別所沼会館で開催しました。講師は、さいたま市北区出身の春風亭笑好師匠です。師匠は、今年5月に真打ちになられた気鋭の落語家です。

教室の様子

まず、師匠が小道具の扇子を使って、お汁粉を食べる様子を実演してくれました。さすがにプロ!細かい演技で本物の場面が目に浮かびます。次は手ぬぐいです。これも、ある場面ではお財布に、別の場面では本にと、いろいろに使えます。

小道具の使い方を教えていただいた後は、本物の落語をご披露いただきました。会場は子供も保護者も大きな笑い声でいっぱいです。

最後は、参加者が小噺を体験しました。

「隣の家に囲いができたよ。」、「へぇ~(塀)」

「母ちゃん、股引(ももひき)がやぶれちゃったよ。」、「また(股)かい。」

師匠のようには上手にできなかったかもしれませんが、会場からはクスクス笑い声が聞こえました。

本物の落語家から生で落語を聞く機会はあまりないので、参加者には伝統芸能である落語に触れるよい機会になったようでした。

落語1 落語2 実技1 実技2

参加者の感想

参加した子供たちからは、「落語について知ることができてよかった」「師匠の落語はとても面白かったけど、実際に同じようにやるのはとても難しいと思った」などの感想が寄せられました。

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?