Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成24年度青少年夢のかけはし事業の実施レポート > 「新聞記者になろう!」実施レポート(平成24年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月2日

「新聞記者になろう!」実施レポート(平成24年度)

教室の概要

平成24年10月27日(土曜日)に、青少年夢のかけはし事業「新聞記者になろう!」を、さいたま市にある埼玉新聞社本社で実施しました。

埼玉新聞社の皆さんに御協力頂き、新聞記者のお仕事について教えてもらい、実際に取材体験をして、新聞記事を書いてみました。

教室の様子

埼玉新聞社編集局次長の小川さんのあいさつで、教室が始まりました。

埼玉新聞の事や本日のスケジュールを聞いた後、まずは自己紹介です。4つの班に分かれて、それぞれ行いましたが、最初はみんな緊張しているようでした。

各班に編集局のデスクの方が一人ずつ付いて、新聞記者のお仕事について教えてくれました。特に、この後体験する”取材”の方法について、一生懸命聞いていました。

取材体験は、埼玉新聞社のお隣にある「グリーンロジテック」で行いました。こちらは”古紙”などのリサイクルを行っている会社ですが、会社の事業内容や作業内容などを取材しました。また、紙面に掲載する写真も、たくさん撮影しました。

用意したメモ用紙が足りなくなるほど質問をした子もいて、子供たちの真剣な取り組みが伝わってきました。

あいさつ インタビュー 取材

取材の後は、実際に記事を書いてみます。この頃には班のメンバーとも仲良しになり、記事の分担なども積極的に行ってました。

記事は文字数の制約があるのですが、取材の成果か、みんな自分の思うことをすぐにまとめて書けていました。教えてくれた埼玉新聞社の方も「今すぐ新聞社にスカウトしたいね!」と言ってくれました。

書きあがった記事は、子供たちが埼玉新聞社内を見学させてもらっている間に、綺麗にレイアウトされた新聞に出来上がりました。あっという間に新聞を作ってしまうプロの技にびっくりしました。

記事執筆 pc入力 新聞完成

参加した子供たちからは、「取材や記事を書く体験が出来てよかった」「新聞社内を見られて勉強になった」「将来、記者になりたい」といった感想をもらいました。

今回の体験を通じて、誰かに話を聞くことの難しさや、自分の知った事を正しく伝えることの大切さを学び、毎日届く”新聞”に、今までとは違った興味を持ってくれたと思います。

関連する情報

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?