Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成24年度青少年夢のかけはし事業の実施レポート > 「埼玉りそな銀行のお金の教室~りそなキッズマネーアカデミー2012~」実施レポート(平成24年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月2日

「埼玉りそな銀行のお金の教室~りそなキッズマネーアカデミー2012~」実施レポート(平成24年度)

教室の概要

青少年夢のかけはし事業「埼玉りそな銀行のお金の教室~りそなキッズマネーアカデミー2012~」が、平成24年8月に県内の埼玉りそな銀行の10支店で開催されました。

今回は、8月8日(水曜日)に行われた本庄支店での様子をお伝えします。

教室の様子

最初の開校式では、今回の校長先生である本庄支店の平野副支店長から挨拶がありました。その後、グループ毎に自己紹介を行いました。

1時間目は『お金のクイズ』です。埼玉りそな銀行のスタッフの方々が、お金に関係するクイズを次々と出題します。「いま使われているお金は何種類?」「1万円札を作るのにいくらかかる?」などのクイズに、初めて会った子供達もみんなで一緒に盛り上がっていました。

2時間目は『お金の流れ・銀行の仕事』です。銀行の”預金”・”貸出”・”為替”のお仕事を元に、お金の流れを教えてもらいました。

3時間目は『銀行見学・1億円体験』です。実際に営業している店舗の中を見学しました。窓口やATMの様子、カウンター内の出納業務や融資の相談コーナーなどを見せてもらいました。そして、本物の”1億円”の札束を見せてもらい、大興奮の子供たちでした

開会式 クイズ 1億円

最後の4時間目は『カレー作りゲーム』です。これは、グループ毎に自分たちの手持ちのお金でカレーの食材を買って、カレーを作るゲームです。最初、自分たちの食べたいカレーを考えましたが、いざ食材を買う段階で手持ちのお金では足りない事が分かります。その時、どうすれば持っているお金でカレーが作れるのか、みんなで話し合います。最初考えたカレーとは、具材が全く違うものになってしまったグループもありました。

全て終了した後、校長先生から修了証を頂きました。

カレー作り 材料を買おう 修了式

今回の体験を通じて、お金の流れや銀行の役割について知ることができました。また、カレー作りゲームでは、お金のやりくりの大変さを体験をもとに学ぶことができました。

関連する情報

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?