Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成24年度青少年夢のかけはし事業の実施レポート > 「サッカー選手になろう!」実施レポート(平成24年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月2日

「サッカー選手になろう!」実施レポート(平成24年度)

教室の概要

平成25年1月14日(月曜日・祝日)、青少年夢のかけはし事業「サッカー選手になろう!」を、さいたま市の浦和駒場スタジアムで実施しました。

「浦和レッズ」の大谷幸輝(おおたに こうき)選手、野崎雅也(のざき まさや)選手、「浦和レッズレディース」の齋藤あかね(さいとう あかね)選手、加藤千佳(かとう ちか)選手、「浦和レッズハートフルクラブ」の皆さんに、楽しみながらサッカーを教えていただきました。

教室の様子

当日朝の天候は「雨」、ところにより「雪」が降るかもしれないという状況でした。それでも多くの子供たちが参加してくれました。

雨天の為プログラムの予定を変更して、まずは浦和レッズハートフルクラブの落合キャプテンのお話しで教室を開始しました。

元日本代表でもあった落合キャプテンからは、Jリーグで活躍する選手のことや、海外の子供たちが置かれているサッカーをするための環境のことなどをお話しいただき、サッカーを出来ることのありがたさや、一生懸命プレイすることの大切さを教えてもらいました。

子供たちは、落合キャプテンのお話をしっかり聞き、サッカーが出来ることの素晴らしさを、あらためて感じることができたと思います。

選手 お話風景 落合キャプテン

続いて、屋内のウォーミングアップ室を使って、選手やコーチと一緒にジャンケンゲームやパス練習、ドリブル練習をしました。初めて会ったお友達ともすぐに仲良くなり、楽しくゲームを行いました。

選手の皆さんも一緒にボールを蹴ってくれました。プロの選手とパス交換できて、子供たちはとても嬉しそうでした。

じゃんけん パス練習 ドリブル練習

最後は、浦和駒場スタジアムのメインピッチでミニゲームですが、いつの間にか”雪”一面のピッチに。。。でも子供たちは、そんな雪にも負けずに元気にピッチに飛び出していきました。

選手やコーチたちも雪のピッチで、子供たちと一緒にサッカーを楽しみました。真っ白い雪の中に、子供たちの声がいつも以上に響いていました。

プロの選手と一緒にサッカーをするという貴重な経験を、真っ白な雪のピッチで体験した子供たちは、一生の思い出になったと思います。

最後に選手の皆さんから、夢に向かってサッカーを頑張ってほしいとメッセージをいただき、ハイタッチで教室を終了しました。

雪のピッチ1 雪のピッチ2集合写真

参加者の感想

参加した子どもたちからは、「プロのサッカー選手と駒場スタジアムでサッカーができて楽しかった。」「選手と楽しくふれあえた。」「雪で滑ったり、転んだりしたけど楽しかった。」などの感想が寄せられました。

関連する情報

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?