Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成24年度青少年夢のかけはし事業の実施レポート > 「銀行員のお仕事体験」実施レポート(平成24年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月2日

「銀行員のお仕事体験」実施レポート(平成24年度)

教室の概要

平成24年8月3日(金曜日)、青少年夢のかけはし事業「武蔵野銀行のお仕事体験~目指せ日本一の銀行員~」を、武蔵野銀行県庁前支店、草加支店、川越支店、川口支店、熊谷支店、久喜支店の6つの支店で実施しました。

武蔵野銀行の皆さんに協力していただき、各支店4名ずつの小学4~6年生が銀行のお仕事にチャレンジしました。

ここでは、県庁前支店の様子を報告します。

教室の様子

まずは、銀行員としての基本である、お辞儀の仕方を教えてもらいました。また、銀行員は笑顔が大切だというお話がありました。その後、各自に用意された名刺の交換を行いました。

次に、銀行の役割について勉強しました。銀行の基本的な3つの仕事について、クイズも行いながら、教えてもらいました。

お辞儀の練習をする参加者 名刺交換をする参加者

次は、お札を数える練習と数字を書く練習をしました。なかなか上手くお札を数えられませんでしたが、「練習すればするほど上手くなる」と銀行員の方からアドバイスがありました。また、「1」と「7」など間違えやすい数字もあるので、はっきりと区別できるように書くことが重要だそうです。

お札を数える参加者 数字を書く練習をする参加者たち

最後に、500円硬貨が100万円分入った麻袋を持ってみたり、貸金庫や窓口業務などを見学したりしました。

硬貨のたくさん入った袋を持ち上げる参加者 貸金庫を見学する参加者たち

参加者の感想

参加した子供たちからは、「銀行がどういうところかよくわかった。」「数字の書き方やお札の数え方を教えてもらい、楽しかった。」「銀行はマナーなどが厳しいところだけど、銀行員になりたいと思った。」などの感想が寄せられました。

関連する情報

武蔵野銀行

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?