Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成24年度青少年夢のかけはし事業の実施レポート > 「パティシエになってケーキを作りたい!」実施レポート(平成24年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月2日

「パティシエになってケーキを作りたい!」実施レポート(平成24年度)

教室の概要

平成24年8月10日(金曜日)に、青少年夢のかけはし事業「パティシエになってケーキを作りたい!」を、さいたま市南区の東京ガス埼玉支店にある『キッチンランド浦和』で実施しました。

世界大会で賞をもらったこともあるシェフパティシエの朝田晋平さんにケーキの作り方を教えてもらい、夢をかなえるためのお話を聞きました。

教室の様子

最初に、ケーキ作りをしました。今回は「苺のショートケーキ」を作ります。

朝田さんが、スポンジケーキの作り方から丁寧に教えてくれます。美味しく作るコツやプロの技を、次々と子どもたちに披露してくれました。

土台が出来たところで、子どもたちも一緒に生クリームのデコレーションをやってみました。朝田さんがやると簡単そうに見えたのに、いざ子どもたちがやろうとするととても難しく、プロのパティシエの凄さが良く分かりました。

イチゴやブルーベリーなどをのせて、最後にホワイトチョコレートの板にメッセージをチョコレートで書きます。みんな、美味しそうなケーキを作ることができました。

朝田さん ケーキ作り ケーキ完成

会場を移動して、朝田さんのお話を聞きました。

朝田さんは、パティシエになるためにとても頑張ってきました。目標を立ててそれを達成すると、次の目標を立てます。そしてその目標を達成するとまた次の目標を立てます。そうして少しずつ上達していき、最後には世界大会で賞をもらうことが出来たのです。目標や夢を達成するためには、何事もあきらめずに頑張ることが必要だと教えてくれました。

お話会場 お話する朝田さん お片づけ

子どもたちは、パティシエの技を間近で見て、そして実際に自分がやってみることで、プロの凄さを感じ取ることができました。そして、その技が日々の努力の積み重ねで出来ていることを学びました。

最後に「”1番を目指そう!”という気持ちが大事。たとえ1番になれなくても、1番になろうとした努力が大事なんだよ。」と朝田さんから教えてもらいました。

参加者の感想

参加した子どもたちからは、「ケーキを作るのが楽しかった。」「夢に向かって、何かしら努力を絶えずしないといけないと分かった。」「ケーキの作り方や、夢をかなえるお話を詳しく聞くことが出来た。」などの感想が寄せられました。

関連する情報

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?