Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成24年度青少年夢のかけはし事業の実施レポート > 「プロ野球選手になろう!」実施レポート(平成24年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月2日

「プロ野球選手になろう!」実施レポート(平成24年度)

教室の概要

平成24年8月17日(金曜日)と9月2日(日曜日)の2回、青少年夢のかけはし事業「プロ野球選手になろう!」を、所沢市にある西武ドームで実施しました。

元西武ライオンズ投手で、現在はライオンズアカデミーのコーチとして子どもたちの育成・指導に携わっておられる石井丈裕さんを講師として、各回30名の小学4~6年生が参加しました。

教室の様子

参加者はまず、試合前に行われているライオンズの練習を見学しました。

最初にフィールドビューシートから、次にネット裏スペシャルシートに席を移し、練習を見学しました。石井さんが、選手それぞれの練習内容やなぜそういった練習をするのかについて、解説してくれました。

1つアウトをとる、1つ塁を進める、そのために毎日の練習が大切であることを教わりました。

フィールドビュー フィールドビュー説明 ボックスシート

練習見学の後、「プロ野球選手になるために大切なこと」について、石井さんから話しをしていただきました。

石井さんのこれまでの経歴とその時々のエピソードからは、下積みが長かったこと、その中でも一生懸命練習し続けたことで花開いたことについて話しがありました。

また、石井さんの小学生時代の思い出から、今はとにかく野球を好きになって欲しいこと、野球が好きだからこそつらい練習に耐えられること、あいさつや好き嫌いなく食べることが大切、などの話しがありました。

最後に参加者に対し、石井さんから、野球を通じて一生の友達をつくって財産としてほしい、とのメッセージがありました。

石井コーチ 質問 指導

子どもたちは、練習見学では間近にみるプロ選手の姿を写真を撮りつつ楽しんで見学していました。また、石井さんの解説やお話しを、熱心にメモを取りながら聞いていました。

石井さんの解説やお話しを通じ、プロ野球選手になるために必要なことを学びました。

参加者の感想

参加した子供たちからは、「プロ野球選手になるために野球を好きになることと練習をいっぱいやることがわかった。」「今まで素振りの回数が少なかったのに、『素振りをしろ』と言われて気合が入った。」「練習見学や質問ができたりして貴重な経験ができて楽しかった。」などの感想が寄せられました。

関連する情報

埼玉西武ライオンズ

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?