Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成24年度青少年夢のかけはし事業の実施レポート > 「サッカー選手になりたい!」実施レポート(平成24年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年10月9日

「サッカー選手になりたい!」実施レポート(平成24年度)

教室の概要

平成24年10月20日(土曜日)、青少年夢のかけはし事業「サッカー選手になりたい!」をNACK5スタジアム大宮(さいたま市)で実施しました。

大宮アルディージャ アンバサダーの塚本泰史さんから、夢の実現に向けたお話などをしていただき、その後、普段は入ることができない試合直前のNACK5スタジアム大宮の中を見学しました。

教室の様子

まず、大宮アルディージャ アンバサダーの塚本泰史さんを紹介するDVDを見た後、塚本さんからお話を聞きました。

参加者と同じ小学生年代からプロになって活躍するまで、そして病気が発覚してから現在に至るまでの道のりについてお話いただきました。

サッカー選手になるために、たくさんの悔しい経験があっても努力し続けたこと、そのためには夢や目標を持つことが大切であること、サッカーができる日常が「あたりまえ」ではなく「あたりまえ」のことなど1つもないこと、などを教えていただきました。

質疑応答の後、塚本さんからサイン入りのカードをもらい、握手してもらいました。

DVD お話 握手

その後、NACK5スタジアム大宮の中を見学しました。当日は、Jリーグ公式戦、大宮アルディージャ対アルビレックス新潟戦があり、その直前の様子を見ることができました。

会場になっていたインタビュールームを出発し、選手バスの駐車場、室内練習場、選手ロッカールーム、シャワールーム、2002年日韓ワールドカップで優勝したブラジル代表チームのサインが書かれた控室などを見学しました。

試合直前で選手のスパイクなどがセットされているロッカールームや、カカやロナウジーニョのサインなどを熱心に見学していました。

室内練習場 ロッカールーム ブラジル代表サイン

参加者の感想

参加した子供たちからは、「泰史さんのお話やブラジル代表のサインなど、サッカーファンにとって天国みたいなものでとても楽しかった」「あきらめないことやがんばることを学んだ」「泰史さんに会えて握手ができて楽しかった」などの感想が寄せられました。

関連する情報

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?