Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成23年度青少年夢のかけはし事業の実施結果 > 青少年夢のかけはし事業/バレーボール教室(平成23年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2020年2月20日

青少年夢のかけはし事業/バレーボール教室(平成23年度)

上尾メディックスのバレーボール教室

日時:平成23年8月11日(木曜日)13時から15時

会場:さいたま市記念総合体育館

本日の講師は、上尾メディックスの吉田監督をはじめ、選手及びコーチの皆さんです。

当日、この教室には84人の小・中学生が参加しました。

上尾メディックスの選手とコーチ

まず、ストレッチなどのウォーミングアップをした後、パスとレシーブの練習が行われました。

レシーブの練習 トスの練習

スパイク練習は、中学生と小学生に分かれて行われました。

その後、メディックスの選手がそれぞれのチームに混じって試合が行われました。

選手と一緒に試合を楽しむ参加者たち スパイクを決める選手

選手からのメッセージ

私の夢はトップリーグの選手になること。これまで怪我で手術をしたりして挫折も味わってきたが、そのたびに周りの人に支えられてやってくることができた。皆さんもそれぞれの夢をかなえられるように頑張ってください。

参加された皆さんの主な感想

  • 選手の教え方がわかりやすく楽しかった。
  • 悪いところや基本をしっかりと教えてもらった。
  • メディックスの選手と一緒に練習できてよかった。
  • 苦手だったパスがうまくできるようになった。
  • いろんな人とバレーボールができてよかった。

また、「将来は全日本のバレーボール選手になりたい」、「上尾メディックスに入るのが夢」という子どももいました。

講師紹介

上尾メディックス

1965年、上尾中央病院ソフトボール部を設立。対外試合に数多く出場するが廃部となり、バレーボール部に移行。選手もほとんどがバレーボール部員へと転身する。

2001年4月に実業団バレーボール部「上尾中央病院女子バレーボール部」として正式に発足。2003年の第23回地域リーグで優勝し、V1リーグ(現在のV・チャレンジリーグ)に昇格。

その後着実に力をつけ、チーム名を「上尾メディックス」として迎えた2007/08シーズンに初の3位。2009/10シーズンに元アメリカ代表監督である吉田敏明氏を監督として招へいし、準優勝。初のチャレンジマッチ(入れ替え戦)出場を果たしたが、セット率の差でプレミアリーグへの昇格はならなかった。

2010/11シーズンにはリーグ初優勝を飾るとともに、2011年5月の黒鷲旗全日本選手権大会では、プレミアリーグのパイオニアレッドウィングスを倒して初の準々決勝進出を果たすなど、悲願のプレミアリーグ昇格へ向けて、確実にステップアップを踏んでいる。

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?