Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成23年度青少年夢のかけはし事業の実施結果 > 青少年夢のかけはし事業/アナウンサー体験教室(平成23年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月2日

青少年夢のかけはし事業/アナウンサー体験教室(平成23年度)

テレビ埼玉のアナウンサー体験教室

日時:平成23年8月17日(水曜日)14時30分から16時30分

会場:テレビ埼玉

本日の講師は、テレビ埼玉アナウンサーの小室早弥香さんです。

当日、この教室には18人の小・中学生が参加しました。

お話しをする小室さん

まず、小室さんが、アナウンサーの仕事内容やアナウンサーになったきっかけ、アナウンサーになってよかったことなどをわかりやすく話してくれました。

次に、実際に番組を収録しているスタジオや、カメラ・照明・テロップなど番組全般をコントロールしている調整室など、テレビ番組制作の裏側を見学しました。

スタジオを見学する参加者たち 調整室で説明を聞く参加者たち

最後に、アナウンサー体験に挑戦しました。小室さんのお手本を参考に、2人1組で架空のニュース番組の収録に臨みました。

アナウンサー体験をする参加者たち アナウンサー体験の様子を中継

講師からのメッセージ

子どものころ、漢字の勉強が好きだったことがニュース原稿を読むうえで、大変役に立っています。また、子どもの頃は体が弱かったのですが、学生時代スポーツに打ち込んだことで、体が丈夫になり、社会人になってから病気で会社を休んだことがありません。

皆さんもいろいろなことに興味を持って挑戦してください。

参加された皆さんの主な感想

  • テレビの仕組みやライト、背景など色の使い分けを分かりやすく教えてもらえたので、ためになりました。それと、原稿読み体験をして、アナウンサーになるには大変だということがわかりました。
  • 人と会話する上で、笑顔や目線は大切だと思いました。とても勉強になりました。
  • 新しい夢が一つ増えた。
  • アナウンサーはちょっとした表情や話し方を変えるだけでずいぶんと変わってくるんだと思いました。また、リハーサルはたった1回だったので、大変でした。おまけに生なので、どんなことがあってもやり直し不可能だということが厳しかったです。それでも、全くあがらずハキハキしているアナウンスの人はスゴイと思いました。アナウンスの大変さを知りました。

講師紹介

小室 早弥香

小室早弥香さん

福島県出身。平成23年4月からテレビ埼玉アナウンサー。

「テレ玉ニュース」、「NEWS930」、「こんにちは県議会です」等の番組を担当。

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?