Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成23年度青少年夢のかけはし事業の実施結果 > 青少年夢のかけはし事業/放送体験教室(平成23年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月7日

青少年夢のかけはし事業/放送体験教室(平成23年度)

秋沢淳子TBSアナウンサーの放送体験教室

日時:平成23年10月22日(土曜日)13時30分から15時30分

会場:浦和駒場体育館

本日の講師は、TBSアナウンサーの秋沢淳子さんとTBSのスタッフの皆さんです。

当日、この教室には71人の小・中学生が参加しました。

お話しをする秋沢アナウンサー

まず、秋沢さんがアナウンサーの仕事についてお話ししてくれました。

次に、グループに分かれ、予め用意された6本のニュースの中から3本を選び、どの順番で放送するのか、理由を考えながら話し合いを進める、ニュース編集長体験を行いました。

話合いをする参加者たち ニュースを読む秋沢アナウンサー

その後、2組の代表が実際のスタジオと同じようなセットの中で、キャスター、アナウンサー、フロアディレクター、カメラマン、スイッチャーの役割分担をし、放送体験を行いました。

最後に、TBS朝の情報番組「朝ズバッ!」が放送されるまでのVTRを視聴しました。

カメラマンなどの体験をする参加者 アナウンサー体験をする参加者

秋沢アナウンサーからのメッセージ

どんな状況でも、あわてず落ち着いてやることが求められます。将来アナウンサーをやってみたい人は、(1)本をしっかり読むこと、(2)新聞やニュースに興味を持つこと、(3)お話をする技術を磨くこと(大人とたくさん話をして、単語の数を増やすこと)、(4)人前で話すときは、恥ずかしがらずに自分から大きな声で、を心がけてください。

参加された皆さんの主な感想

  • アナウンサーになりたいという夢があって、このイベントに参加して、ますます、この仕事をやってみたくなった。
  • 実際にTBSのアナウンサーに会え、いろいろなお話しを聞かせてもらえたこと、カメラをさわらせてもらえたことがよかったです。
  • 実際にニュースの作り方などを体験することができて、とても楽しかった。テレビ局の仕事がよくわかりました。
  • 放送局の裏側の秘密などがよくわかり、VTRも面白かったです。
  • アナウンサーになるかもしれないので、知っておいてよかったと思います。
  • 秋沢淳子さんから教えてもらったことを、学校の放送委員会で役立てたいと思った。

講師紹介

秋沢 淳子

秋沢淳子アナウンサー

埼玉県飯能市出身 聖望学園高等学校、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業。

1991年4月、TBSへ入社し、アナウンサーとなり、主に報道・情報番組を中心に活躍し、現在に至る。

【主な出演番組】

テレビ

  • はなまるマーケット:水曜日~金曜日担当、はなまるニュース担当
  • TBSニュース:火・金曜日担当(15時50分~15時55分)

ラジオ

  • アステラス製薬 明日も元気(以下TBSラジオ):2009年4月~
  • 土曜朝イチエンタ。堀尾正明+PLUS!:2010年4月~

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?