Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成23年度青少年夢のかけはし事業の実施結果 > 青少年夢のかけはし事業/試合運営スタッフ体験【埼玉西武ライオンズ】(平成23年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月2日

青少年夢のかけはし事業/試合運営スタッフ体験【埼玉西武ライオンズ】(平成23年度)

埼玉西武ライオンズの試合運営スタッフ体験

日時:平成23年7月10日(日曜日)10時から13時

会場:西武ドーム

本日の講師は、埼玉西武ライオンズの運営スタッフの皆さんです。

当日、この教室には20人の中学生が参加しました。

埼玉西武ライオンズのスタッフから説明を受ける参加者たち

まず、埼玉西武ライオンズの運営スタッフの皆さんから、「プロ野球の試合は、たくさんの職種のスタッフで支えられ運営されています。」と説明がありました。

その後、西武ドーム内に移動し、テレビ放送席、記者室、オーナーズレストラン(特別室)やラジオ放送室などを見学しました。

西武ドーム内を移動する参加者たち オーナーズレストランで説明を聞く参加者たち

次に、球場内の飲み物販売を行う販売員ベース、イベント広場やライオンズグッズ販売ブース、お弁当等の販売ブース等を訪問しました。飲み物販売のケースを背負ってみた参加者は、その重さに驚いた様子でした。

その後、試合前にグラウンドの周りで選手の様子を見学した後、グラウンド整備を体験しました。

飲み物販売のケースを背負う参加者 グラウンド整備を体験する参加者たち

参加された皆さんの主な感想

  • 普段は入れない所に行って、ライオンズを裏から支えている人や場所に出会えた。
  • 学校では教えてくれないことを教えてくれた。
  • 最後のグラウンド整備がすごく貴重な体験になった。
  • ドームの裏側に色々な部屋や試合を支えるスタッフの人々がいて、すごいと思った。
  • 仕事の大変さがよく分かった。

講師紹介

埼玉西武ライオンズ

昭和25年に発足した西鉄ライオンズが球団名を変更し、昭和53年に西武ライオンズとなり、本拠地を所沢市に移した。現在まで、パシフィック・リーグでの優勝21回、日本シリーズでの優勝13回をほこる。平成20年、球団創設30周年を迎えるに当たり、より地域に根ざし、ファンに愛されることを目指し、球団名を埼玉西武ライオンズに変更した。

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?