Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成23年度青少年夢のかけはし事業の実施結果 > 青少年夢のかけはし事業/サイエンス教室【理化学研究所】(平成23年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月2日

青少年夢のかけはし事業/サイエンス教室【理化学研究所】(平成23年度)

理化学研究所のサイエンス教室

日時:平成23年8月25日(木曜日)13時30分から16時30分

会場:理化学研究所

本日の講師は、理化学研究所仁科加速器研究センターの原雅弘先生です。

当日、この教室には30人の小・中学生が参加しました。

原雅弘先生

まず、物質の性質を調べるために、放射光という光を当てること、そしてそれは生命や環境などいろいろな分野に役立っていることなど最新の技術についてのお話をしていただきました。

次に、実際に重イオンビームを当てて物質を調べるサイクロトロンの見学を行いました。

サイクロトロンを見学する参加者たち 説明を聞く参加者たち

最後に、分光器を作りました。この分光器で「光」を見ると、波長ごとに光が分かれ、きれいなスペクトルとなって見えました。

分光器を作る参加者たち 分光器で光を見る参加者たち

講師からのメッセージ

必要なことをするのも大切だけど、いろいろなことに興味を持って、なぜなんだろう、どうしてなんだろうと考えながら生活していってほしい。皆さんの中からこの研究所で一緒に働く人ができたらとても嬉しい。

参加された皆さんの主な感想

  • 分光器作りやサイクロトロン見学がよかったです。
  • 普通では入れない場所を見学できたので、よかったです。
  • ぼくは、理科が好きだったのでとてもおもしろく、勉強になった。
  • 光はいろいろな色が集まってできているということがわかりました。
  • 自分が知らない科学をいろいろ知ることができた。よく分からない言葉もあったけれど、これから役に立つと思います。

講師紹介

原 雅弘

理化学研究所 仁科加速器研究センター 嘱託研究員

工学博士

1975年理化学研究所入所。科学技術庁総合研究課出向後、1985年大型放射光施設建設を提案。Spring-8設計・建設に従事する。

理化学研究所大型放射光施設設計推進本部・加速系研究開発室勤務。完成後、高輝度科学研究センター(JASRI)に異動。平成12年諏訪賞受賞。JASRI退職後現在に至る。

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?