Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成23年度青少年夢のかけはし事業の実施結果 > 青少年夢のかけはし事業/落語会(平成23年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月7日

青少年夢のかけはし事業/落語会(平成23年度)

林家たい平の子どものための落語会

日時:平成23年8月23日(火曜日)13時30分から15時

会場:埼玉会館・小ホール

本日の講師は、秩父市出身の落語家・林家たい平さんです。

当日、この教室には155組の小・中学生の親子が参加しました。

林家たい平さん

大きな拍手の中、林家たい平さんが登場し、はじめに、落語について、「想像力を使って楽しむ、頭の中に絵を描きながら聞く」のが落語であるというお話をされました。

次に、御自身が落語家になるまでの道のりについてお話しをしてくれました。

また、落語の世界について、子どもたちへの質問を交えながら、分かりやすく、そしてユーモアたっぷりに話してくれました。

子どもたちに熱く語るたい平さん プロの技を披露するたい平さん

休憩を間にはさみ、「牛ほめ」という落語を披露してくれました。

最後には、東日本大震災の被災者に思いを寄せ、一日も早く元気になれるよう笑いを届ける姿を示してくれました。

たい平さんの巧みな話術に引き込まれる たい平さんの質問に答える参加者

たい平さんからのメッセージ

  • 今、一生懸命やっていることは大人になっても役に立つ。
  • 想像力というエンジンにスイッチを入れると見えないものが見えてくる。
  • 落語の中にいじめは一つもない。喧嘩はするけど仲間はずれはしない。

参加された皆さんの主な感想

  • 落語で使う道具やはなし方などについてわかりやすく楽しく学ぶことができました。
  • 子どものときから色々なことに興味をもつことはとても大切なことだと思った。
  • たい平さんの話を聞いて、自分自身もっといろんなことに挑戦して、一生懸命やっていきたいと思いました。今、勉強は苦手で嫌いだけど頑張ってみようと思いました。
  • 自分の夢をかなえるために今できることをがんばりたい。
  • 落語はおもしろかったし、アドバイスもとても参考になりました。もっと積極的にやりたいことにどんどんチャレンジしていきたいです。

講師紹介

林家たい平

林家たい平さん

昭和39年 埼玉県秩父市出身。

昭和63年 林家こん平に入門、前座名 たい平。

平成4年 二つ目昇進。

平成5年 NHK新人演芸コンクール優秀賞受賞。
平成12年 真打昇進。
平成16年、20年国立演芸場主催花形演芸会金賞受賞。
平成20年   平成19年度(第58回)芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。

日本テレビ「笑点」大喜利メンバー。NHK「ど~する地球のあした」ナビゲーターレギュラー。
美大出身で画才でも知られており、平成22年度より、母校・武蔵野美術大学客員教授に就任。
平成21年結成の埼玉応援団(愛称 コバトン倶楽部)のメンバーでもある。

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?