Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成23年度青少年夢のかけはし事業の実施結果 > 青少年夢のかけはし事業/看護師体験教室(平成23年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月2日

青少年夢のかけはし事業/看護師体験教室(平成23年度)

埼玉県立大学の看護師体験教室

日時:平成23年11月5日(土曜日)13時30分から15時

会場:埼玉県立大学

本日の講師は、埼玉県立大学看護学科の鈴木教授はじめ、先生の皆さんです。

当日、この教室には28人の小・中学生が参加しました。

まず最初に、看護職についてのお話しがありました。

次に、3つのグループに分かれて、「赤ちゃんのお風呂(沐浴)」、「赤ちゃんの体温と心音」、「妊婦の看護体験」を順番に行いました。

看護師についてのお話しをする鈴木教授

「赤ちゃんのお風呂(沐浴)」では、赤ちゃんの人形の体や頭を洗いました。

「赤ちゃんの体温と心音」では、赤ちゃんの人形の心音や呼吸数を数えたりしました。

「妊娠・出産と看護体験」では、妊婦のおなかの中の赤ちゃんの心音を聞いてみたり、妊婦体験ジャケットを着用したりしました。

赤ちゃんをお風呂に入れる参加者 赤ちゃんの心音を測る参加者

赤ちゃんの心音を聞く参加者

参加された皆さんの主な感想

  • 具体的に分かりやすくお話しをしてもらったりして、すごく楽しかったです。看護師ってどんなことをするのかなどもわかってとても楽しかったです。
  • 将来、フライトナースになりたかったので、この体験ができてとても楽しかったからです。またあれば参加したいです。
  • 赤ちゃんへの対応などお風呂への入れ方がわかった。実際の赤ちゃんではないが、やってみてとても重くて大変だった。今日体験したことをこれからの生活・将来に活かしていきたいと思った。
  • 赤ちゃんのお風呂の入れ方とか、赤ちゃんの脈が速いと熱があるなど、わかりやすく教えてくれたので、とってもよくわかりました。妊婦体験も、赤ちゃんは重かったです。
  • 先生や大学生さんたちにいろいろなことを教えてもらって、赤ちゃんのお風呂や赤ちゃんを抱っこしたり、とても楽しかったです。

講師紹介

埼玉県立大学

埼玉県立大学は、平成11年4月に開学。平成22年4月から公立大学法人。看護学科をはじめ、理学療法学科、社会福祉学科などの学科を設置している。保健・医療・福祉の「連携と統合」を柱として共生社会に貢献できる人材の育成を目指し、この教育理念によって育成した人材を地域社会に輩出している。

保健医療福祉学部看護学科 母性看護学/助産学教員

看護学科は生命を守り、生活・環境を整えて個人と家族、集団の健康を支援できる看護職(看護師、助産師、保健師、養護教諭)を養成している。

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?