Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成23年度青少年夢のかけはし事業の実施結果 > 青少年夢のかけはし事業/バスケットボール教室(平成23年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月7日

青少年夢のかけはし事業/バスケットボール教室(平成23年度)

埼玉ブロンコスのバスケットボール教室

日時:平成23年8月31日(水曜日)13時から15時

会場:さいたま市記念総合体育館

本日の講師は、埼玉ブロンコスのディーン・マーレイヘッドコーチをはじめ、選手及びトレーナーの皆さんです。

当日、この教室には145人の小・中学生が参加しました。

埼玉ブロンコスの皆さん

まず、ディーン・マーレイヘッドコーチの指導で、パスやドリブル、レイアップシュートなど、バスケットボールの基本的かつ大切な練習を中心に行いました。

選手に指導してもらう参加者 シュート練習をする参加者たち

次に、ブロンコス選手とゲームを行いました。子どもたちは、ハーフコート内でドリブルをしながら、ボールをコート外に出そうとするブロンコス選手から逃げ回りました。

最後は、参加者みんなでハドルを組んで、右手を高く挙げながら「1,2,3ブロンコス!」と叫びました。

選手とゲームを楽しむ参加者 1、2、3、ブロンコス

ヘッドコーチからのメッセージ

いい選手になりたいと思ったら基本は大切である。全体的にシュート練習を好む傾向が見られるが、それは必ずしもよいことではない。パスやドリブルなどの練習はつまらないと思うかもしれないが、試合のことを考えるとこれらの練習は非常に大切である。

何よりも大切なのはバスケットボールが楽しいと感じてもらいたい。これからも頑張ってもらいたい。

参加された皆さんの主な感想

  • パス、ドリブルを細かく教えてもらえてよかったです。ゲームをしたのもドリブルがうまくなりながら楽しめたと思います。
  • チームの練習とは違う練習だったので勉強になった。
  • 今まであまりやっていなかったドリブルやパスの基礎があらためて学べたのでとてもためになりました。
  • ぼくのこれからのバスケに今日やったことをいかしたいです。
  • シュートが大切だと思っていたけれど、シュートじゃなくて、基本が1番大切ということを教えてもらった。

講師紹介

埼玉ブロンコス

2005年11月に開幕した日本初のプロバスケットボールリーグ、bjリーグに所属。埼玉県所沢市を本拠地とし、埼玉県全域をホームタウンとするバスケットボールのプロチームです。チームカラーはグリーン。チーム名のブロンコス(BRONCOS)は暴れ馬の意味です。

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?