Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成23年度青少年夢のかけはし事業の実施結果 > 青少年夢のかけはし事業/サポートスタッフ体験【大宮アルディージャ】(平成23年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月2日

青少年夢のかけはし事業/サポートスタッフ体験【大宮アルディージャ】(平成23年度)

大宮アルディージャのサポートスタッフ体験

日時:平成23年10月22日(土曜日)10時から17時

会場:NACK5スタジアム大宮

本日の講師は、大宮アルディージャクラブスタッフの小島陽介さんです。

当日、この教室には20人の中学生が参加しました。

まず最初に、NACK5スタジアム大宮の中を見学しました。

次に、大人のスタッフに混じってサポートスタッフの全体ミーティングに参加しました。

その後、全員入場ゲートに移動し、ゲートサンプリングに挑戦しました。

施設の説明をする小島さん ピッチを見学する参加者たち

ゲートサンプリングを体験する参加者たち

その後、各班に分かれ、選手のサイン会やスポンサーボードの設置などのイベント補助や観客の誘導などを体験しました。

最後には、自分たちが裏で支えた試合を観戦しました。

サイン会の補助をする参加者たち スポンサーボードを設置する参加者たち

参加された皆さんの主な感想

  • ゲートでチラシを配った時に「ありがとう」って言われた時に、あいさつとかって大切なんだなって思ってためになった。
  • 実際に試合の裏側で頑張っているスタッフの仕事ができて、試合を行う時の大変さがわかった。
  • 普段は見ることができないロッカールームなどを見ることができたし、イベントなどの手伝いをすることができたりして良かった。
  • サンプリング体験やイベント等、普段出来ない貴重な体験ができた。
  • NACK5スタジアムの中を見学でき、スタッフの仕事の大変さを知ることができ、普段出来ない体験をさせてもらえた。

講師紹介

大宮アルディージャ

NTT関東サッカー部を母体として、平成10年に大宮市(今のさいたま市)をホームタウンに誕生。旧大宮市のマスコット的存在「リス」をクラブ名(スペイン語)にするなど積極的に地域に密着した活動を行っている。平成16年、J2リーグで2位となり、悲願のJ1昇格を果たす。平成19年にホームスタジアムのNACK5スタジアム大宮がリニューアルオープン。平成20年には、クラブ創設10周年を迎えた。平成23年1月、新クラブビジョン”Ardija Vision2020『未来を、ともに。』”を発表し、更なる飛躍を目指している。

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?