Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > 埼玉県青少年健全育成条例 > 埼玉県青少年健全育成条例 > 過去の条例・規則改正 > 平成22年6月埼玉県青少年健全育成条例施行規則の改正の概要

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月6日

平成22年6月埼玉県青少年健全育成条例施行規則の改正の概要

改正の趣旨

近年、インターネットに接続できる携帯電話等が急速に普及したことに伴い、保護者の目の届かないところで青少年が出会い系サイトやアダルトサイト、自殺方法に関するサイト等の有害情報が含まれるサイトを簡単に閲覧したり、個人情報を書き込んで他人を誹謗・中傷するなど、青少年が巻き込まれるトラブルや事件が発生しています。

そこで埼玉県では、携帯電話等の有害情報から青少年を守るため、埼玉県青少年健全育成条例の一部を本年3月に改正しました。

今回の規則改正は、条例の改正を受け規則で定める事項について改正したものです。

改正規則の施行日

平成22年10月1日

主な改正内容

1 携帯電話端末等による有害情報の閲覧防止措置(条例第21条の4)

(1)保護者は、青少年が利用する携帯電話インターネットの契約を行う際に、フィルタリングサービスを利用しない申出をする時には、規則で定める理由などを記載した書面を携帯電話インターネット事業者に提出しなければなりません。(条例同条第1項)

  • ア フィルタリングサービスを利用しない正当な理由(規則第7条第1項)
    • (ア)青少年が就労し、業務上支障が生じる場合
    • (イ)青少年が心身に障害を有し、又は疾病にかかっており、日常生活に支障が生じる場合
    • (ウ)保護者が青少年のインターネットの利用状況を適切に把握し、有害情報を閲覧することないようにする場合
  • イ 届出事項(規則第7条第2項)
    アの正当な理由のほか、次の事項
    • (ア)申出年月日
    • (イ)保護者の氏名
    • (ウ)保護者の電話番号

(2)携帯電話インターネット事業者は、青少年が利用する携帯電話インターネットの契約を行う際に、青少年又はその保護者に対して規則で定める内容の口頭説明及び説明書の交付を行わなければなりません。(条例同条第2項)

ア 契約の締結に当たって事業者が説明すべき事項(規則第8条)

  • (ア)携帯電話インターネット接続役務の提供を受けることにより、青少年が有害情報を閲覧する機会が生ずること。
  • (イ)青少年がインターネットを不適切に利用することにより犯罪を誘発し、又は犯罪による被害を受けるおそれがあること。
  • (ウ)保護者がフィルタリングサービスを利用しない旨の申出をする場合には、上記(1)アのとおりの理由が必要であること。

(3)携帯電話インターネット事業者は、契約期間中又は規則で定める日まで、保護者から提出された上記(1)の書面等を保存し、又は規則で定める事項が記載された書面若しくは規則で定める記録媒体を保存しなければなりません。(条例同条第3項)

ア フィルタリングサービスを利用しない旨の申出に係る書面等の保存(規則第9条)

  • (ア)書面等の保存は、青少年が18歳に達する日とする。
  • (イ)書面等は、正当な理由、申出年月日、保護者の氏名、保護者の電話番号とする。
  • (ウ)規則で定める記録媒体は、電磁的記録媒体とする。

2 その他

埼玉県青少年健全育成条例は、平成22年3月30日に一部改正されています。同条例の施行も、平成22年10月1日です。

関連リンク

平成22年3月埼玉県青少年健全育成条例の改正の概要

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?