Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成22年度青少年夢のかけはし事業 > 青少年夢のかけはし事業/お菓子づくり教室(平成22年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月2日

青少年夢のかけはし事業/お菓子づくり教室(平成22年度)

朝田晋平シェフパティシエのお菓子作り教室

日時:平成22年8月16日(月曜日)
第1回 10時30分~12時30分
第2回 14時~16時

会場:浦和ロイヤルパインズホテル21階バンケットホール

本日の講師は、浦和ロイヤルパインズホテルのシェフパティシエ 朝田(あさだ)晋平(しんぺい)さんです。

まず、朝田さんが、中央のテーブルで、本日の課題(かだい)である「苺(いちご)のショートケーキ」の作り方について、御手本を見せながら子どもたちに分かりやすく教えてくれました。

お手本を見せる朝田さん1 お手本を見せる朝田さん2

いよいよ、子どもたちは、自分のテーブルについて、ケーキ作りに挑戦です。朝田さんの説明のとおり、クリームを泡立て(あわだて)、苺やチョコのプレートなどを並(なら)べました。

スポンジにクリームを塗る1 スポンジにクリームを塗る2

クリームの泡だて方を朝田さんに教わる イチゴやプレートでケーキをデコレーションする

それぞれ個性のある素敵(すてき)なデコレーションケーキができあがりました。

その後、朝田さんから、御自身のシェフパティシエになるまでの経緯(けいい)や世界大会で準優勝(じゅんゆうしょう)したときのこと、パティシエという仕事について、お話をいただきました。

お話する朝田さん1 お話する朝田さん2

朝田晋平シェフパティシエからのメッセージ

何事(なにごと)でも、やるからには全力(ぜんりょく)で一生懸命(いっしょうけんめい)、楽しんでやることが大事。また、やるからには1番を目指(めざ)すこと。結果(けっか)ではなく、1番を目指して努力(どりょく)したということが重要(じゅうよう)です。

参加された皆さんの主な感想

  • 初めてケーキを作って、とてもお菓子作りに興味(きょうみ)をもった。これからもやってみたい。
  • お菓子作りだけでなく、夢(ゆめ)や目標(もくひょう)についてなど、いろいろなことを教えてもらいうれしかった。
  • 朝田さんの説明がわかりやすくて、実際にやってみてとても楽しかった。
  • ショートケーキだけでなく、これから他のお菓子(かし)も作ってみたい。

講師紹介

朝田晋平さん

朝田晋平(あさだしんぺい)シェフパティシエ

昭和38年大阪府大阪市生まれ。

平成11年、浦和ロイヤルパインズホテルの開業と同時にシェフパティシエ(製菓・製パンチーフ)に就任。

平成13年1月にフランス・リヨンで開催された洋菓子の世界大会「クープ・ド・モンド・デ・ラ・パティスリーワールドカップ2001」に出場し、準優勝。

平成16年7月 アメリカ・ラスベガスで開催された世界大会「2004 ワールドペストリー チーム チャンピオンシップ」に日本代表チームの一員として出場し、世界第4位入賞。

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?