Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成22年度青少年夢のかけはし事業 > 青少年夢のかけはし事業/アニメ制作体験教室(平成22年度)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月2日

青少年夢のかけはし事業/アニメ制作体験教室(平成22年度)

株式会社亜細亜堂のアニメ制作体験教室

日時:平成22年9月12日(日曜日)、19日(日曜日)10時~13時

会場:株式会社 亜細亜堂

本日の講師は、株式会社亜細亜堂(あじあどう)の 河内(かわち)日出夫(ひでお)監督、船越(ふなこし)英之(ひでゆき)氏、岩崎(いわさき)知子(ともこ)氏をはじめ、アニメーターの方々です。

まず、参加者全員で自己紹介(じこしょうかい)をしました。名前、学校名、教室に参加した理由を発表しました。

講師と参加者の皆さん

次に、アニメーターの岩崎さんから、アニメーション制作(せいさく)についてのお話がありました。アニメ制作には、どんな仕事があって、どのように作られているのかをビデオを見ながら分かりやすく説明していただきました。

岩崎さんの説明1 岩崎さんの説明2

その後、船越さんから作画(さくが)体験の説明をしていただきました。

船越さんの説明

2階のスタッフの作画室(さくがしつ)に移動し、プロのアニメーターが使用している机で、トレースと背景(はいけい)の作画、そして「しりとりアニメ」の作画に挑戦しました。

想像力(そうぞうりょく)を働かせて、みんな悩(なや)みながらも何とか作画を完成させ、第1日目の「教室」が閉会しました。

作画の様子1 作画の様子2

作画の様子3 作画の様子4

第2日目は、第1日目で子どもたちが作画した「しりとりアニメ」と「ヘムヘム」または「乱太郎(らんたろう)」の絵を株式会社亜細亜堂(あじあどう)のスタッフの方々が、動画(どうが)にまとめておいてくださいました。それを1作品ずつ順番に上映しました。それぞれの作品上映後、これに対し、河内(かわち)日出夫(ひでお)監督(かんとく)と船越(ふなこし)さんから、講評(こうひょう)をしていただきました。

作品上映 講評

次に、1階へ移動し、パソコンで作画に色を塗(ぬ)る仕上げ(色付(いろづ)け)の作業を体験させてもらいました。

色づけ作業の体験1 色づけ作業の体験

河内監督からのメッセージ

絵が上手くなるコツは、アニメやキャラクターを好きになること、そして何よりも楽しんで描(か)くことが重要(じゅうよう)です。

参加された皆さんの主な感想

  • 自分でトレースした絵を見ることができて、とても良かった。いつもテレビで見ているものを作っている場所で描いたことがうれしかった。
  • アニメを作るのは大変というイメージがあったが、「しりとりアニメ」などとても楽しく描けた。
  • 普通は経験(けいけん)できないことができたので、とても楽しかった。
  • 忍(にん)たま乱太郎(らんたろう)のキャラクターを描くのは初めてだった。上手(じょうず)に描けてとてもうれしかった。

講師紹介

株式会社 亜細亜堂(かぶしきがいしゃ あじあどう)

株式会社 亜細亜堂は、さいたま市にあり、テレビ・劇場(げきじょう)・ビデオ・CM等のアニメーションの企画(きかく)制作(せいさく)を行っている会社です。現在放送中の作品は、「忍たま乱太郎」と「ちびまる子ちゃん」です。

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?