Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月2日

青少年夢のかけはし事業/野球教室

埼玉西武ライオンズの野球教室

日時:平成21年11月29日(日曜)10時~12時

会場:西武第二球場

本日の講師は、埼玉西武ライオンズOBの安藤信二(あんどうしんじ)選手と大友進(おおともすすむ)選手です。

コーチのお二人

まずは準備運動(じゅんびうんどう)で身体(からだ)を温めてから、走塁(そうるい)、守備(しゅび)、打撃(だげき)などの指導を受けました。

守備の練習1 走塁の練習

守備の練習2 守備の練習3

打撃の練習

寒い中、みんな一生懸命(いっしょうけんめい)取り組みました。
コーチからアドバイスを受け、2回、3回と繰り返す(くりかえす)うちに鋭い(するどい)打球(だきゅう)を飛ばす参加者もいました。

大友選手がお手本を披露

大友コーチがティーバッティングのお手本を披露(ひろう)。鋭く遠くの外野に飛んでいく打球を見て、子どもたちから大きな歓声(かんせい)が上がりました。

代表者あいさつ

最後に参加者を代表して、蕨市立南小学校6年生 鈴木要君がお礼のあいさつをしました。

大友進コーチからのメッセージ

限られた時間でしたが、少しは皆さんの参考としてお力になれたと思います。今日指導したことを今後、毎日の練習に活かして、ぜひ夢の実現のためにがんばってください。

参加された皆さんの主な感想

  • キャッチボールやバッティングを埼玉西武ライオンズの人が教えてくれたから楽しかったです。
  • 大友コーチがいっぱい話しかけてくれてとても楽しかった。
  • 2人のコーチの優しさが良かった。
  • プロ野球選手に、基本のことや知らなかったことを教えてもらえたのでよかった。
  • できなかったところや苦手だったところを親切に教えてもらえてよかった。

講師紹介

埼玉西武ライオンズ

昭和25年に発足した西鉄ライオンズが球団名を変更し、昭和53年に西武ライオンズとなり、本拠地を所沢市に移した。現在まで、パシフィック・リーグでの優勝21回、日本シリーズでの優勝13回をほこる。平成20年、球団創設30周年を迎えるに当たり、より地域に根ざし、ファンに愛されることを目指し、球団名を埼玉西武ライオンズに変更した。

安藤 信二(あんどう しんじ)氏

1970年9月2日生まれ 大分県出身
右投げ・左打ち 内野手
1995年にファームで首位打者となり、一軍では、主に代打として活躍。
1999年退団し、2000年からは台湾プロ野球の太陽で石井丈裕らとともに活躍した。
現在は、西武時代の同僚、大塚光二が率いる、埼玉県の社会人野球チーム「一球幸魂倶楽部」の選手兼任コーチを務める。

大友 進(おおとも すすむ)氏

1974年6月18日生まれ 茨城県出身
右投げ・左打ち 外野手
日立工高から社会人東京ガスを経て、1995年にドラフト2位で西武ライオンズに入団。
翌年一軍に抜擢され、1997年には主に2番打者として優勝に貢献。
1998年には、ゴールデングラブ賞を受賞。2004年オフに中日に移籍し、2005年に引退。
現在は、西武時代の同僚、大塚光二が率いる、埼玉県の社会人野球チーム「一球幸魂倶楽部」の選手兼任コーチを務める。
また、今シーズンより「NPB12球団ジュニアトーナメントEneos Cup 2009」、埼玉西武ライオンズジュニアチームのコーチも務めている。

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?