Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 文化・教育 > 青少年 > リアル体験教室 > 平成21年度青少年夢のかけはし事業 > 青少年夢のかけはし事業/ライオンズスタッフ体験

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月2日

青少年夢のかけはし事業/ライオンズスタッフ体験

埼玉西武ライオンズの試合運営スタッフ体験

日時:平成21年8月7日(金曜日)15時~18時

会場:西武ドーム

この教室は、プロ野球の試合を支えるいろいろな職種(しょくしゅ)の人たちに会って、その一流の仕事を見聞(けんぶん)・体験(たいけん)してみようというものです。

スタッフの方の話を聞く参加者の様子

本日の講師は、埼玉西武ライオンズのスタッフの皆さんです。
当日は、19名の中学生の方にご参加いただきました。

室内練習場を見学

まずは、西武第二球場、室内練習場を見学。

スタッフの説明を聞く参加者 場内アナウンスの体験

売り子の体験 売り子の体験(ビールの樽を担いでみる様子)

次に、西武ドーム駅前広場ファンクラブブースや各売店の見学。スタッフの方のお話を聞くとともに、場内(じょうない)アナウンス体験や売り子体験の一環として、生ビールの樽(たる)も担(かつ)いでみました。

記者さんの控室 グランド整備を体験する様子

西武ドーム内では、ラジオ中継(ちゅうけい)のアナウンスブースやオーナーズルームなども見学。

最後には、グラウンド整備のお手伝いをしました。

参加された皆さんの主な感想

  • 普段(ふだん)入ることのできない場所に入ることができたり、今まで知らなかったことを知ることができた。
  • グランド整備など普段経験できないことができた。
  • いつもは表舞台(おもてぶたい)しか見ていないけれど、裏の仕事を見て、こんなにも多くの人が裏で働いていることがわかった。
  • 野球の試合が、たくさんの人のおかげで成り立っていることがわかりました。
  • いろいろな人に会うことができたのでよかったです。また参加したいと思いました。

講師紹介

埼玉西武ライオンズ

昭和25年に発足した西鉄ライオンズが球団名を変更し、昭和53年に西武ライオンズとなり、本拠地を所沢市に移した。現在まで、パシフィック・リーグでの優勝21回、日本シリーズでの優勝13回をほこる。平成20年、球団創設30周年を迎えるに当たり、より地域に根ざし、ファンに愛されることを目指し、球団名を埼玉西武ライオンズに変更した。

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?