Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月2日

青少年夢のかけはし事業/アニメ

株式会社 亜細亜堂のアニメ制作体験教室

日時:平成21年9月13日(日曜日)、20日(日曜日) 10時~13時
会場:株式会社 亜細亜堂

株式会社 亜細亜堂(かぶしきがいしゃあじあどう)は、さいたま市にあるアニメーションの企画(きかく)制作(せいさく)を行っている会社です。現在制作中の作品には、「忍たま乱太郎」や「クプーまめゴマ!」、「ちびまる子ちゃん」などがあります。

河内監督ほかスタッフの皆さん

本日は、忍たま乱太郎の監督(かんとく)をされている河内(かわち)日出夫(ひでお)さんほかスタッフの皆さんが講師を務(つと)めてくださいました。

河内監督からお話を伺う様子

まず、アニメーションの制作についてお話を伺(うかが)ったあと、実際に書かれた絵コンテや企画書(きかくしょ)、台本(だいほん)などを見せていただきました。

次に作画(さくが)体験(たいけん)です。アニメーターの方が普段(ふだん)お仕事をしている机を使って、作業させていただきました。

作業内容はトレースです。小学生は「忍たま乱太郎」のキャラクターであるヘムヘムを、中学生は乱太郎を描いていきます。トレースが終わったあとは、自由に背景(はいけい)を描きます。

トレースを体験する参加者1 トレースを体験する参加者2

スタッフの方からアドバイスを受ける参加者 河内監督にアドバイスを受ける参加者

アニメーターの方にアドバイスを受けながら、一生懸命(いっしょうけんめい)取り組みました。
みんなの作画作業が終了して、1日目の教室が終わりました。

動画を鑑賞している様子

2日目は、1日目に皆さんが描いた絵を動画(どうが)にしていただいたものを鑑賞(かんしょう)しました。

まず、自己紹介をしてからそれぞれの作品を鑑賞し、河内(かわち)監督(かんとく)から講評(こうひょう)していただきました。

色を塗る作業を体験する参加者

色を塗(ぬ)る作業を見学・体験。

プロの作業を見学する参加者

原画(げんが)の作画、キャラクターデザインの修正作業やトレース作業をプロのみなさんに実演(じつえん)していただきました。

最後に河内監督からお話をしていただき、参加者の皆さんからの感想や質問タイムの後、教室は終了しました。

河内監督からのメッセージ

私は、アニメが好きでアニメーターになりました。アニメーターになるためには、アニメを楽しんで描くことが何よりも大事です。

参加された皆さんの主な感想

  • アニメができるまでの過程(かてい)を分かりやすく教えてもらったり、実際のキャラクターの絵などが見られて楽しかった。
  • どんな仕事なのか、どれだけ大変なのかが分かった。
  • アニメを制作するところで、アニメを描いているプロの人たちが使っている机で作画の体験ができてうれしかった。
  • 実際にプロが描いているところや作業しているところを見られてとても勉強になった。
  • 絵を描くのが楽しかった。

講師紹介

株式会社 亜細亜堂

株式会社 亜細亜堂(かぶしきがいしゃあじあどう)は、さいたま市にあり、テレビ・劇場・ビデオ・CM等のアニメーションの企画(きかく)制作(せいさく)を行っている会社です。現在放送中の作品には、「忍たま乱太郎」と「ちびまる子ちゃん」があります。

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?