Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 各種手続・入札 > 入札(一般) > 物品・委託等 > 「埼玉 WABI SABI 大祭典 2018」業務委託の企画提案競技の実施について

ここから本文です。

 

掲載日:2018年4月11日

「埼玉 WABI SABI 大祭典 2018」業務委託の企画提案競技の実施について

 

1 委託業務名

「埼玉 WABI SABI 大祭典 2018」業務委託

2 趣旨

 埼玉県にゆかりのある盆栽をはじめとする「和」の文化を新しい発想で活用することで、現代を生きる文化芸術として、県民はもとより広く外国人にもアピールする。また、埼玉の持つ「和」文化の魅力を多くの方に体感していただくことで、人々が県内各地の貴重な伝統文化や、新しい日本の文化の魅力や価値を再認識していただき、将来にわたりレガシーとして大切に継承していこうという気運につなげる。

 当イベントは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会、ラグビーワールドカップ2019の気運醸成、埼玉の魅力発信、更には、有形、無形のレガシー創出のきっかけ作りとなるものであるので、埼玉県では専門の事業者へ委託することとし、この事業者を選定するに当たり企画提案を募集するものである。

3 予算額

上限 41,859,000円(消費税及び地方消費税込み)

※本事業の契約に係る上限額(税込み)であり、予定価格はこの範囲で別途算定する。

4 委託業務の内容

別紙「『埼玉 WABI SABI大祭典2018』業務委託仕様書」のとおり

5 作業条件

(1)業務の遂行に当たっては、提案内容に基づき県と調整を図りつつ進めること。

(2)本県職員と綿密な打ち合わせを随時行う体制を整備するとともに、その体制を明記すること。

6 応募資格

応募できるのは、次の項目のすべてを満たす者とする。

(1)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。

(2)埼玉県の契約に係る入札参加停止の措置要綱(平成21年3月31日付入審513-1号)に基づく指名停止期間中でない者であること。

(3)企画提案書の提出期限までに、埼玉県の契約に係る暴力団排除措置要綱(平成21年4月1日付入審97-1号)に基づく指名除外措置を受けていないものであること。

(4)物品の買入れ等に係る入札参加資格に関する告示(平成22年8月3日埼玉県告示第1075号に基づき、物品等の業種「催物、映画、広告、その他業務」、営業品目「催物等」(大分類)、「催物の企画、運営等関連業務」(小分類)に登録され、A等級に格付された者であること。

(5)過去3年間に仕様と同程度の業務を国又は地方自治体と契約した実績を有している者。

(6)法人税、法人都道府県税、法人事業税、消費税及び地方消費税等の納付すべき税金を滞納しているものでないこと。

(7)提案仕様書の内容を十分に理解した上で、本企画提案に参加できること。

7 企画提案募集から受託者決定までのスケジュール

平成30年3月14日(水曜日) 募集要領の公開(HPの公開)

平成30年3月28日(水曜日) 説明会

平成30年3月28日(水曜日)~4月10日(火曜日)質問受付期間

 ※質問に対しては、その都度すべての参加事業者に電子メールで回答した上で、ホームページ上に掲載する。

平成30年3月28日(水曜日)~4月16日(月曜日)

 「埼玉 WABI SABI大祭典2018」業務委託企画提案参加申込書」(様式第1号)受付期間

平成30年4月2日(月曜日)~平成30年4月18日(水曜日)企画提案書提出期間

平成30年4月中~下旬 第1次審査(書類審査)、第2次審査(プレゼンテーション審査)

平成30年4月下旬 受託者決定

平成30年5月上旬 委託契約(見込み) 

8 企画提案募集から受注者決定までの手続

(1)説明会

日時

平成30年3月28日(水曜日)10時から

場所

埼玉県庁本庁舎1階県民生活部会議室(さいたま市浦和区高砂3-15-1)

参加方法

法人名及び説明会出席者名(2名以内)を記載し、下記申込先まで電子メールにて申し込むこと。

(メール件名    「埼玉 WABI SABI 大祭典 2018」業務委託企画提案説明会申込 

申込期限

平成30年3月26日(月曜日)17時

その他

説明会に出席しなくても、当該業務委託の企画提案に参加することは可能である。

 

(2)質問の受付及び回答

質問の受付

本件に係る質問は、以下のとおり受け付けるものとする。

質問方法

下記電子メールアドレスに電子メールで送信するものとする。電話による質問は受け付けない。

電子メールアドレス:a2875-01@pref.saitama.lg.jp

電子メールの件名:「埼玉 WABI SABI大祭典2018」質問書(法人名)

質問受付期間:平成30年3月28日(水曜日)10時~4月10日(火曜日)正午

質問の回答

 質問事項への回答は、参加事業者に電子メールで回答した上で平成30年3月28日(水曜日)以降ホームページ上に掲載する。

 

(3)企画提案参加申込書の提出

 本企画提案に参加を希望する法人(以下「参加希望者」という。)は、以下に基づき、あらかじめ参加表明を行うものとする。

参加表明手続

 企画提案参加申込書(様式第1号)を発注者に提出することにより参加表明を行う。企画提案参加申込書(様式第1号)の提出がない場合は、当該業務委託についての企画提案の参加はできないものとする。

受付期間

平成30年3月28日(水曜日)10時~4月16日(月曜日)17時

提出先

埼玉県県民生活部文化振興課

〒330-9301さいたま市浦和区高砂3-15-1(第3庁舎1階)

提出書類

企画提案参加申込書(様式第1号) ・・・1部

 

(4)企画提案書等の提出

企画提案書の提出は以下に基づき行うものとする。

受付期間

平成30年4月2日(月曜日)10時~4月18日(水曜日)17時

提出先

埼玉県県民生活部文化振興課

〒330-9301さいたま市浦和区高砂3-15-1(第3庁舎1階)

提出書類

企画提案に当たっては、以下のア~オの書類を提出すること。

ア 「埼玉 WABI SABI大祭典2018」業務委託企画提案書業務委託企画提案書(様式第2号)

 企画提案書の様式は任意とするが、別紙「埼玉 WABI SABI大祭典 2018 業務委託仕様書」に基づいて、A4版片面で作成すること。ページ数は、写真、画像も含め30ページ以内とする。

また、企画提案書に記載する事項は、おおむね次のとおりとする 

 a 当業務を実施するための基本方針

  ・ 委託業務の目的を踏まえた企画のコンセプト

  ・ 事業実施スケジュール

 b 埼玉 WABI SABI大祭典2018を実施するための企画案

 ・ 仕様書の内容を網羅した企画とすること

 ・ 仕様書に記載のない項目であっても、事業の目的達成に資する企画があれば記載すること。

 c  協賛企業の獲得計画、手法

 d チラシ、ポスターのデザインコンセプト(ラフ、過去の作品等)

 e 具体的な業務実施体制

 f その他この業務を行うに当たって、自社の能力をPRできる事項

イ 類似業務実績調書(様式第3号)

イベント業務について、過去3年間に国又は地方自治体と契約した実績を記載する。

ウ 見積書(様式第4号)
エ 会社事業概要書(様式第5号)
オ 共同事業体(コンソーシアム)協定書兼委任状(様式第6号)

   (共同事業体(コンソーシアム)で参加する場合のみ)

カ 法人税、法人都道府県税、法人事業税、消費税及び地方消費税等の納付すべき税金を滞納していない旨を証する書類(納税証明書)

提出部数

正本1部、副本11部(オの納税証明書は原本1部)

提出方法

持参又は郵送(消印有効)

※ファックス、Eメールでの提出は不可。郵送の場合は、書留によること

(5)その他

ア 企画提案書等の提出については、1提案者につき1提案に限る。複数の提案はできない。

イ 企画提案書等の提出後は、その内容を変更することはできない。また、提出された企画提案書等は返却しない。

ウ 企画提案書等の作成に係る経費は提案者の負担とする。

9 審査・選定

応募資格ほか提出書類を確認後、以下の方法で契約先候補者を選定する。

(1)応募者が5者を超える場合

 ア 第一次審査(書類審査):4月中旬(予定)

 (ア)企画提案書ほか提出書類に基づく書類審査を実施する。

 (イ)第一次審査の結果は応募者全員に電子メールで連絡する。

 (ウ)第一次審査通過者には、第二次審査(プレゼンテーション)を行う。

 イ 第二次審査(プレゼンテーション):4月下旬(予定)

 (ア)企画提案書の内容について、プレゼンテーションを行う。

 (イ)プレゼンテーションの時間は20分、質疑の時間を10分とする。

(ウ)プレゼンテーションは、既提出の企画提案書のみを用いる他、パソコン、プロジェクターを使用することもできる。

 (エ)プレゼンテーションの日時は第一次審査の通過者に第一次審査の結果とともに電子メールで連絡する。

 (オ)審査の結果は、4月下旬(予定)にプレゼンテーション実施者全員に電子メールで連絡する。

 

(2)応募者が5者以下の場合

 ア 提出書類の審査と平行して、企画提案書の内容についてプレゼンテーション(4月下旬予定)の審査を実施する。

 イ プレゼンテーションの時間は20分、質疑の時間を10分とする。

 ウ プレゼンテーションは、既提出の企画提案書のみを用いる他、パソコン、プロジェクターを使用することもできる。

 エ プレゼンテーションの日時は電子メールで連絡する。

 オ 審査の結果は、4月下旬(予定)にプレゼンテーション実施者全員に電子メールで連絡する。

10 契約先候補者の決定方法 

(1)県は業務に関する企画提案競技審査委員会により、提出された企画提案書及びその他提出書類に基づき、企画提案の内容や業務実施能力などを総合的に審査し、最も評価が高かった提案者を契約先候補者に決定する。

(2)審査の基準

 ア 企画提案の全般について

 イ 会場全体のレイアウト、賑わいづくりについて

 ウ ステージプログラム等の企画について

 エ 広報等について

 オ 実施体制、実施計画、実行性について

 カ その他

11 契約の相手方の決定方法             

(1)業務内容に関する細目事項について、提案された内容を加え、契約先候補者と県の間で協議の上、委託契約書を締結する。

(2)契約先候補者と協議が整わない場合や、契約締結までの間に契約候補先に事故のある場合等は、評価点が2番目に高かった者と改めて協議を行う。

(3)企画提案競技において、不正が行われた事実が明らかになった時は、県は企画提案競技の決定を取り消す。

12 その他留意事項

(1)参加申請に係るすべての費用(企画提案書の作成やプレゼンテーションなどに要する費用)は、参加者の負担とする。

(2)提出された参加申請に係るすべての書類については返却しない。また、企画提案書による提案内容は埼玉県に帰属する。

(3)平成30年度歳入歳出予算案が議決されなかったとき又は歳入歳出予算の当該事業費にかかる減額があったときは、当該企画提案競技は無効とする。

13 募集要領等資料

14 質問事項への回答

(3月28日 質問)

Q1.「昨年度との継続性」を維持するために、昨年度の実績報告書を閲覧することは可能か。(仕様書6-(4)-イ)

A1.(平成29年度のプログラムを配布の上)個人情報等、内容を精査した上で、後程、開示する。

 →事業報告書(概要版)(PDF:2,915KB)

Q2.「外国人への対応」についてはどのような方を想定しているか。(仕様書6-(1)-(6)および6-(4)-(16))

A2.県内外やインバウンド等広く想定しているが、県内在住の方が現実的だろう。予算が付けば、2020年まで続けていく予定なので、その頃になればインバウンドも範囲に入ってくるだろう。東京に在住の方を連れてこられるような案があれば御提案願いたい。

Q3.来場者目標10万人の中で外国人の割合のスキームはあるか。

A3.現在はないが、今後設定する可能性はある。

 

(4月10日 質問)

Q4 氷川神社、大宮公園の電源関係は仮設電源か

A4 前回(昨年度)は発電機を数か所に設置し配電した。今年度についても、必要なトータル容量等により適切な給電方法を検討することとなります。

Q5 氷川神社、大宮公園の図面をいただくことは可能か

A5 大宮公園の図面についてはこちらとなります。更に詳細なもの、氷川神社については現地を確認していただくこととなります。
 →大宮公園図面(ZIP:1,037KB)

Q6 公園内に設置するテントは、芝生の上に設置することは可能か

A6 可能です。但し、雨天時の対応等の検討が必要です。

Q7 装飾物を公園内の樹木に取り付けることは可能か

A7 最終的には装飾物の内容により管理者と協議をすることとなりますが、一般的には木々に負担がかからないものであれば可能と思われます。今回の企画提案では取り付け可能なものとしてご提案ください。

Q8 公園内の池に船やその他装飾物を浮かべることは可能か

A8 最終的には装飾物の内容により管理者と協議をすることとなりますが、安全面や環境への影響上問題がなければ可能かと思われます。今回の企画提案では設置可能なものとしてご提案ください。

Q9 協賛企業からの協賛金は専用口座に入れ、金銭の管理を行うこととあるが、実際の協賛金は最終的に受託業者が受け取ると考えてよいか

A9 協賛金については、最終的に受託者が受け取り事業経費の一部となります。

 例 委託契約金額 1000万円 協賛金 100万円の場合
 1100万円規模で事業を実施し、委託金から1000万円、協賛金から100万円を充当する。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民生活部 文化振興課 文化創造・発信担当 伊藤・小川

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

ファックス:048-830-4752

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?