トップページ > 文化・教育 > 文化 > 埼玉の偉人ホームページ > 埼玉ゆかりの偉人データベース > 西部地域 > 埼玉ゆかりの偉人/検索結果(詳細)/青木 てる(照)

ページ番号:120485

掲載日:2021年8月18日

ここから本文です。

埼玉ゆかりの偉人/検索結果(詳細)/青木 てる(照)

検索結果(詳細)

偉人氏名

青木 てる(照)

氏名よみがな

あおき てる

偉人氏名(別名)

---

別名よみがな

---

主な功績

近代製糸の発展に尽力

分野

産業

ゆかりの市町村名

小川町

出生地

小川町

主な居住地

小川町

生年(西暦)から 没年(西暦)

1814~1877

生年(和暦)から 没年(和暦)

文化14年~明治10年

功績

明治5年、政府は殖産興業推進のために官営富岡製糸場を建設したが、伝習工女が集まらず苦境にあった。これを知った小川村の青木照(59歳)は自ら近村を廻って工女を募り、5年7月に孫娘敬(17歳)を含む30名とともに富岡に赴き伝習工女となった。同年8月には勧農寮から「繰糸工女取締副」に任命され、同時に「勤務中取締同様取扱候事」の辞令を受けて、工女取締役の職務に当たる。敬とともに近代製糸技術を習得した照は小川に戻り、自宅に伝習所を設けて富岡仕込の最新繰糸法を近隣の子女に伝え、小川生糸の発展に貢献した。

関連ホームページ

---

著書・作品(出版社・収蔵館)

---

参考文献(著者・出版社)

『新編埼玉県史』資料編21 埼玉県、『藍香翁』塚原寥、『小川町の歴史 通史編 下巻』小川町、『郷土史にかがやく人々』青少年埼玉県民会議

ゆかりの場所・名称

  • --- 

ゆかりの場所・住所

  • ---

ゆかりの場所・説明

  • 照は長男の青木傳次郎、孫娘敬とともに自宅を開放して富岡仕込みの最新繰糸法を近隣の子女に伝習した。 

ゆかりの場所ホームページ

---

お問い合わせ

県民生活部 文化振興課 文化振興担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

ファックス:048-830-4752

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?