Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年8月20日

埼玉ゆかりの偉人/検索結果(詳細)/木村 九蔵(神川町)

検索結果(詳細)

偉人氏名

木村 九蔵

氏名よみがな

きむら くぞう

偉人氏名(別名)

---

別名よみがな

---

主な功績

養蚕改良家・温暖飼育法を発明

分野

産業

ゆかりの市町村名

神川町

出生地

群馬県

主な居住地

神川町

生年(西暦)から 没年(西暦)

1845から1898

生年(和暦)から 没年(和暦)

弘化2年から明治31年

功績

養蚕改良家。弘化2年(1845)、神川町に隣接する群馬県藤岡市に生まれる。幼名を高山巳之助という。慶応3年(1867)23歳の時に、現在は神川町の一部である旧新宿村の木村勝五郎の後継者となり、姓名も木村九蔵と改め独立農家となる。その後養蚕業の改良に努め、当時の画期的な飼育法である「温暖飼育法」を発表して大きな評価を得る。明治10年養蚕業の改良に努め養蚕改良競進組を組織し、その後明治17年競進組を競進社と改める。明治18年蚕業に尽くした功績により、西郷従道農務卿から功労賞を授与される。明治22年明治政府は、九蔵を蚕糸使節としてパリ万国博覧会に派遣。その後九蔵は、蚕種保護を指導、正常な孵化には蚕種貯蔵庫の必要性を訴え本庄町(現本庄市)に日本初の蚕種貯蔵庫を設立。

関連ホームページ

http://www.town.kamikawa.saitama.jp/

著書・作品(出版社・収蔵館)

---

参考文献(著者・出版社)

『埼玉県人物誌』上巻

ゆかりの場所・名称

  • (1)児玉白楊高校
  • (2)木村翁頌徳碑

ゆかりの場所・住所

  • (1)本庄市児玉町金屋980
  • (2)神川町二ノ宮737

ゆかりの場所・説明

  • (1)明治32年に競進社蚕業学校が設立され、これが現在の児玉白楊高校の前身となった。
  • (2)碑は木村九蔵の業績を讃えるため、明治32年に立てられた。碑の題額は、伊藤博文の書である。

ゆかりの場所ホームページ

---

お問い合わせ

県民生活部 文化振興課 文化振興担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

ファックス:048-830-4752

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?