Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年8月17日

埼玉ゆかりの偉人/検索結果(詳細)/日尾 荊山

検索結果(詳細)

偉人氏名

日尾 荊山

氏名よみがな

ひお けいざん

偉人氏名(別名)

---

別名よみがな

---

主な功績

江戸時代末の儒学者・国学者

分野

学術

ゆかりの市町村名

小鹿野町

出生地

小鹿野町

主な居住地

小鹿野町

生年(西暦)から 没年(西暦)

1789から1859

生年(和暦)から 没年(和暦)

寛政元年から安政6年

功績

幼時から好んで書を読み、漢文を作り、神童と称された。16歳で江戸に出て儒学者亀田鵬斎に入門し、当時の学問を究める。実践を重んじ、実践は至誠にありといい、後に湯島に私塾「至誠堂」を開く。また国学講究の必要をとなえ、詩・歌・書に優れた力を発揮し、多くの門人を育てる。71歳で江戸に没するまで多くの著書を著す。妻くに子や娘直子も優れた学者で、荊山没後は直子が学問を継ぎ「竹陰女塾」を開く。

関連ホームページ

http://www.town.ogano.lg.jp/menyu/bunkazai/bunkazai4.html#85

著書・作品(出版社・収蔵館)

「四書折衷弁断」39巻、「論孟二大疑弁」1巻、「尚書折衷弁断」6巻、「左伝折衷弁断」8巻「訓点復古」ほか

参考文献(著者・出版社)

『台東区史通史編3』、『新修荒川区史上巻』、『まもろう郷土の文化財』(倉尾文化財保存会編)、塩谷啓山「荊山先生衣さく蔵碑と画像について」(埼玉史談第12巻第6号)、『小鹿野町の文化財』

ゆかりの場所・名称

  • (1)小鹿野町指定史跡「日尾荊山の生地」
  • (2)「荊山日尾先生墓」
  • (3)「荊山先生衣さく之蔵」碑

ゆかりの場所・住所

  • (1)小鹿野町日尾
  • (2)東京都台東区谷中
  • (3)東京都荒川区西日暮里

ゆかりの場所・説明

  • (1)日尾荊山生地近くに顕彰碑、衣さく蔵碑複製などが建てられている。
  • (2)本通寺に日尾家歴代の墓がある。
  • (3)修性院に顕彰碑として建立されている。

ゆかりの場所ホームページ

お問い合わせ

県民生活部 文化振興課 文化振興担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

ファックス:048-830-4752

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?