ページ番号:5829

掲載日:2022年9月27日

ここから本文です。

埼玉ゆかりの偉人/検索結果(詳細)/野口 雨情

検索結果(詳細)

偉人氏名

野口  雨情

氏名よみがな

のぐち  うじょう

偉人氏名(別名)

野口  英吉(本名)

別名よみがな

のぐち  えいきち

主な功績

詩人・作詞家。「越生小唄」「山吹の里」の作詞者。

分野

芸術

ゆかりの市町村名

越生町

出生地

茨城県

主な居住地

栃木県

生年(西暦)から没年(西暦)

1882から1945

生年(和暦)から没年(和暦)

明治15年から昭和20年

功績

明治末~昭和戦前の詩人・作詞家。
大正後期から、児童文芸誌「金の船」(のちの「金の星」)に作品を発表。「赤い鳥」に拠った北原白秋・西条八十らとともに「童謡運動」を牽引した。
また同時期の「新民謡運動」も主導し、それぞれ数多くの名作を遺した。
昭和8年、越生町に招かれ、八高線開通を記念して作詞した「越生小唄」「山吹の里」の2曲(作曲は藤井清水)は、雨情の新民謡中屈指の名曲と評される。

関連ホームページ

---

著書・作品(出版社・収蔵館)

「越生小唄」、「山吹の里」、「秩父三峰」、「七つの子」、「しゃぼん玉」、「証城寺の狸囃子」ほか多数

参考文献(著者・出版社)

『野口雨情  詩と民謡の旅』(東道人・1995年・踏青社)、『定本  野口雨情』第5巻『地方民謡』(1986年・未來社)ほか

ゆかりの場所・名称

  • (1)山吹の里歴史公園(※伝山吹の里[県旧跡])
  • (2)旅館「越生館」

ゆかりの場所・住所

  • (1)越生町大字西和田1付近
  • (2)越生町大字越生793

ゆかりの場所・説明

  • (1)「越生小唄」の歌碑がある。
  • (2)雨情が作詞のために滞在していた旅館。

ゆかりの場所ホームページ

---

お問い合わせ

県民生活部 文化振興課 文化振興担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

ファックス:048-830-4752

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?