ページ番号:5644

掲載日:2021年8月18日

ここから本文です。

埼玉ゆかりの偉人/検索結果(詳細)/武島 務

検索結果(詳細)

偉人氏名

武島 務

氏名よみがな

たけしま つとむ

偉人氏名(別名)

---

別名よみがな

---

主な功績

軍医・森鴎外「舞姫」太田豊太郎のモデル

分野

その他

ゆかりの市町村名

秩父市

出生地

秩父市

主な居住地

秩父市

生年(西暦)から 没年(西暦)

1863から1890

生年(和暦)から 没年(和暦)

文久3年から明治23年

功績

近代文学史上不朽の名作といわれる森鴎外の処女作『舞姫』の主人公である太田豊太郎の設定には、秩父郡太田村(現秩父市)出身の軍医、武島務の生涯が色濃く投影されていた。太田豊太郎の名前も、務の出身地秩父郡太田村の太田と、鴎外の実名である林太郎とを合成して命名したものと考えられる。務は秩父市に生まれ、明治19年私費留学生として、ドイツのベルリン大学へと遊学した。一方、鴎外も軍医留学生として2年前にドイツへ渡っており、ベルリンの地で二人は邂逅をし、親交を重ねている。その後、務の実家から送金を頼まれていた人物が学費を着服、仕送りが途絶えたことをめぐり、務は仲間から中傷を受け、帰国命令が下った。これを拒否して留学を続けるうち、明治20年、免官処分が下され、軍職を失うことになった。それから3年後、務が27歳の時、ドレスデンで結核のため、短い不遇の生涯を閉じた。帰国した鴎外が『舞姫』を発表した4ヶ月後のことだった。

関連ホームページ

---

著書・作品(出版社・収蔵館)

---

参考文献(著者・出版社)

「武島務と森鴎外―或る『舞姫』傳覚書」(西田芳治著・秩父新聞社)
「武島務の履歴書―森鴎外『舞姫』の詩と真実」(平井孝・埼玉新聞)
「地域再生と国際化への政策形成 より良い生活空間づくりへの途」所収(金田昌司・中央大学出版部)
「明治二十一年六月三日 鴎外『ベルリン写真』の謎を解く」(山崎光夫・講談社)

ゆかりの場所・名称

  • (1)武島務墓標跡
  • (2)武島務鎮魂碑

ゆかりの場所・住所

  • (1)ドイツ国,ドレスデン市マテーウス教会墓地,墓域26列6墓標1
  • (2)秩父市大田2302番地

ゆかりの場所・説明

  • (1)墓標は武島務が勤務したR.ゼーリッヒ&ヒレ社(現・ティーカンネ社)により建てられた。
  • (2)鎮魂碑は平成10年武島家により建立された。

ゆかりの場所ホームページ

---

お問い合わせ

県民生活部 文化振興課 文化振興担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

ファックス:048-830-4752

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?