Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2020年8月4日

埼玉ゆかりの偉人/検索結果(詳細)/権田 直助

検索結果(詳細)

偉人氏名

権田 直助

氏名よみがな

ごんだ なおすけ

偉人氏名(別名)

---

別名よみがな

---

主な功績

医師

分野

学術

ゆかりの市町村名

毛呂山町
神奈川県伊勢原市
静岡県三島市

出生地

毛呂山町

主な居住地

毛呂山町

生年(西暦)から没年(西暦)

1809から1887

生年(和暦)から没年(和暦)

文化6年から明治20年

功績

尊王の志士としても有名な医師。毛呂本郷に生まれた。医師としては、廃絶して久しい古医道を究明し、『神遣方経験抄』など数多くの著作がある。国学は平田篤胤に学び、その後尊王運動に入った。
慶応3年江戸薩摩屋敷で結成された糾合隊の大監察として活躍、維新後は刑法官監察知事・大学中博士、皇漢医道御用掛などを拝命したが、明治4年国事犯の嫌疑を受け幽閉の身となり、翌5年赦されたが、これを機に政治一切を断念した。
晩年は大山阿夫利神社(神奈川県伊勢原市)の神官と三嶋神社(静岡県三島市)の宮司を兼務し、神社再興の先駆者となった。

関連ホームページ

---

著書・作品(出版社・収蔵館)

《翻刻されたもの》『徳育資料 第二編 権田直助翁詳伝』、『名越舎家集』、『国学大系 第二十巻 権田直助集』、『医道沿革考』、『医道沿革考付録』、『くすしの一言』、『新編埼玉県史』資料編12、『医のひとこと』、『くすしのことゝひ』、『西洋医説弁』、『養生答客問』、『医道百首解』、『詞の経緯図問答』、『心の柱』、『魂心気略弁』、『経典十二章』、『美多麻乃布由』、『皇道歌』、『新編埼玉県史』資料編12、『句読考』、『東行日記』

参考文献(著者・出版社)

『埼玉人物小百科』(昭和58年3月・埼玉近代史研究会・埼玉新聞社)

ゆかりの場所・名称

  • (1)毛呂山町歴史民俗資料館
  • (2)権田直助生地

ゆかりの場所・住所

  • (1)毛呂山町大類535番地1
  • (2)毛呂山町毛呂本郷227

ゆかりの場所・説明

  • (1)資料館の「郷土の偉人」のコーナーで権田直助を紹介している。
  • (2)案内標柱が設置されている。

ゆかりの場所ホームページ

---

お問い合わせ

県民生活部 文化振興課 文化振興担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

ファックス:048-830-4752

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?