Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年10月9日

遠山邸の調度と漆器

beyond2020ロゴ

【日程】

2018年10月23日~12月9日

【場所】

遠山記念館

【エリア】

area6

【市町村】

川島町

【主催団体】

公益財団法人遠山記念館

【URL】

https://www.e-kinenkan.com/next/index.html

【概要】

遠山記念館は、埼玉県比企郡川島町の出身で、日興證券(現SMBC日興証券)の創立者 遠山元一(とおやま げんいち 1890年~1972年)の遺志により創立した美術館です。登録有形文化財である建造物の保存・公開、及び重要文化財6点を含む美術・工芸に関する資料の公開を行っています。 旧遠山家住宅は平成30年に国の重要文化財に指定されました。このたび、当館創設者である遠山元一が蒐集した、遠山邸の調度や工芸品を展示いたします。その中には現在重要文化財に指定されている中世蒔絵の名作「秋野蒔絵手箱」、豊臣秀吉献上品を精巧に写したとされる「蔦の細道蒔絵文台硯箱」など、美術史上極めて価値の高い作品も含まれます。また元一は昭和11年の遠山邸竣工に際し、当時の東京を代表する指物師であった前田南斉に、30点近くの調度品を発注しています。この南斉をはじめ、昭和時代の工芸家の優れた作品も、遠山コレクションの重要な構成要素となっています。美術館リニューアル後のコレクション名品選の3弾として、これら漆器の名品を含む調度品を一堂に会して展示いたします。車椅子の方も御覧いただけます。車椅子の御用意もあります。(数に限りあります)

【事業のお問合せ先】

0492970007

 

カタログトップbeyond2020トップ広域エリア
県南ゾーン 南部エリア南西部エリア東部エリアさいたまエリア
圏央道ゾーン 県央エリア川越比企エリア西部エリア利根エリア
県北ゾーン 北部エリア秩父エリア

※イベントの内容については、上記の【事業のお問合せ先】にお願いします。

お問い合わせ

県民生活部 文化振興課 文化振興担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

ファックス:048-830-4752

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?