Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 県民生活部 > 共助社会づくり課 > 埼玉人生100年時代を楽しむ推進事業

ここから本文です。

 

掲載日:2019年11月6日

埼玉人生100年時代を楽しむ推進事業について

1人生100年時代を見据えたソーシャルビジネス支援事業

 (1)目的

2025年問題を控え、「人生100年時代」を迎えた今、人生二毛作、セカンドライフと言われる定年退職後の元気なシニアが、自分の希望に合わせ様々な分野で活躍できる社会を構築する必要があります。

県内には、現役時代に得た豊富な経験値を持ち意識の高いシニアが数多く存在します。そこで、このようなシニアの方々を支援することにより、地域課題を自ら考え取り組む行動力のあるシニアを育成し活躍を促し、地域課題の解決を図っていただくものです。

(2)内容等

社会起業家育成講座を委託して開催します。具体的には、座学、ワークショップ、フィールドワークを行い、ビジネスプランの策定やその発表を通して、起業を支援します。

対象者:主に40歳以上で起業をお考えのかた

参加費:5、000円(全8回分)

定員:100人(申込順)

(3)日程(全8回)

第1回8月24日(土曜日)13時00分~17時00分(場所:新都心ビジネス交流プラザ(JR北与野駅前、JRさいたま新都心駅徒歩8分)【社会起業(ソーシャルビジネス起業)の仕方を学びます】【終了しました】

第2回9月28日(土曜日)13時00分~17時00分(場所:新都心ビジネス交流プラザ(JR北与野駅前、JRさいたま新都心駅徒歩8分)【優良な先行事例や研究をとおして成功のポイントを学びます】【終了しました】

第3回11月2日(土曜日)13時00分~17時00分(場所:新都心ビジネス交流プラザ(JR北与野駅前、JRさいたま新都心駅徒歩8分)【ソーシャルビジネス経営学を埼玉大学大学院の教員から学びます】【終了しました】

第4回11月中旬(フィールドワーク)【ソーシャルビジネスの実態を知るために、先輩起業家を訪問します】

第5回12月14日(土曜日)13時00分~17時00分(場所:新都心ビジネス交流プラザ(JR北与野駅前、JRさいたま新都心駅徒歩8分)【ミドル、シニアの起業におけるポイントを理解しビジネスプランを策定します】

第6回令和2年1月25日(土曜日)13時00分~17時00分(場所:新都心ビジネス交流プラザ(JR北与野駅前、JRさいたま新都心駅徒歩8分)【ビジネスプランの中間発表会・交流会を実施します】

第7回令和2年2月15日(土曜日)13時00分~17時00分(場所:新都心ビジネス交流プラザ(JR北与野駅前、JRさいたま新都心駅徒歩8分)【シニア起業の専門家が事業計画の策定を支援します】

第8回令和2年3月上旬【最終発表会・交流会】  

 (4)申込方法(参加申込みは終了いたしました。)

(5)お問合せ

社会起業家育成プログラム事務局(山田コンサルティンググループ株)内)

電話:03-6212-2513(平日9時から17時)

メール:kigyouka-program-kk@yamada-cg.co.jp

(6)主催 埼玉県

2 森永卓郎氏・佐々木則夫氏が語る、リタイア後は埼玉で楽しく「埼玉都民大集会~地域でつながろう~」開催【終了しました】

(1)開催結果

  2025年問題を控え、「人生100年時代」を迎えた今、人生二毛作、セカンドライフと言われる定年退職後の元気なシニアが、自分の希望に合わせ様々な分野で活躍できる社会を構築する必要があります。県内には、地域でのつながりが希薄な都内通勤の県民の方々も多く、定年後の生活に不安を抱く方も多いことが予想されます。

 そこで、主に都内通勤の県民の方々(いわゆる「埼玉都民」)向けに、地域デビューの必要性や楽しさなどを啓発するセミナーを開催しました。

 ・ 当日は、埼玉都民を中心に約300人の参加者が来場しました。開演に先立ち、小島康雄県民生活部長があいさつさせていただきました。

 ・ 村田綾さんの進行の下、佐々木則夫さんとのトークセッションが行われ、サッカーや自らが取り組む地域活動の話題を通して、楽しく、エネルギッ

シュに取り組む2人の姿が容易にイメージでき、多くの参加者が共感していました。シュに取り組む2人の姿が容易にイメージでき、多くの参加者が共感していました。

 ・ 森永卓郎さんは、「トカイナカ」という造語を駆使して、自らが埼玉に暮らすことのメリットを説明されました。地域活動については「楽しいから

取り組む」という言葉が印象的で、趣味として地域活動を捉えることの重要性を多くの参加者が認識したようでした。取り組む」という言葉が印象的で、趣味として地域活動を捉えることの重要性を多くの参加者が認識したようでした。

 ・ 一方、ロビーでも、多くの参加者がブース出展の市町村職員と歓談する姿が見受けられ、地元とのホットラインが築けた方も多くいらっしゃったよ

うでした。

 ・ 今後は県・市町村・社会福祉協議会が連携し、参加者に地域活動関連情報をタイムリーに提供し、役立てていただけるよう取り組んでまいります。

(2)概要

 開催日時 令和元年11月1日(金曜日)17時45分~20時30分(16時00分受付開始)
場所 有楽町よみうりホール(東京都千代田区有楽町1-11-1)
内容 第1部 トークセッション「埼玉の魅力と地域活動」ゲスト 佐々木則夫氏(大宮アルディージャトータルアドバイザー)、聞き手 村田綾氏

 (女優・ちいきデビューひっぱりガールズリーダー※)※平成29年8月に、アクティブシニアの地域活動を応援するために結成した県、市町村職員、社

会福祉協議会職員等から構成される女性グループ。会福祉協議会職員等から構成される女性グループ。

   第2部 講演「埼玉で暮らす悠々自適の定年後」森永卓郎氏(獨協大学教授・経済アナリスト)

            (第1部、第2部開演前及び第2部終了後、会場ロビーで地域活動情報を発信。市町村担当者との名刺交換もあり。)

 主催 埼玉県(県民生活部共助社会づくり課) 

  ※ イベント終了後は、埼玉都民大集会事務局や市町村(及び社会福祉協議会)から、適宜、地域活動関連情報を中心に情報提供いたします。

お問い合わせ

県民生活部 共助社会づくり課 担い手支援担当 齋藤、吉野

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎3階

ファックス:048-830-4751

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?