Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 広聴 > 県政サポーター > サポーターアンケート(平成27年度) > 第83回簡易アンケート「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の県内開催について」の結果を公表しました。

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月27日

第83回簡易アンケート「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の県内開催について」の結果を公表しました。

1 調査の概要

(1)調査形態

  • 調査時期:平成27年11月12日(木曜日)から11月18日(水曜日)
  • 調査方法:インターネット(アンケート専用フォームへの入力)による回答
  • 県内在住県政サポーター数:2,854名
  • 回収率:73.5%(回収数2,098名)
  • 回答者の属性:(百分率表示は、小数点以下第二位を四捨五入したため、個々の比率の合計は、100%にならない場合がある。)

回答者属性

回答者オリパ

(2)調査結果の見方

  • ア.設問中の()内の数字及びグラフの中の数字は、回答比率(%)です。
  • イ.回答比率(%)は小数点以下第二位を四捨五入したため、個々の比率の合計は、100%にならないことがあります。
  • ウ.グラフの中で「n」とあるのは、その質問の回答者の総数を示し、回答比率は「n」を基数として算出しています。
  • エ.複数回答の質問については、その回答比率の合計は、100%を超える場合があります。

2 調査の目的

 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、2020東京大会)では、埼玉県内でも4つの会場で競技が開催される予定です。
さいたまスーパーアリーナでバスケットボール、埼玉スタジアム2002でサッカー、川越市内の霞ヶ関カンツリー倶楽部でゴルフ、陸上自衛隊朝霞訓練場ではオリンピック・パラリンピック両大会の射撃競技が開催されます。
県では、大会の運営主体である2020東京大会組織委員会や、開催自治体である東京都等と連携し、大会の円滑な運営や成功に向けた取組を実施してまいります。
そこで、2020東京大会の県内開催に関する県民の皆さんの意識や大会に対して期待することをお聞きし、今後の取組の参考とするため、アンケートを実施いたしました。 

 

 担当課

県民生活部 オリンピック・パラリンピック課

企画・調整担当 Tel:048-830-2885 E-mail:a2880@pref.saitama.lg.jp

3 調査結果

県内開催競技の認知度(1)

質問1
あなたは、埼玉県内でも2020東京大会の競技が開催されることを知っていましたか。

オリパ1

埼玉県内でも2020東京大会の競技が開催されることを知っていたか尋ねたところ、「はい」が7割強(71.5%)であった。

県内開催競技の認知度(2)

→「サッカー」が6割強(62.1%)

質問2 (質問1で「はい」と回答された方にお尋ねします)
2020東京大会では、オリンピック4競技(バスケットボール、サッカー、ゴルフ、射撃)と、パラリンピック1競技(射撃)が県内で開催されます。あなたが、県内で開催されることを知っていた競技はどれですか。(あてはまるものすべて)
オリパ2

2020東京大会で、県内で開催されることを知っていた競技はどれか尋ねたところ、「サッカー」が6割強(62.1%)で最も多く、次いで「ゴルフ」が4割強(41.6%)であった。

競技会場となる施設

→「埼玉スタジアム2002」が約6割(59.7%)

質問3 (質問1で「はい」と回答された方にお尋ねします)
県内で競技が開催される会場は4か所(さいたまスーパーアリーナ、埼玉スタジアム2002、霞ヶ関カンツリー倶楽部、陸上自衛隊朝霞訓練場)ですが、あなたが競技会場になることを知っていた施設はどれですか。(あてはまるものすべて)

オリパ3

県内の競技会場になることを知っていた施設はどれか尋ねたところ、「埼玉スタジアム2002」が約6割(59.7%)で最も多く、次いで「さいたまスーパーアリーナ」が5割強(53.7%)であった。

県内での競技開催等を知った手段

→「テレビ」が5割半ば超(57.7%)

質問4 (質問1で「はい」と回答された方にお尋ねします)
あなたは、県内で競技が開催されることや、実施される競技、会場となる施設について、何で知りましたか。(あてはまるものすべて)

オリパ4

県内で競技が開催されることや、実施される競技、会場となる施設について、何で知ったか尋ねたところ、「テレビ」が5割半ば超(57.5%)で最も多く、次いで「新聞記事(11月11日の埼玉新聞の見開き広告以外)」が3割半ば(34.8%)であった。

効果的と思われる広報手段

→「テレビ(全国ネット)で告知する」が約5割(50.3%)

質問5
2020東京大会の競技が県内でも開催されることについて、さらに多くの県民に知ってもらうために、あなたは、県として今後どのような手段で広報するのが効果的だと思いますか。(あてはまるもの3つまで)
オリパ5

2020東京大会の競技が県内でも開催されることについて、さらに多くの県民に知ってもらうために、県として今後どのような手段で広報するのが効果的だと思うか尋ねたところ、「テレビ(全国ネット)で告知する」が約5割(50.3%)で最も多く、次いで「新聞(全国紙)に広告を掲載する」が3割強(32.6%)であった。 

県内開催競技の観戦への関心

→「自宅のテレビなどで観戦したい」が3割強(31.1%)

質問6
あなたは、県内で開催される競技の観戦について、どのように考えていますか。あなたの気持ちにもっとも近いものを1つ選んでください。

オリパ6

県内で開催される競技の観戦について、どのように考えているか尋ねたところ、「自宅のテレビなどで観戦したい」が3割強(31.1%)で最も多く、次いで「いずれか1つの競技を会場で観戦したい」が2割強(23.5%)、「複数の競技について、会場で観戦したい」も2割強(23.2%)であった。

ボランティアへの関心

→「関心は多少あるが、参加するか分からない」が3割強(30.9%)

質問7
オリンピック・パラリンピック競技大会は、多くのボランティアにより支えられていますが、2020東京大会を支えるボランティアについて、あなたは、どのように考えていますか。あなたの気持ちにもっとも近いものを1つ選んでください。

オリパ7

 

2020東京大会を支えるボランティアについて、どのように考えているか尋ねたところ、「関心は多少あるが、参加するか分からない」が3割強(30.9%)で最も多く、次いで「関心はあるので、きっかけがあれば、ボランティアとして参加するかもしれない」が2割強(22.3%)であった。

県内での競技開催が地域に与える影響への期待

→「経済が活性化する」が5割強(50.7%)

質問8
県内における2020東京大会の競技開催が地域社会に与える影響として、あなたが期待することは何ですか。(あてはまるもの3つまで)

オリパ8 

県内における2020東京大会の競技開催が地域社会に与える影響として、期待することは何か尋ねたところ、「経済が活性化する」が5割強(50.7%)で最も多く、次いで「観光産業が活性化する」が3割半ば(35.9%)であった。

自由意見

質問9
2020東京大会の県内開催に向けた県の取組について、期待することやご意見、ご要望などありましたら、自由にお書きください。

自由意見(PDF:680KB)

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 広聴・知事への提言担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2850

ファックス:048-822-9284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?