Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 広聴 > 県政サポーター > サポーターアンケート(平成27年度) > 第76回簡易アンケート「消費生活における被害・トラブルについて」の結果を公表しました。

ここから本文です。

 

掲載日:2017年8月28日

第76回簡易アンケート「消費生活における被害・トラブルについて」の結果を公表しました。

1 調査の概要

(1)調査形態

  • 調査時期:平成27年8月6日(木曜日)から8月12日(水曜日)
  • 調査方法:インターネット(アンケート専用フォームへの入力)による回答
  • 県内在住県政サポーター数:2,773名
  • 回収率:73.9%(回収数2,048名)
  • 回答者の属性:(百分率表示は、小数点以下第二位を四捨五入したため、個々の比率の合計は、100%にならない場合がある。)

回答者属性

回答者消費

(2)調査結果の見方

  • ア.設問中の()内の数字及びグラフの中の数字は、回答比率(%)です。
  • イ.回答比率(%)は小数点以下第二位を四捨五入したため、個々の比率の合計は、100%にならないことがあります。
  • ウ.グラフの中で「n」とあるのは、その質問の回答者の総数を示し、回答比率は「n」を基数として算出しています。
  • エ.複数回答の質問については、その回答比率の合計は、100%を超える場合があります。

2 調査の目的

 情報化や高齢化の進展などにより、消費者をめぐる諸問題は複雑・多様化してきています。
 県内の消費生活相談窓口には、訪問販売、訪問購入、電話勧誘販売、通信販売等に関する相談が数多く寄せられており、誰もがこうした販売方法による消費者被害にあってしまう可能性があります。
 そこで、県政サポーターの皆さまに消費者被害の状況等についてお伺いし、今後の消費者行政に反映させるため、アンケートを実施しました。

担当課

県民生活部 消費生活課 総務・企画調整担当 Tel:048-830-2935 E-mail:a2930@pref.saitama.lg.jp

3 調査結果

商品・サービスの購入等に関する勧誘の有無

→「ある」が5割半ば超(57.3%)

質問1 あなたは、ここ1年以内に訪問販売、訪問購入、電話勧誘販売、通信販売などで、事業者から商品やサービスの購入(又は売払い)を勧められたことがありますか。

消費1

ここ1年以内に訪問販売、訪問購入、電話勧誘販売、通信販売などで、事業者から商品やサービスの購入(又は売払い)を勧められたことがあるか尋ねたところ、「ある」が5割半ば超(57.3%)となり、H26調査と比べて2.7ポイント減少した。

商品・サービスの購入等の有無

→「ある」は2割強(23.6%)

質問2 あなたは、ここ1年以内に訪問販売、訪問購入、電話勧誘販売、通信販売などで、事業者から商品やサービスの購入(又は売払い)をしたことがありますか。

消費2

ここ1年以内に訪問販売、訪問購入、電話勧誘販売、通信販売などで、事業者から商品やサービスの購入(又は売払い)をしたことがあるか尋ねたところ、「ある」は2割強(23.6%)となり、H26調査に比べて3.7ポイント増加した。

被害にあった経験の有無

→「ない」が大半(97.9%)

質問3 あなたは、ここ1年以内に訪問販売、訪問購入、電話勧誘販売、通信販売などによる事業者からの商品やサービスの購入(又は売払い)で、経済的・物的な被害にあったことがありますか。(被害の例は「質問3-(1)」参照)

消費3

ここ1年以内に訪問販売、訪問購入、電話勧誘販売、通信販売などによる事業者からの商品やサービスの購入(又は売払い)で、経済的・物的な被害にあったことがあるか尋ねたところ、「ない」が大半(97.9%)であった。

被害の内容

→「事業者の説明やパンフレットにあるような商品の効果がなかった」が2割強(21.4%)

質問3-(1) 質問3で「ある」と回答した方におたずねします。あなたは、どのようなことで被害にあいましたか。(あてはまるものすべて)

消費3-1

質問3で、ここ1年以内に訪問販売、訪問購入、電話勧誘販売、通信販売などによる事業者からの商品やサービスの購入(又は売払い)で、経済的・物的な被害にあったことがあると回答した方に、どのようなことで被害があったか尋ねたところ、「事業者の説明やパンフレットにあるような商品の効果がなかった」が2割強(21.4%)で最も多かった。

嫌な思い等をした経験の有無

→「ある」は2割半ば超(26.0%)

質問4 あなたは、ここ1年以内に事業者から商品やサービスの購入(又は売払い)を勧められた時や契約に際して、困ったり嫌な思いをしたりすることがありましたか。

消費4

ここ1年以内に事業者から商品やサービスの購入(又は売払い)を勧められた時や契約に際して、困ったり嫌な思いをしたりすることがあったか尋ねたところ、「ある」は2割半ば超(26.0%)であり、H26調査から変化はなかった。

嫌な思い等をした内容

→「断ってもしつこく勧誘された」が8割弱(78.4%)

質問4-(1) 質問4で「ある」と回答した方におたずねします。あなたは、どのようなことで困ったり嫌な思いをしたりしましたか。(あてはまるものすべて)
消費4-1

質問4で「ある」と回答した方に、どのようなことで困ったり嫌な思いをしたか尋ねたところ「断ってもしつこく勧誘された」が最も多く8割弱(78.4%)であり、傾向に大きな変化はなかった。

被害にあった時、嫌な思い等をした時の対処方法

→「消費生活センター(または消費生活の相談窓口など)に相談」が5割強(52.6%)

質問5
あなたは、被害にあった時、又は困ったり嫌な思いをしたりした時、どうしましたか。(こうした経験のない方は、どのように対処すると思うかをお答えください。)(あてはまるものすべて)

消費5

被害にあった時、又は困ったり嫌な思いをしたりした時、どうしたか、また、こうした経験のない方は、どのように対処すると思うか尋ねたところ、「消費生活センター(または消費生活の相談窓口など)に相談」が5割強(52.6%)で最も多く、次いで「家族や友人などに相談」が4割半ば超(46.8%)であり、傾向に大きな変化はなかった。

訪問販売等お断りステッカー

→「貼っていない」が9割強(92.1%)

質問6 あなたのご自宅の玄関やポスト近辺に、「訪問販売等お断りステッカー」は貼ってありますか。消費6

ご自宅の玄関やポスト近辺に、「訪問販売等お断りステッカー」は貼ってあるかどうか尋ねたところ、「貼っていない」が9割強(92.1%)であり、依然として貼っていない割合が非常に高かった。

訪問販売等お断りステッカーの効果

→『効果がない(計)』が5割強(53.1%)

質問6-(1) 質問6で「ある」と回答した方におたずねします。「訪問販売等お断りステッカー」の効果はありますか。

消費6-1

質問6で「貼ってある」と回答した方へ、訪問販売等お断りステッカーの効果はあるか尋ねたところ、「効果はある(勧誘はほとんど無い)」と「多少の効果はある(勧誘を受ける回数が、貼る前より減った)」を合わせた『効果がある(計)』は、4割半ば超(46.9%)、「あまり効果はない」と「ほとんど効果はない」を合わせた『効果がない(計)』は5割強(53.1%)であった。

訪問販売等お断りステッカーを貼らない理由

→「効果が期待できないから」が4割半ば超(46.0%)

質問6-(2) 質問6で「ない」と回答した方におたずねします。「訪問販売等お断りステッカー」を貼らない理由は何ですか。(最もあてはまるものを1つ)

消費6-2

訪問販売等お断りステッカーを貼らない理由は何か尋ねたところ、「効果が期待できないから」が4割半ば超(46.0%)で最も多く、次いで「貼りたいと思っているが、どのようなものを貼ったらよいかわからないから」が3割強(30.3%)であった。

自由意見

質問7 今後の消費者被害をなくすための施策に対してあなたが期待することやご意見、ご要望などがありましたら、自由にお書きください。

自由意見(PDF:706KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 広聴・知事への提言担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2850

ファックス:048-822-9284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?