Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 広聴 > 県政サポーター > サポーターアンケート(平成27年度) > 第74回簡易アンケート「埼玉県の就職支援策について」の結果を公表しました。

ここから本文です。

 

掲載日:2017年8月28日

第74回簡易アンケート「埼玉県の就職支援策について」の結果を公表しました。

1 調査の概要

(1)調査形態

  • 調査時期:平成27年6月11日(木曜日)から6月17日(水曜日)
  • 調査方法:インターネット(アンケート専用フォームへの入力)による回答
  • 県政サポーター数:2,340名(県内在住の満20歳以上70歳未満の方)
  • 回収率:68.8%(回収数1,609名)
  • 回答者の属性:(百分率表示は、小数点以下第二位を四捨五入したため、個々の比率の合計は、100%にならない場合がある。)

回答者属性

就職回答者

(2)調査結果の見方

  • ア.設問中の()内の数字及びグラフの中の数字は、回答比率(%)です。
  • イ.回答比率(%)は小数点以下第2位を四捨五入したため、個々の比率の合計は、100%にならないことがあります。
  • ウ.グラフの中で「n」とあるのは、その質問の回答者の総数を示し、回答比率は「n」を基数として算出しています。
  • エ.複数回答の質問については、その回答比率の合計は、100%を超える場合があります。

2 調査の目的

 県では、ハローワーク浦和・就業支援サテライト(武蔵浦和・ラムザタワー3F)などの施設において、若者や女性をはじめとした県民の皆さまの就職支援を行っています。
 今回のアンケートは、今後県が就職支援策を企画・立案・実施していくにあたり、参考意見として活用することを目的として実施しました。

担当

産業労働部 就業支援課 中高年者支援・ハローワーク特区担当 Tel:048-830-4530 E-mail:a4530@pref.saitama.lg.jp

3 調査結果

よく見かける求人情報の媒体

→「新聞折込の求人広告」が5割半ば超(56.2%)

質問1 あなたは、日常生活の中で、どのような媒体で求人情報をよく目にしますか。次の中から3つまで選んでください。

就職1

日常生活の中で、どのような媒体で求人情報をよく目にするか尋ねたところ、「新聞折込の求人広告」が5割半ば超(56.2%)で最も多く、次いで「インターネットサイト(SNSを除く)に掲載してある求人広告」が3割半ば超(37.2%)であった。

就職等に関する相談先

→「国のハローワーク(公共職業安定所)」が5割強(51.7%)

質問2 もし、あなたが就職又は転職・再就職を考えるとしたら、具体的な相談はどこにしようと思いますか。
次の中から3つまで選んでください。

就職2

就職又は転職・再就職を考えるとしたら、具体的な相談はどこにしようと思うか尋ねたところ、「国のハローワーク(公共職業安定所)」が最も多く5割強(51.7%)であった。次いで「県の就職支援施設(ハローワーク浦和・就業支援サテライト、ヤングキャリアセンター埼玉、埼玉県キャリアセンターブランチなど)」が4割(40.2%)であった。

就職等に関する相談先を探す方法

→「インターネットサイトで検索する(google、yahoo!など)」が7割半ば超(76.1%)

質問3 もし、あなたが就職又は転職・再就職を考え、相談する先がわからないとしたら、どのような方法で探そうと思いますか。次の中から3つまで選んでください。

就職3

就職又は転職・再就職を考え、相談する先がわからないとしたら、どのような方法で探そうと思うか尋ねたところ、「インターネットサイトで検索する(google、yahoo!など)」が7割半ば超(76.1%)で最も多く、次いで「公的機関のホームページを見る」が5割半ば(55.6%)であった。

就職支援施設の利用にあたり重視する環境やサービス

→「立地条件(家から近い、駅から近い、など)」が6割半ば(65.4%)

質問4 もし、あなたが就職又は転職・再就職活動において就職支援施設を利用するとしたら、どのような点を重視して施設を選ぼうと思いますか。次の中から3つまで選んでください。

就職4

就職又は転職・再就職活動において就職支援施設を利用するとしたら、どのような点を重視して施設を選ぼうと思うか尋ねたところ、「立地条件(家から近い、駅から近い、など)」が6割半ば(65.4%)で最も多く、次いで「豊富な求人情報」が6割強(61.7%)であった。

 

●ハローワーク浦和・就業支援サテライトについて

県では、「ハローワーク浦和・就業支援サテライト」において、若者、女性、中高年などの各相談コーナーを設けて就職支援を行っています。

ハローワーク浦和・就業支援サテライトのホームページについて

→『わかりやすい(計)』が6割強(61.5%)

質問5ー(1) 下記の当施設のホームページをご覧いただき、ホームページの全体的な内容のわかりやすさについて、あなたのご感想を次の中から選んでください。
※「ハローワーク浦和・就業支援サテライト」ホームページ

就職5

「ハローワーク浦和・就業支援サテライト」のホームページをご覧いただき、ホームページの全体的な内容のわかりやすさについて、感想を尋ねたところ、「わかりやすい」(18.1%)と「どちらかといえばわかりやすい」(43.3%)を合わせた『わかりやすい(計)』が6割強(61.5%)であった。(※)

 (※)百分率表示は、小数点以下第二位を四捨五入したため、個々の比率の合計は、100%にならない。 

 

質問5-(2) 上記(1)の選択肢をあなたが選んだ理由などがあれば、ご自由にお書きください。

自由意見(PDF:403KB)

ハローワーク浦和・就業支援サテライトの施設について

→「就職又は転職・再就職を考えることがあったら、利用してみたいと思った」が4割強(41.5%)

質問6
質問5でホームページをご覧いただきましたが、「ハローワーク浦和・就業支援サテライト」の施設について、あなたはどのような印象をお持ちになりましたか。次の中からあてはまるものすべてを選んでください。

就職6

「ハローワーク浦和・就業支援サテライト」の施設について、どのような印象を持ったか尋ねたところ、「就職又は転職・再就職を考えることがあったら、利用してみたいと思った」が4割強(41.5%)で最も多く、次いで「自分の住まいや勤務先に近い場所に同様の施設があればよいと思った」が3割半ば超(36.9%)であった。

県の就職支援策について

→必要な時に知ることができればよい(必要なときに情報が入手できればよい)が6割(59.7%)

質問7
あなたは、県の就職支援策に関する様々な情報について、どの程度知りたいと思いますか。次の中からあなたの考えに近いものを選んでください。

就職7

県の就職支援策に関する様々な情報について、どの程度知りたいと思うか尋ねたところ、「必要な時に知ることができればよい(必要なときに情報が入手できればよい)」が6割(59.7%)で最も多かった。

 

自由意見

質問8 県の就職支援策に対して期待することやご意見、ご要望などがありましたら自由にお書きください。

自由意見(PDF:499KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 広聴・知事への提言担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2850

ファックス:048-822-9284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?