Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 広報 > テレビ・ラジオ・広報紙・SNSなど > 広報誌 > 広報紙「彩の国だより」 > 彩の国だよりWEB版 > 平成29年12月号 > 知ることが自分も大切な人も守る第一歩です HIV・梅毒検査を受けましょう

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月9日

知ることが自分も大切な人も守る第一歩です
HIV・梅毒検査を受けましょう

 県内の梅毒報告数は27年から急増し、毎年過去最多を更新し続けています。HIVなど梅毒以外の性感染症も減っていません。
 性感染症は、症状のない時期が長く、自分の感染に気付かずに他人にうつしてしまいます。自分や大切な人を守るため、検査を受けてください。

HIVとエイズ

 HIVとは、感染すると免疫を低下させるウイルスのこと。HIVは主に性行為で感染し、日常生活では感染しません。
 HIV感染後、発症を抑える薬を飲むなどの治療を始めないと、免疫が低下してエイズを発症してしまいます。発症すると、病気にかかりやすくなり、さまざまな症状が出ます。
 早期にHIV感染を発見して治療を始めれば、エイズの発症を抑え、それまでとほとんど変わらない生活を送ることができます。

12月1日は世界エイズデー

レッドリボン

 レッドリボンはエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すシンボルです。


梅毒

 梅毒トレポネーマという病原菌による感染症で、主に性行為でうつります。早期の投薬治療で完治が可能です。

感染
↓ 約3週間 
痛みのないしこり(口の中など)、太ももの付け根のリンパ節の腫れ
↓ 約3カ月 
手の平、足の裏、体全体にうっすらと赤い発疹
↓ 約3年以上
ゴムのような腫瘍、全身に重い障がい(まひなど)
【!】
 感染していても一旦症状が消えることがありますが、治ったわけではありません。
 症状がない時期も病原菌は増え続け、パートナーを感染させてしまいます。

★特に妊娠を希望している人は注意してください。妊娠している人が感染すると、先天梅毒の赤ちゃんが生まれる恐れがあります。

 

検査を受けて早期発見を

 HIVや梅毒は感染しても自覚症状がなく、最初のうちは感染に気付かないことが多いため、検査を受けることが重要です。
※感染してすぐは確実な結果が出ないため、感染の可能性のある日からHIVは3カ月、梅毒は1カ月以上たってからの検査をお勧めします。

【平日】予約の上、保健所で無料・匿名で受けられます。

日曜日の「HIV・梅毒即日検査」 予約不要 無料 匿名

 採血のみの検査で、約1時間で結果が分かります。
【時間】午後0時30分から3時 ★各会場100人(当日先着順)
※HIVで確認検査が必要になった場合は、結果報告に約1週間かかります。

12月17日(日曜日) 鴻巣市文化センタークレアこうのす
【交通】鴻巣駅下車徒歩20分

30年1月7日(日曜日) 川口駅前市民ホールフレンディア
【交通】川口駅下車徒歩1分

30年2月4日(日曜日) 越谷レイクタウンイオンホール
【交通】越谷レイクタウン駅下車すぐ

30年3月4日(日曜日) ウェスタ川越
【交通】川越駅下車徒歩5分

【問合せ】(公財)埼玉県健康づくり事業団
(電話:0493-81-6729(平日午前9時から午後5時))


【問合せ】県保健医療政策課
(電話:048-830-3557 ファックス:048-830-4808 県保健医療政策課のホームページ

 


目次へもどる

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 テレビ・ラジオ・広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2854

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?