Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年12月1日

知事コラム

「『たび』のいざない」

毎月初めのNACK5「モーニングスクエア」では知事の肉声でお届けしています。

知事写真

 10月15日(日曜日)、テレビドラマ「陸王」が好調にスタートしました。あらすじはご存じの方も多いと思いますので、ここでは「行田市の足袋メーカーが大手シューズメーカーと競争する物語」と簡単にご紹介させていただきます。
 同じく池井戸潤さん著作の「下町ロケット」と同様に魅力あふれるストーリー展開であることは言うまでもありませんが、物語の舞台が埼玉県行田市であることが私にとっては重要です。行田市は、野村萬斎(のむらまんさい)さん主演の映画「のぼうの城」以来のロケ地となりました。
 約300年前に始まった行田の足袋作りですが、最盛期の昭和13年には全国の約8割を生産する日本一の産地となります。市内にはいくつも蔵が建ち、現在でも「足袋蔵」として昔日の面影を残しています。米作りを主産業としていた時代、地下足袋は作業の必需品であり、ゴムを使った靴が出現するまで足袋こそが「履物の主役」でした。産業は変化すれども、別の形で日の目を見ることもあります。今回、改めて足袋が脚光を浴び行田市が話題になれば、これほどうれしいことはありません。
 行田市には見どころがたくさんあります。県名発祥の地「埼玉(さきたま)古墳群」にある日本最大の円墳「丸墓山(まるはかやま)古墳」は、かつて上杉謙信や石田三成が本陣を構えた場所です。国宝・金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)が出土した前方後円墳の稲荷山(いなりやま)古墳など9基の大型古墳が並ぶ景色はなかなかのものです。また、6月下旬から8月上旬が見頃の「古代蓮(こだいはす)」やギネス世界記録に認定された田んぼアートなどもあります。関東を代表する「忍(おし)城」も御三階櫓(おさんがいやぐら)が再建されてから29年が経過し、すっかり周りの風景に溶け込んでいます。今年、続日本100名城に選定されました。
 たび(足袋)で話題の行田市を軸に、県北東部のたび(旅)をしてみてはいかがでしょうか。

埼玉県知事 上田清司

ホームページ「知事の部屋」
http://www.pref.saitama.lg.jp/kense/koho/chiji/index.html

 


目次へもどる

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 テレビ・ラジオ・広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2854

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?