Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2021年1月1日

知事コラム 新たな埼玉の歴史に向かって



明けましておめでとうございます。
昨年は、新型コロナウイルス感染症対策に明け暮れた一年でした。
県民の皆さまには、外出の自粛や学校の休業など、格別のご理解とご協力をいただきました。改めて心から感謝申し上げます。
引き続き新型コロナウイルスに強い危機感と緊張感を持ちながら、感染防止対策と社会経済活動の両立をできる限り維持していくことが必要です。
これからも、県民の皆さまを守るために最善の方法を選択し、この困難な問題の解決に全力で取り組んでまいります。
一方、新型コロナウイルスへの対応の一つとして、テレワークやキャッシュレス決済など、接触機会を低減させつつ社会生活を送る取り組みが予想を上回る速さで家庭や職場に広がっています。
この機を捉えて、「働き方改革」や「誰もが活躍できる社会」の実現に挑戦していくため、官民問わずさまざまな分野で変革を促すデジタル・トランスフォーメーション(DX)を進めてまいります。
また、これから埼玉県には少子化や急速な超高齢化に伴う本格的な人口減少社会が到来します。このため、「埼玉版スーパー・シティプロジェクト」を進めることにより、医療・介護需要の増加や働き手の不足などの課題に対する私なりの答えを形にしたいと考えています。
具体的には、生活圏を集約化し、職住近接による子育て環境の向上を図り、AIやIoTを活用した高齢者の見守りを行うなど、効率的で効果的な取り組みを進めます。このほか、災害に強い技術やエネルギーの強靭化などにより安心・安全を高めることで、人生100年時代にふさわしいまちづくりを目指します。
こうした施策をはじめ、県の施策を横断的に貫く一本の柱とも言えるのが「埼玉版SDGsの推進」です。誰一人取り残さない持続可能な「日本一暮らしやすい埼玉県」を実現するためにも、県内のさまざまな方々にご参加いただきたいと考えています。
令和3年は、埼玉県が誕生して150周年を迎えます。この節目の年に私たちのふるさと埼玉の魅力を県内外へ、そして未来へ伝えていきます。
また、本県が誇る偉人の一人、渋沢栄一翁を描いた大河ドラマ「青天を衝(つ)け」が始まります。時代の大渦に翻弄されながらも、高い志を持って未来を切り開いていく過程は必見です。
そして、いよいよ東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会も開催されます。
今年の干支は、丑(うし)です。丑は勤勉によく働く姿が「粘り強さ」や「堅実さ」を象徴していると言われています。今年も、県民の皆さまと粘り強さと堅実さを兼ね備えた「ワンチーム埼玉」となって、共に前進してまいりましょう。

▼知事の日常業務は、こちらからご覧いただけます
大野知事の動き

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 テレビ・ラジオ・広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?