Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2020年9月30日

新型コロナウイルス感染症に関する埼玉県の情報

10月11日から20日は「全国地域安全運動期間」、10月11日は「減らそう犯罪の日」

感染症に便乗した詐欺に注意!! その話、詐欺かもしれません

令和2年8月末現在(暫定値)
県内被害総額
11億8,507万円

巧妙な手口で、あなたやあなたの大切な人から、現金やキャッシュカードなどをだまし取る詐欺。
不審な電話やメール、はがきが届いても、すぐに対応せず、周りの人に必ず相談してください。

緊急な場合は110番へ

さまざまな手口にだまされないで!

★下記は特殊詐欺手口の一例です。他に「架空料金請求詐欺」などの被害も増えています。

  • 「還付する」と言って現金をだまし取る 還付金等詐欺

     医療費、保険料の還付金や感染症などの給付金、支援金などがあると信じ込ませ、ATMを操作させて現金を振り込ませます。

     市町村職員などがATM操作をお願いすることはありません。

  • 感染症などで資金繰りに困った人や企業を狙う 融資保証金詐欺

     電話やメールなどで、すぐに融資が受けられると話を持ち掛け、融資のための保証金や手数料などを振り込ませ、お金をだまし取ります。

     正規の業者は融資前に保証金や手数料などの名目で、お金を振り込ませることはありません。

  • 「キャッシュカードを預かります」という言葉は注意 預貯金詐欺

     「あなたの口座が犯罪に利用されているので、キャッシュカードの交換手続きが必要です」などと不安をあおり、キャッシュカードをだまし取り預貯金を引き出します。

     警察官や金融機関職員などがキャッシュカードを預かることは絶対にありません。キャッシュカードは渡さず、暗証番号も人に教えてはいけません。

  • 「至急お金が必要」と不安をあおる オレオレ詐欺

    親族を装い、「感染症関連の仕事で急にお金が必要」などと現金をだまし取ります。

     すぐに話を信じず、家族や周りの人に相談してください。

手口を知って詐欺防止!

「新型コロナウイルス便乗犯罪被害防止アニメーション」などの動画を配信しています。


↑アニメーション動画はこちら

 こちらもチェック!

 ↑特殊詐欺の最新手口と対策はこちら

【問合せ】県警察本部生活安全総務課
 電話:048-832-0110(代表)

【問合せ】県防犯・交通安全課
 電話:048-830-2940
 ファックス:048-830-4757

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 テレビ・ラジオ・広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?