Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2020年2月1日

東京2020大会 地域で盛り上げていこう!

射撃イラスト

オリンピック・パラリンピック競技の「射撃」会場となる陸上自衛隊朝霞訓練場がある
朝霞市 和光市 新座市 の取り組みをご紹介します。
★詳細については各市特設サイトをご覧ください。

未来につなげよう 朝霞市

朝霞市オリジナル曲「夏の夢の始まりに」
 射撃の会場となることを記念し、朝霞市オリンピック・パラリンピック競技大会支援実行委員会と同市が、市民の皆さんと一緒に気運を高めるために朝霞市のオリジナル曲として制作。

 曲は演奏する人がいて初めて生かされるもの。たくさんの人が演奏してくれることが幸せですね。朝霞でしかあり得ない曲にするため、演奏上はちょっと難しい曲になってしまいました(苦笑い)。
作曲した県立朝霞西高等学校音楽部顧問の川北栄樹教諭と生徒たち
↑↓作曲した県立朝霞西高等学校音楽部顧問の川北栄樹教諭(右)と生徒たち

音楽部の生徒たち
高音部分は難しいけど(笑)、すてきな曲に仕上がっていますよ!

 県内で唯一オリンピックとパラリンピック両方の聖火リレーが通過する同市。これを機にユニバーサルデザインのまちづくりにも力を入れています。

曲の詳細や音声・映像はこちらから

↑朝霞市特設サイト

みんなに優しい街づくり 和光市

「和光おもてなし隊」
 東京2020大会に向けて地域を盛り上げる市民団体として立ち上がった「和光おもてなし隊」。現在約70人で活動中。

 以前から障害者アスリートの支援をしていたのが活動のきっかけになりました。私が20代の時、東京1964大会で受けた感動を今の子供たちにもぜひ味わってほしい。素晴らしい大会を多くの市民で盛り上げたいですね。

↑50代からトライアスロンをしていた会長の井上明次さんは現在80歳

明るい街づくりのため花に水をまく「和光おもてなし隊」
↑心を込めた花で、明るい街づくり活動を行っています

 大会時、観客輸送のシャトルバスの発着場となる同市。世界中から訪れる皆さんを「おもてなし」の心で迎えられるようにと準備を進めています。

 


↑和光市特設サイト

絆を深める 新座市

「新座で結ぼう 世界の絆」
 昨年4月に、国際交流員としてブラジルから来日したグスタヴォ・ラモス(愛称:ガス)さん。市のフェイスブックやイベントを通してブラジルの情報を発信しています。

 私は人と会話をするのが大好き。言葉や文化が違っても、話せばお互いに理解し合えると信じています。もっとブラジルの良いところをPRしたい。新座市とブラジルの架け橋となれるようにさまざまな仕掛けをしていきますよ!

↑ポルトガル語、英語、日本語が堪能のガスさん(右)と新座市役所の猪鼻佑己(猪鼻佑己)さん(左)

 ブラジル連邦共和国の事前トレーニングキャンプ地であり、ホストタウンにも登録された同市。ブラジルとの交流の輪を広げられるようにと、さまざまな取り組みを行っています。

 


↑新座市特設サイト

50mライフル3姿勢個人の松本崇志(たかゆき)選手に射撃の魅力をお聞きしました!

50mライフル3姿勢個人選手の自衛隊体育学校所属、松本崇志さん
↑松本 崇志 選手(自衛隊体育学校所属)
 競技の流れとして、大きく本選と決勝の二つに分けられ、本選での上位8名までが決勝に進めます。射撃は1点で大きく順位が変わり、その得点と弾着は選手後方のモニターに映し出されます。静寂な会場で行われる精密な動作に注目してください。決勝は一転し、どんなに大声を出して応援しても構いません。1発ごとに起こる会場の声援とその中で戦う選手の表情、動揺からの弾着の変化、目まぐるしい順位の入れ替わりとドキドキ感は魅力の一つです。

オリンピック・パラリンピック大会開催情報発信中


↑公式サイト


↑公式フェイスブック

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 テレビ・ラジオ・広報紙担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?