Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

知事の部屋 日本再生への埼玉の挑戦 埼玉県知事 上田清司

ここから本文です。

 

掲載日:2018年7月18日

公務フォトアルバム

7月7日(土曜日)第100回全国高等学校野球選手権記念南埼玉・北埼玉大会開会式NEW

開会式の様子

7月7日(土曜日)、第100回全国高等学校野球選手権記念南埼玉・北埼玉大会の開会式が県営大宮公園球場で行われました。
大会日程は、7月7日(土曜日)から7月24日(火曜日)で、南埼玉84校84チーム・北埼玉78校74チームが、それぞれトーナメント形式で試合を行います。優勝した2チームは、8月5日(日曜日)から阪神甲子園球場で行われる全国大会に出場します。

開会式の祝辞で知事は「戦う人、支える人、そして応援する人が一体となった時、まさに不思議の勝ちがあるんです。皆さん、頑張ってください。」と述べました。選手宣誓として浦和学院高校主将の蛭間拓哉(ひるま たくや)さんは「全身全霊、最後の1球まで熱くプレーすることを誓います」と宣誓を行いました。

7月4日(水曜日)駐日イラク共和国大使による知事表敬訪問NEW

表敬訪問の様子

7月4日(水曜日)、知事公館(さいたま市)において、ハリール・ムーサウィー駐日イラク共和国が知事を表敬訪問しました。
ムーサウィー大使と知事は、埼玉県とイラク共和国との今後の交流の可能性について意見交換を行いました。

ムーサウィー大使は、「日本の各地域を訪れるのは、日本の伝統を知るだけではなく、日本とイラクの共通点を探る目的もあります。」と述べ、知事は埼玉の産業や自然、観光の魅力について紹介し、「大使の来県を機に様々な交流ができればと思う。大使館の皆さんにも川越や長瀞に遊びにきてもらいたい。」と話しました。

7月3日(火曜日)緑の募金に対する感謝状贈呈式NEW

贈呈式の様子

7月3日(火曜日)、埼玉県庁(さいたま市)において、「緑の募金」へ多額の寄附をいただいた埼玉県農業協同組合中央会に知事から感謝状が贈呈されました。
「緑の募金活動」は、緑の募金による森林整備等の推進に関する法律(いわゆる「緑の募金法」)に基づき、緑に親しみ健全で豊かな心を育むとともに、緑豊かな住みよい県づくりを進めるために行っており、学校における緑化活動のほか、緑の少年団が森林で行う自然観察や間伐体験など学習活動等への支援に使われます。

感謝状の贈呈にあたり、知事は「多額の御寄附をいただきありがとうございます。森林整備など有効に使わせていただきます。」と述べました。

7月2日(月曜日)「第68回社会を明るくする運動」及び「青少年の非行・被害防止特別強調月間」合同キャンペーンNEW

キャンペーンの様子

7月2日(月曜日)、更生保護及び青少年の非行・被害防止を県民に広く訴えるため、JR大宮駅の駅頭において「第68回社会を明るくする運動」及び「青少年の非行・被害防止特別強調月間」合同キャンペーンを実施しました。
このキャンペーンは、毎年7月に法務省の「社会を明るくする運動」と内閣府の「青少年の非行・被害防止全国強調月間」が全国的に展開されることから、さいたま保護観察所と県が共催で、各関係機関やボランティア団体等と連携して駅頭キャンペーンを開催し、啓発品の配布などを行うものです。

キャンペーンに先立って行われた式典で知事は「辛い思いをして立ち直ろうとしている人に対しては、地域の力でしっかり支えていきたい。」と述べました。

6月16日(土曜日)埼玉パラドリームアスリート認定式

埼玉パラドリームアスリートと記念写真を撮る知事

6月16日(土曜日)、知事公館(さいたま市)において、埼玉パラドリームアスリート認定式が行われました。
「埼玉パラドリームアスリート」とは、パラリンピックで活躍が期待される埼玉県にゆかりのあるアスリートのことです。埼玉パラドリームアスリートに対しては「特別強化費による助成」のほか「専門家による医科学支援」を行っていきます。

選手を代表して、車いすテニスの田中 愛美(たなか まなみ)選手が「東京パラリンピックの出場に向けて、他のアスリートの手本となるよう日々まい進していきたい。」と力強く宣誓しました。知事は「県民に夢と希望を与える役割を担っている皆さんが、技や心を磨くチャンスの一助になりたい。」と激励しました。

6月14日(木曜日)駐日ウズベキスタン共和国大使による表敬訪問

握手を交わすガイラト・ファジロフ駐日ウズベキスタン共和国大使と知事

6月14日(木曜日)、知事公館(さいたま市)において、ガイラト・ファジロフ駐日ウズベキスタン共和国大使が知事を表敬訪問しました。
ガイラト・ファジロフ大使と知事は、埼玉県とウズベキスタン共和国との今後の交流の可能性について意見交換を行いました。

ガイラト・ファジロフ大使は、「埼玉県は経済的に発展し、国内GDPの4.2パーセントを占めると知り、非常に強い印象を持った。」と述べ、知事は埼玉県の特徴を紹介し、「関係団体の意見も聞きながら今後どのような交流が可能か考えていきたい。」と話しました。

6月13日(水曜日)埼玉県高等学校総合文化祭開会式・全国高等学校総合文化祭壮行会

埼玉県高等学校総合文化祭開会式 

6月13日(水曜日)、埼玉会館(さいたま市)において、第35回埼玉県高等学校総合文化祭開会式が開催されました。これは、埼玉県内の高等学校文化活動の振興を図り、生徒の活動意欲を高揚させるとともに、高校生の文化芸術活動を広く県民に発信し、理解を深めてもらうためのものです。
また、8月に長野県で開催される「第42回全国高等学校総合文化祭」に向けた壮行会では、代表生徒による決意宣言に続き、全国大会出場校などの高校生による様々な演技や演奏等が披露されました。

知事は「日頃取り組んでいる日本の文化、伝統、芸術などの文化活動を全国へ発信してくれることを嬉しく思い、大いに期待しています。」と生徒たちを激励しました。

6月7日(木曜日)NTTタウンページ株式会社との防災啓発情報等に関する協定締結式

NTTタウンページ株式会社と協定を締結した知事

6月7日(木曜日)、埼玉県庁(さいたま市)において、県とNTTタウンページ株式会社が「防災啓発情報等に関する協定」を締結しました。
この協定により、NTTタウンページ株式会社が約350万の県内全住戸・全事業所を対象に「イツモ防災タウンページ」を無償で配布します。
この冊子は、県発行の防災マニュアルブックに基づいて同社が作製したもので、家具の固定方法や水・食料の備蓄のしかた、緊急トイレの作り方などの「災害への備え」や、エリアごとの避難所マップを掲載しています。

締結式で知事は「紙の冊子だと、高齢者でも手にとりやすい。表紙も目立つし、中身も整理されていて分かりやすい。」と述べました。

6月6日(水曜日)「さいたま緑のトラスト基金」及び「彩の国みどりの基金」への寄附に対する感謝状贈呈式

)「さいたま緑のトラスト基金」及び「彩の国みどりの基金」への寄附に対する感謝状贈呈式の様子

6月6日(水曜日)、知事公館(さいたま市)において、「さいたま緑のトラスト基金」及び「彩の国みどりの基金」へ多額の寄附をいただいた1個人、20団体に知事から感謝状が贈呈されました。
「さいたま緑のトラスト基金」は、ふるさと埼玉の優れた自然及び貴重な歴史的環境を、県民共有の財産として後世に残すための資金とすることを目的として、昭和60年に創設したものです。また、「彩の国みどりの基金」は、森林の保全整備や身近な緑の保全・創出等を県民参加により積極的に進めるため、平成20年に自動車税の一部と寄附金を財源として創設したものです。

感謝状の贈呈にあたり、知事は「多額の御寄附をいただき感謝申し上げます。今後も、埼玉県の緑の保全・整備に御支援、御協力を賜りたい。」と述べました。

6月4日(月曜日)「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018」記者発表

「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018」記者発表の様子

7月13日(金曜日)から22日(日曜日)までの10日間、「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018」を開催します。6月4日(月曜日)、都道府県会館(東京都)で記者発表が行われました。
15回目の節目となる今年は、98の国と地域から832作品の応募があり、厳選したノミネート作品が上映されます。また、15周年特別企画として映画史に名を刻む名匠に迫ったドキュメンタリー映画の上映もあります。

知事は「先月カンヌ映画祭で、是枝 裕和(これえだ ひろかず)監督の『万引き家族』がパルムドールを受賞したが、今年の映画祭では、是枝監督が25年前に制作したドキュメンタリー映画を上映する。若手映像クリエイターの登竜門となっているこの映画祭に参加した監督が、是枝監督のように飛躍していただけたら、我々の望むところである。」と述べました。

平成27年度以前の情報は国立国会図書館サイトからご覧ください(開いたページの左側の年度から選んでください)。

公務フォトアルバム(国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)へリンク)

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 企画調整・ウェブ担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2852

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?