Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 広報 > 知事の部屋 > 知事ブログ > 知事ブログアーカイブ(平成29年10月)

知事ブログ 知事の太鼓

知事の部屋

ここから本文です。

 

掲載日:2017年10月31日

知事ブログアーカイブ(平成29年10月)

10月31日(火曜日)の一打「ベトナム訪問」

本日から11月3日(金曜日)まで、ベトナム社会主義共和国を訪問してまいります。

埼玉県は、県内企業の海外ビジネス展開を支援するため、積極的にベトナム政府との協力関係の構築を進めています。

平成24年8月に、ベトナムの計画投資省と「経済交流に関する覚書」を締結しました。この覚書に基づいて、首都ハノイ市にある外国投資庁内に「埼玉デスク」を設置していただき、ベトナム政府への窓口となって県内企業のビジネス支援に御協力をいただいています。

また、県では同じくハノイ市内に、「埼玉県ベトナムサポートデスク」を設置して、県内企業からの相談対応やビジネスマッチングなどの支援を行っています。この両デスクで、県内企業のベトナムでのビジネスをしっかりとサポートしています。

私は、これまでに知事としてベトナムを4回訪問し、政府要人との交流を深めてまいりましたが、このたびの5回目の訪問では、チャン・ダイ・クアン国家主席と会談する予定です。また、埼玉県の経済交流のカウンターパートである計画投資省のグエン・チー・ズン大臣やホーチミン市のグエン・ティエン・ニャン共産党書記、ハノイ市人民委員会のグエン・ドゥック・チュン委員長にもお会いする予定です。

また、現在ベトナムに進出している県内企業の、人材面での支援にも力を入れています。今回の訪問では現地大学と連携した就業マッチングイベントを開催し、学生の皆さんに埼玉県を紹介するプレゼンテーションを行う予定です。県内企業に是非とも就職していただけるよう、埼玉県や県内企業の魅力をアピールしてきます。

さらに、現地に進出している県内企業を中心に運営している「埼玉県ベトナムネットワーク」交流会をホーチミン市とハノイ市で開催します。ネットワーク参加企業は既に180社を数え、企業の皆様の情報交換やビジネスマッチングの場として活用いただいております。

そのほか、現地に進出している県内企業を訪問し、ベトナムでのビジネスの現状や課題について伺い、今後の海外ビジネス展開支援の参考にしたいと思います。

なお、訪越の間はスケジュールがぎっしり詰まっているため、11月1日(水曜日)、11月2日(木曜日)のブログはお休みとさせていただきます。

知事の写真

10月30日(月曜日)の一打「スリーデーマーチ」

日本スリーデーマーチの第40回記念大会が、東松山市を中心に11月3日(金曜日・祝日)、4日(土曜日)、5日(日曜日)に開催されます。

10万人が集う日本最大のウオーキングイベントです。世界でもオランダに次いで2番目という規模のイベントになります。私も5年ぶりに参加させていただきます。

親子連れや友達同士、若者、高齢者、障害のある方など多くの皆さんがこのスリーデーマーチに参加されます。コースは、短いものから長いものまで全部で6コースあります。最も短いのが5キロメートルコースで、以降10キロメートル、20キロメートル、30キロメートル、40キロメートル、50キロメートルです。どのコースでも、比企丘陵の秋の気配を感じていただくことができます。そして皆さんが結集されるゴール地点となっている中央会場前では、ウオーカーの集いということで多くのイベントが予定されております。

『ウオーキングマナー五ヶ条』というものがあります。「1.やあ!おはよう 明るい挨拶 さわやかに」「2.信号で、あわてず あせらず 待つ余裕」「3.ひろがるな、参加者だけの道じゃない」「4.自分のゴミ、自分の責任もち帰り」「5.歩かせて、いただく土地に感謝して」だそうです。

当日参加も可能ですので、是非、多くの方の参加を期待しています。お申し込みやお問い合わせは、第40回日本スリーデーマーチ実行委員会(電話0493-23-3330)にお願いします。

なお、当日登録参加費は、大人1日ごとに1,000円、高校生以下1日ごとに500円となっています。

知事の写真

10月27日(金曜日)の一打「ギネス世界記録のラグビー教室」

2年後に開催する「ラグビーワールドカップ2019」を盛り上げるため、県と熊谷市、熊谷商工会議所が企画し、10月21日(土曜日)に熊谷スポーツ文化公園「彩の国くまがやドーム」でギネス世界記録にチャレンジしました。

その記録とは、1か所で実施するラグビー教室の参加者数世界一を目指す「世界最大のラグビー教室」です。講師はラグビー・トップリーグのパナソニック ワイルドナイツ、県ラグビーフットボール協会の皆様にお願いしました。
小・中・高校生らが参加して、一斉にパス練習を行うなど、2年前に大阪府東大阪市で記録された275人を大きく上回る「524人」の記録で世界一に認定されました。
サッカーと比べるとラグビーの知名度は若干劣っていることもあり、2019年のラグビーワールドカップをいかに盛り上げていくかが課題です。そこで今回、このような形で正に裾野を拡げていく、あるいはまた、青少年から盛り上げていくという仕掛けを企画したものです。

首尾よくギネス世界記録に登録され、参加された小・中・高校生はもとより、その保護者、関係者にとってもラグビーワールドカップに向けて良い意味での刺激になったと思っております。
なんでもやってみることです。

知事の写真

10月26日(木曜日)の一打「ディエゴ・リベラの時代」

10月21日(土曜日)に、埼玉県立近代美術館において開館35周年記念展「ディエゴ・リベラの時代」のオープニング・レセプションがありました。
カルロス・フェルナンド・アルマーダ・ロペス駐日メキシコ大使をはじめ、作品出品者であるメキシコ国立芸術院のマグダレーナ・サバラ・ボナチェア美術部長などメキシコの関係者及び県関係者の総勢約60人が出席しました。
記念展ではメキシコ最大の美術家とも言われるディエゴ・リベラ(1886~1957)とその時代の関係作品、さらにはリベラと関わりのあった日本の藤田 嗣治(ふじた つぐはる)、北川 民次(きたがわ たみじ)などの作品などが展示されています。

レセプションに先立ち、サバラ美術部長に作品を御案内いただきました。リベラは、フランスに勉強に行っている間にキュビスムなどの影響を受けました。また日本人画家との交流もあり、極めて貪欲にそれぞれの特色のある画風を学び、それを自身の画風の中に取り入れています。
一方、晩年はメキシコの原点とも言うべき大地に根差した農民や先住民の文明・文化などをその画風の中で表現しています。このような画風の変化によりリベラの一生を感じさせる展示となっています。
もとより、ディエゴ・リベラの作品は日本で展示されることが非常に珍しく、いわんや今年9月に発生したメキシコの大地震直後のこの時期に、埼玉県立近代美術館で展示されることは奇跡に近いように感じます。

私は必ずしも美術の愛好家とはいえませんが、彼の生きた時代のヨーロッパや日本のすばらしい画家たちとの交流、そしてメキシコの大地から沸き立つようなパワフルな画風など、一種の文明・文化というものを感じ取れるような気がしました。皆様是非、御覧ください。12月10日(日曜日)まで開催しています。

知事の写真

10月25日(水曜日)の一打「埼玉県は1人当たりの医療費が最も少ない県」

9月13日(水曜日)、厚生労働省が平成27年度の国民医療費の結果を公表しました。全体で42兆3,644億円、国民1人当たり年間33万3,300円。何やら3が4つも続いています。
国民医療費は、その年度内の医療機関などにおける傷病の治療に要した費用の推計です。ここでいう費用とは、医療保険などによる給付のほか、公費負担、患者負担によって支払われた医療費を合算したものです。保険診療の対象にならない費用や、正常な妊娠・分娩(ぶんべん)、健康診断、予防接種など、傷病の治療以外の費用は含んでおりませんので、実質的な医療費はもう少し多いと見た方がいいかもしれません。

この財源の内訳を見ていきますと、「国庫」は10兆8,699億円、「地方」の部分が5兆6,016億円。また、保険料のうち「事業主」は8兆7,299億円、「被保険者」は11兆9,447億円。さらに、「患者負担」が4兆9,161億円ということですので、まさしく財源全体の中での患者負担は11.6パーセントということになります。いかに、国や地方や事業主の負担によって、国民の医療が賄われているかということが分かります。

ちなみに、埼玉県の県民1人当たりの年間医療費は29万900円。実は少ない順でいくと全国第1位です。つまり、埼玉県は1人当たりの医療費が最も少ない県です。人口の年齢構成で言えば全国6番目に若い県ですので、6番目が妥当なところかもしれませんが、なんと第1位であります。ちなみに第2位が千葉県で、神奈川県、滋賀県、愛知県、茨城県、栃木県と続いています。

上田珍説によれば、上位はいずれも通勤時間が長い県です。駅まで急ぎ足で歩いたり、自転車で急ぎながら駅に着いたり、快速電車や急行電車に乗るため急いで駅舎を駆け巡る。階段の上り下りや駅舎を急いで歩くために健康になっているのではないかと考えています。

知事の写真

10月24日(火曜日)の一打「埼玉県の優秀政策数は全国第1位」

埼玉県は、全国知事会の平成29年度優秀政策賞を3件受賞しました。これは群馬県、三重県と並んで全国第1位です。最高の賞である「先進政策大賞」は逃しましたが、毎年コンスタントに優秀政策賞を受賞しております。
表彰が始まった平成20年度以降、本県では23施策が優秀政策として表彰されていますが、数えてみたら実は全国第1位の多さでした。ちなみに静岡県が22施策で第2位、福岡県が16施策で第3位、京都府が12施策で第4位、高知県が11施策で第5位といったところです。

優秀政策賞は、各都道府県が自信のある先進的な政策を全国知事会に登録し、選考委員によって各分野別に優秀賞が選ばれるものです。
優秀政策に選ばれるには、創意工夫による先進的な取組であるか、他地域への普及や展開可能性を秘めた取組であるか、従来の行政の枠組みや業務のやり方を改革するものであるか、などがポイントになっています。

今年度の本県は、健康福祉分野でこども安全課が登録した「官民挙げた児童養護施設退所者のアフターケア」が第1位に輝きました。この施策は、児童養護施設で暮らしていた子供達の、退所後の自立支援に官民で連携して取組むものです。
また人口減少対策分野では、健康長寿課の「ウェルカムベイビープロジェクト」が第2位となりました。そして教育・文化分野でも文化振興課の「1万人のゴールド・シアター2016」が第2位となりました。
いずれにしても、埼玉県が全国47都道府県の中で積極的な政策展開をしていることについて、御理解いただけるのではないかと思います。
今後も、優秀政策賞に選ばれるような先進的な取組を進めていきます。

知事の写真

10月23日(月曜日)の一打「所沢市 イタリアのオリンピック事前キャンプ地に」

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の県内4つ目の事前キャンプ地が決まりました。
現在、ブータン(寄居町)、オランダ(さいたま市)、ブラジル(新座市)が決まっているところですが、今回新たにイタリアが所沢市、早稲田大学で事前キャンプを行うことが決定しました。
10月19日(木曜日)に駐日イタリア共和国大使館でイタリアオリンピック委員会との事前トレーニングキャンプ覚書締結式を行いました。

式には、わざわざ、カルロ・モルナーティイタリアオリンピック委員会副事務総長がイタリアから来られ、ジョルジョ・スタラーチェ駐日イタリア特命全権大使や森 喜朗(もり よしろう)東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長をはじめ、大勢の皆様の御出席の下で盛会裏に締結式を行うことができました。早稲田大学の陸上競技場やプールなど様々な施設を活用して事前キャンプが行われる予定です。

御案内のとおり、日本ではイタリア人のマルコ・ポーロが日本を初めてヨーロッパに紹介したと学校で学びます。親しみ深いイタリアと日本の国交が昨年150周年を迎えたこともあり、埼玉県としてもキャンプ受け入れをきっかけにイタリアとの交流がもっと深まればすばらしいと思っております。
ちなみに、さいたま市民が日本で最もパスタを食べているという話もあります。なにやら、御縁があったのかなと思っています。


覚書締結式

10月20日(金曜日)の一打「特別仕様ナンバープレートでオリンピック・パラリンピックを盛り上げよう」

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を盛り上げようということで自動車の特別仕様のナンバープレートを作ることになりました。

新車や中古車の購入時に新しくナンバープレートを作られる場合には、希望することでオリンピックとパラリンピックのエンブレム付きの特別仕様ナンバープレートを取り付けることができます。
また、現在お乗りになっている車のナンバープレートをエンブレム付き特別仕様ナンバープレートに交換することもできます。7,310円の料金をお支払いただくことになりますが、現在の番号をそのまま使うことができます。
さらに、1,000円以上の寄附をしていただきますと、エンブレムに加えて図柄の入ったナンバープレートを選択することができるようになります。この寄附金はバスやタクシーのバリアフリー化などに充てられます。

図柄入り特別仕様ナンバープレートには多彩色のグラフィックな光の模様が施されており、「様々な人々の個性(色)を尊重した未来の社会への希望」を表現しているそうです。遠くから見ても近くから見ても、ナンバープレートを通じて東京オリンピック・パラリンピックに協力している車だということが一目で分かります。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを応援したいという方は、是非この特別仕様ナンバープレートにお申込みいただければありがたいと思います。
特別仕様ナンバープレートでオリンピック・パラリンピックを盛り上げましょう。


特別仕様ナンバープレート

10月19日(木曜日)の一打「障害者ダンス『ハンドルズ』」

埼玉県では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の気運醸成のために、文化発信のプログラムを展開しています。
オリンピック・パラリンピックはスポーツの祭典ですが、同時に文化の祭典でもあります。文化プログラムの一環として、今回、障害者によるダンス公演が行われます。人気振付家の近藤 良平(こんどう りょうへい)さんがプロデュースし、県内在住の障害者でつくるダンスチーム「ハンドルズ」が、10月21日(土曜日)に彩の国さいたま芸術劇場小ホール(さいたま市中央区)で公演します。公演のタイトルは「どうするの あしたのよていが きになるの」です。

メンバーは身体や精神、知的の障害をお持ちの20代から50代の19人。チーム名の「ハンドルズ」は、近藤さんが主宰する人気ダンス集団「コンドルズ」にあやかった半分コンドルズ、ハンディキャップ、ハンドリング(車いすの操作)に由来しているそうです。

公演ではダンスだけでなく歌やコントも披露します。近藤さんは、「稽古の中でいきなり個性を出してと言ってもなかなか難しい。だから、本人が面白くて、周りも面白くて、ということをメンバーと一緒にあらかじめ探し出してプログラムに取り入れている。」と話しております。

2009年から始まり今回で6回目の公演になりますが、先にお話ししたようにオリンピック・パラリンピックの文化プログラムの一つに位置付けられています。本当にすばらしい障害者のダンス公演です。ある方は、ダンスを見るうちに障害がだんだん個性に見えてくるなどと話しております。

来年3月には、金沢市で初の県外公演を予定しています。とにかく感動と笑いがたくさん感じられます。私も何度も見ていますが、飽きることがありません。また今回は、淑徳与野中学校バトン部の皆さんとコラボしていることも、とても楽しみです。是非、多くの方に公演を御覧いただきたいと思います。

知事の写真

10月18日(水曜日)の一打「みやのかわ商店街のナイトバザール」

秩父市に「みやのかわ」という商店街があります。みやのかわ商店街では、偶数月第3土曜日の夜7時から各商店が様々な企画を催すナイトバザールを開催しています。このナイトバザールが10月21日(土曜日)に開催される第277回をもって、30周年を迎えることになりました。

ナイトバザールの仕掛け人は、島田 憲一(しまだ けんいち)さんといって、現在は秩父商工会議所の副会頭をなさっておられます。長く「みやのかわ商店街」を引っ張ってこられた方で、今は第一線から退き、大所高所から指導されています。

私が衆議院議員候補者だった当時、自分を支持してくださる各地の商工会青年部のメンバーが「秩父に行って、ナイトバザールを見学するんだ。」と言っていました。その後、実際に多くのメンバーが、地元で同じようにナイトバザールを始めました。ただ、どこもあまり長く続かなかったようです。

全国からみやのかわのナイトバザールを見学に来ています。島田さんに言わせれば、「全国から人々が集まることで、みやのかわ商店街がもうけたわけじゃないが、周りのホテルや旅館は間違いなく潤ったはずだ。」とのことです。「いかにも」と私も思っております。
今、官制版の地方創生の話はたくさんありますが、正に「民」による地方創生は、この秩父市のみやのかわ商店街が30年前からしっかりやっていたということを知っていただきたいと思います。

秩父エリアは豊かな自然や伝統文化などがある良いところですから、商店や商業関係に何らかの形で携わっている方々は、秩父エリアの観光も兼ねて、一度、みやのかわ商店街のナイトバザールに行かれたらいかがでしょうか。


ナイトバザール

10月17日(火曜日)の一打「高校授業料の実質無償化」

衆議院議員選挙に向けて、各候補者が街頭演説などで主張を繰り広げています。その主張の1つが「教育無償化」です。幼児教育のほか、高校や大学の無償化などが叫ばれています。そこで、今日は埼玉県の高校授業料の実質無償化の状況について、改めてお知らせいたします。

本県では県内の私立高校に通う県民の皆さんを応援するため、次のような支援を行っています。
基本となる授業料の補助としては、年収約910万円未満の世帯に対し、収入に応じた補助を行っています。
特に、年収約609万円未満の世帯に対しては、国の就学支援金に加えて県独自の上乗せ補助を行っております。上限はありますが授業料に相当する金額を補助し、授業料を実質無償化しています。入学金についても10万円の補助を行い、一層手厚いものとしています。
これにより、県内の私立高校に通う生徒約3人に1人の授業料を実質無償化しています。

さらに、年収約500万円未満の世帯に対しては、授業料以外の施設費等納付金についても年間20万円を上限に補助しています。入学金や授業料と合計すると補助の上限は67万5千円となり、日本一の額となります。

こうした本県の高校授業料などに対する補助は全国でもトップクラスのもので、特に、入学金に対する補助は東京都や大阪府にないものです。

また、高校授業料の実質無償化に加えて、本県では日本一の充実した奨学金制度も実施しています。入学一時金の貸与上限額は全国一、月額奨学金の貸与上限額は全国第2位です。奨学金を受けるにあたって連帯保証人を不要としているのは本県のみで、利用しやすくしています。その結果、奨学金の貸与者数、貸与総額はいずれも全国第3位となっています。

あらゆる人がチャンスを平等に得られる社会を作りたいという考えから、これらの制度を実施しています。こうして育った若者が自分の能力と可能性を開花させて社会で活躍してくれればうれしいですね。

知事の写真

10月16日(月曜日)の一打「第72回国民体育大会 埼玉県は第3位」

9月30日(土曜日)に第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」の総合開会式に行き、選手の皆さんとともに入場行進をしてきました。

埼玉県は、これまでの国民体育大会(国体)の平均順位が3.9位であり、これは東京都に次いで第2位の成績となります。
これまでの平均順位が3.9位なのになぜ第2位なのかと疑問に思われる方もいると思います。数字のマジックみたいな話ですけれども、47都道府県のこれまでの順位をそれぞれ合計し、年数で割り算をすると埼玉県は3.9位になります。その3.9位が東京都に次いで2番目になるということです。

今回の国体の成績はどうだったのかと言いますと、天皇杯(男女総合成績)は、第1位が東京都、第2位は開催県である愛媛県、それに次いで埼玉県は第3位となりました。皇后杯(女子総合成績)は、東京都、愛媛県、大阪府、愛知県に続いて、埼玉県は第5位でした。人口の多い都府県が上位を占めておりますが、これは選手層の厚さに要因があると言われております。

正に埼玉県は「スポーツ王国」と言っても過言ではありません。スポーツ少年団の登録会員数は日本一ですし、裾野も広い。また、御案内のとおりリオのオリンピック・パラリンピックでも埼玉県ゆかりの選手が数多くメダルを獲得しています。引き続き、2019年のラグビーワールドカップ、あるいは2020年の東京オリンピック・パラリンピックにおいても埼玉県の存在感をしっかり出していきたいと思います。

知事の写真

10月13日(金曜日)の一打「獺祭(だっさい)が日本一になった理由」

『プレジデント』10月16日号の「ビジネススクール流 知的武装講座」に、「獺祭はなぜ日本一の純米大吟醸酒になれたのか?」という多摩大学大学院の徳岡 晃一郎(とくおか こういちろう)教授のコラムがありました。

徳岡教授によれば、「獺祭」は純米大吟醸酒として日本一の出荷量を誇り、海外にも輸出されて人気を博しているとのことです。「獺祭」を生み出したのは山口県にある旭酒造株式会社会長の桜井 博志(さくらい ひろし)氏。3代目社長を継いだ1984年には、ほぼ倒産状態だったという零細酒造を再建し、日本酒のグローバルブランドを築きました。その背景には、「徹底的においしい酒を造ろう」という桜井氏の熱い思いと、そのために日本酒業界の様々な「しがらみ」を打破するための知恵と執念があったそうです。

従来、仕込みや醸造などのプロセスは、杜氏(とうじ)の暗黙知(あんもくち)頼みで冬場のみ行われていました。そのプロセスをコンピュータで制御することにより、通年での酒造りを可能にし、誰が作業しても品質を維持できるよう、技術の標準化を行ったそうです。
また、原料となる山田錦を増産するため、生産農家へITを用いた収穫管理支援を行うなどして、おいしい日本酒を十分供給できる体制を構築したそうです。合理的な経営に変革し、酒造経営のビジネスモデルイノベーションを実現したわけです。

一般に、酒造りには微妙な感覚というものがあって、杜氏の混ぜ方、管理の仕方によって出来・不出来が生じるそうです。極めて繊細な造り方をするのが日本酒であるとも言えるかもしれません。そういうものをコンピュータで品質管理するという仕組みに変えることによって、製品の均質化を実現したそうです。正に「獺祭」の出荷量が増えても、味が変わらないという秘密はここにあったのです。

かつて、幻の酒と言われるようなお酒がヒットした途端に味がおかしくなってしまったことがありました。一定程度の量であれば品質管理ができたのでしょうが、製造を拡大したことにより、酒の品質管理ができなくなった例の一つだと思わざるを得ません。

杜氏の力が要らないということになってくると、桶の中をかき混ぜるような姿が見られなくなり、酒造りの風景が変わるのかもしれません。世の中はどんどん変わっていきます。

知事の写真

10月12日(木曜日)の一打「お酒の御利益(ごりやく)」

「飲酒がもたらす健康への影響」として、厚生労働省のホームページには「飲酒は、意識状態の変容を引き起こす。短時間内の多量飲酒による急性アルコール中毒は、死亡の原因となることがある。肝疾患、脳卒中、がん等多くの疾患がアルコールと関連する。長期にわたる多量飲酒は、アルコールへの依存を形成し、本人の精神的・身体的健康を損なうとともに、社会への適応力を低下させ、家族等周囲の人々にも深刻な影響を与える。」などの警告が掲載されています。
飲み過ぎが体に悪いことは誰でも知っています。一方で、適量の飲酒がもたらしてくれる健康への御利益も知るべきだという話が、月刊総合情報誌『選択』2017年10月号に掲載されていました。

例えば、適量の飲酒は認知症に対して効果を示すそうです。ハーバード大学の研究者の報告によると、酒を全く飲まない人と飲酒をする人で比較したところ、一週間あたりビールに換算して中瓶半分から3本ほどの飲酒をする人が、最も認知症のリスクが低かったといいます。

また、飲酒は肥満の原因と考える方も多いと思いますが、実は適量の飲酒をする人は飲まない人に比べて肥満が少ないという研究報告もあるそうです。
さらに、男女ともに適量の飲酒をする人は、飲まない人より10年後の体重増加が少なめだったという調査も紹介されています。もっとも、長期間にわたって適量以上の飲酒を続けている人は肥満率が高くなり、また、アルコール依存症の人は痩せている人が多いそうです。

人類は約1万年間にわたり発酵飲料を飲んでいるそうです。狩猟採集民の社会では、発酵飲料を潤滑剤として、一緒に働くグループを持つことができたという説もあるといいます。こうしたことから、飲酒は人類の文明の発展に貢献してきた、と記事では述べています。

まあ、酒好きな人はいろいろと屁理屈をこねて飲む口実を作りますから、こうした研究報告を喜んでいることでしょう。これもまた精神的にも良いということになるのではないでしょうか。

知事の写真

10月11日(水曜日)の一打「カズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞」

カズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞を受賞されました。イシグロ氏は日本人の両親とともに5歳の時に英国に渡り、日本語はほとんど話せないそうです。両親とも日本人なのに英国人というのも何となくイメージが湧いてこないのですが、英国籍ということですので、正に国際人ということでしょうか。

スウェーデン・アカデミーは授賞理由を「偉大な感情の力を持つ小説で、世界とつながっているという幻想的な感覚の下にある深淵(しんえん)を明らかにした」としています。つまり、排外主義が吹き荒れる今の世界だからこそ、ノーベル賞の元々の意味をしっかり踏まえた委員の中で、このイシグロ氏の小説が評価されたのではないかと思います。

イシグロ氏は1982年に『遠い山なみの光』で長編デビューし、日本を舞台にした長編小説を相次いで発表しておられます。1989年には『日の名残り』で、英国最高の文学賞とされるブッカー賞を受賞されています。作品の多くは邦訳され、発行部数の合計は97万部にもなります。
また、『わたしを離さないで』は、日本でテレビドラマや演劇にもなっています。彩の国さいたま芸術劇場では開館20周年記念として、故蜷川 幸雄(にながわ ゆきお)芸術監督がこの作品を舞台化しておられますので、埼玉県とも多少関わりがあります。

英国に渡らず、ずっと日本にいたとしたら、また趣きの違った作家になっていたのかもしれません。『遠い山なみの光』では英国に在住する長崎出身の女性の回想を、また『浮世の画家』では長崎を思わせる架空の町に生きる男を描いています。日本で生まれながら日本語がほとんど分からず、ある意味では日本を客観的に見つめることができ、あるいは逆に、憧れの対象として日本の社会を見ることにより、新鮮な小説が書けたのかもしれません。
いずれにしても、日系人であるイシグロ氏の受賞はうれしい限りです。

知事の写真

10月10日(火曜日)の一打「役人の価値基準」

私が尊敬する人事院総裁や厚生労働事務次官、内閣府事務次官を歴任し、現在、埼玉県立大学理事長である江利川 毅(えりかわ たけし)さんに、すばらしい教えを伺ったことがあります。江利川さんは役人の価値基準として、「義」と「恕」(じょ=思いやり)を言っておられます。正義がきちっとかなっていなければならないということであります。法律や条例、規則といったものを曲げてはならない、そういう意味で正義の「義」がないといけない。その点で「森友」などは間違いなく正義ではないような気がします。あの元理財局長は不義の役人です。

さらに、もう一つ大事なことは思いやりの心です。どんなに正義にかなっていても、そこに思いやりがないといけないわけです。「これは法律でこうなっています」と言うだけではなく、法律を超えたヒューマニズムだとか、世の中のごく普通の人の感覚だとか、そうしたものに対しても配慮する。そういう思いやりの心が必要であるということが、正に「恕」の意味であると思います。

江利川さんとは言葉が違いますが、私も同じような意味で使っている言葉があります。それは「情」と「理」です。何事もきちっと理にかなったものでなければならないと思いますが、同時にその中に「情け」がないとだめだと思っています。人間の付き合いも理にかなわなければならないと思っていますが、「理」ばかりでそこに「情け」がないと、うまく人間社会は回らないと思います。

私は自分のことを幸運な人間だと思っていますが、この幸運を支えているものが何かあるとすれば、それは「情」と「理」について自分なりにいつも意識するようにしていることにあると思っています。

知事の写真

10月6日(金曜日)の一打「IOC、東京オリンピック・パラリンピック関係者勢揃い」

10月3日(火曜日)、ホテルオークラ東京で第7回IOC(国際オリンピック委員会)プロジェクトレビューがあり、その後、午後7時30分からレセプション(夕食会)が行われました。
IOCプロジェクトレビューは、IOC、開催都市、大会組織委員会などがトップクラスも含めて集まり、大会準備の進捗状況などを確認する事務レベルの打ち合わせです。

この日は打ち合わせの後に、親睦や交流を深めるためのレセプションが関係自治体の首長も交えて開催されました。
主な出席者は、開催都市の小池 百合子(こいけ ゆりこ)東京都知事、鈴木 俊一(すずき しゅんいち)東京オリンピック・パラリンピック担当大臣、森 喜朗(もり よしろう)大会組織委員会会長、竹田 恆和(たけだ つねかず)日本オリンピック委員会会長、また財界を代表して御手洗 冨士夫(みたらい ふじお)大会組織委員会名誉会長、そして私ども知事や政令指定都市の市長の皆さんでした。
IOCからは、ジョン・コーツ東京オリンピック競技大会調整委員会委員長、アレックス・ギラディ同副委員長、エグゼクティブディレクターのクリストフ・デュビ氏などの主力メンバーが参加され、テーブルを囲んで会食をさせていただきました。

森会長の計らいなのか、各人のテーブルの上には、いなりずし一個と巻きずし一切れが置かれていました。そのほかは、焼き鳥、焼きそば、おでん、お好み焼きの屋台が会場内に並んでいるという趣向でした。
プロジェクトレビューでは「経費削減」がテーマの一つでもあったみたいですが、何やら会食まで「経費削減」の対象になったのでしょうか。それとも日本の食事のメインではないけども日本人が好んで食べる、あるいはビール・お酒のおつまみに使われる食事を、日本の食文化として紹介したかったのでしょうか。

私はコーツ委員長の隣の席だったおかげで、活発な意見交換ができました。私から、埼玉県は人気のある「ゴルフ」、「バスケットボール」、「サッカー」、「射撃」の会場となっていることをお話ししたところ、コーツ委員長からは、さいたまスーパーアリーナをバスケットボール会場として借りることで7億ドル(日本円で700億円以上)の節約になったというようなお話をいただきました。
また、コーツ委員長が焼き鳥をお箸で食べようとされていましたので、私が手で串を持って口で「がぶっ」とやるしぐさをお見せして説明したところ、「よく分かった!」という感じで喜んでおられました。
会場では、福島復興の意味を込めて、福島県の地酒が提供されていました。私は、埼玉県の地酒も負けずにおいしいことを強調し、埼玉にお越しいただければ是非御紹介したいと申し上げました。
今、時の人となっている小池都知事も私の近くに座っておられましたが、向かい側の位置だったので細かい話ができなかったのが残念です。

どちらかといえば、ここのところ東京オリンピック・パラリンピックに関しては費用負担の在り方など、ややぎすぎすした話が多かったので、非常に和やかな会であったことが印象的でした。


レセプション風景

10月5日(木曜日)の一打「がんばれ!埼玉西武ライオンズ」

プロ野球の埼玉西武ライオンズが好調です。リーグ戦2位が確定し、10月14日(土曜日)から始まる2017年度クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージを、所沢市にある本拠地メットライフドームで開催できることになりました。3年連続Bクラス(4位以下)でしたので、実に4年ぶりのCS進出です。この勢いで、日本一の栄光に向け、突き進んでいってもらいたいと思います。

この好調の要因の一つが「炎獅子(えんじし)ユニフォーム」にあると、9月14日(木曜日)の読売新聞に書かれていました。

「炎獅子ユニフォーム」は、球団が夏のイベントとして作製している2017年の期間限定特製ユニフォームのことです。赤を基調とした炎が燃え上がるデザインで、球団歌『地平を駈(か)ける獅子を見た』の歌詞にある「炎の色の獅子」のフレーズが基になっているそうです。

このユニフォームを7月21日(金曜日)に着用してからチームは13連勝をマーク。8月17日(木曜日)までの間に着用した24試合は、20勝4敗という8割を超える勝率で、この驚異的な成績は正に「炎獅子効果」によるとのことです。
また、このユニフォームは縁起が良かったため、シーズン終盤戦の正念場でも着用されました。

実は、今シーズンは「西武ライオンズ」から「埼玉西武ライオンズ」にチーム名を変えて10年目となる記念の年です。私は「”埼玉西武”10周年アニバーサリーシリーズ」の最終日である8月27日(日曜日)にメットライフドームで行われた試合の始球式で、「最後まで埼玉西武ライオンズを応援してください。」と観客の皆さんに呼び掛けました。その呼び掛けに応える球場の声援はとても力強く、多くのファンの存在がチームの好調を支えていることを実感しました。

「下克上」が期待できるCSが今から楽しみですが、ここでライオンズファンの皆さんに良いデータがあります。なんと、チーム名に「埼玉」を付けて戦った最初のシーズンである2008年、埼玉西武ライオンズは日本一に輝いているのです。10年目という節目の年だからこそ高まる期待感が、チームに良い結果を引き寄せてくれるかもしれません。

私も埼玉西武ライオンズファンの一人として、最後まで応援していきます。がんばれ!埼玉西武ライオンズ!!

知事の写真

10月4日(水曜日)の一打「実は略語だった意外な言葉ランキング」

メールやSNSの普及とともに、若い人たちの間で極めて簡潔な言葉(例:「りょ」=了解の短縮形)が使われているようです。俗に言う略語です。しかし、略語という認識がないままに使われている言葉が、結構日本語にはあります。「実は略語だった意外な言葉ランキング」(gooランキング 2016年9月調査)というものがありますので、御紹介します。

第1位は「ボールペン」です。これは和製英語で、正式な名称は「ボールポイントペン(Ball Point Pen)」です。

第2位は「食パン」。「主食用パン」の「主」と「用」が省略されました。そのほか、美術のデッサンの時に描いた線を消すのに用いる「消しパン」に対し、食用のパンのことを「食パン」と呼んだなど諸説あるようです。

第3位は「教科書」。正式名称は「教科用図書」で、文部科学大臣による検定に関する法令の名称も「教科用図書検定規則」となっています。

第4位は「経済」。中国の古典に登場する「経世済民」の略で、「世を経(おさ)め、民を済(すく)う」の意味でした。

第5位は「切手」。「切符手形」の略です。日本では古くから、お金を払って得た権利を証明する紙片のことを切手と呼んでおり、江戸時代には米切手、酒切手などが使われていました。日本の近代郵便制度の創始者である前島 密(まえじま ひそか)が、いわゆる郵便切手に「切手」という言葉を当てたとのことです。

第6位は「演歌」。「演説歌」の略で、元々は明治時代の自由民権運動において政府批判を歌に託したものでした。

以下、第7位「レーザー(Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation)」、第8位「レーダー(Radio Detecting and Ranging)」、第9位「割り勘(割前勘定)」、第10位「軍手(軍用手袋)」となっています。

略語は外国語にもありますが、ひらがな・カタカナ・漢字に外来語を駆使して作り出すことができる日本語の略語は、ほかの言語にはない特徴です。これも一つの日本の文化と言えるかもしれません。

知事の写真

10月3日(火曜日)の一打「東京五輪で国産バーベルを」

重量挙げ競技用のバーベルを製造する国内唯一の鉄工所が、実は、本県八潮市にあることが8月21日(月曜日)の毎日新聞に紹介されていました。

緻密(ちみつ)な設計によるバランスの良さが評価され、これまで6回の五輪で使用されたバーベルを製造したのが、有限会社笠巻鉄工所です。鉄工所の3代目である長谷川 健吾(はせがわ けんご)さんは、確かな技術に裏打ちされた品質で、2020年東京五輪での採用を目指しておられます。

この鉄工所は、長谷川さんのおじい様が1950年頃に設立され、国際重量挙げ連盟(IWF)公認メーカーの一つ、株式会社ウエサカティー・イー(東京都墨田区)の下請けとして長年バーベルを製造してきたそうです。

国際大会で使用するバーベルは、IWFがその都度、公認メーカー1社を採用します。ウエサカは、1964年の東京五輪のほか、1988年のソウルから2004年のアテネまで5大会連続で選ばれているそうです。

長谷川さんは、お父様と勤続50年を超える社員との3人で年間約1000本のバーベルを手掛けているそうです。指先の感覚を大事にする一流選手はバーの太さのわずかな違いも感じ取るため、持ち手部分は0.1ミリ単位で調整するそうです。

1964年の東京五輪では、おじい様が作ったバーベルで三宅 義信(みやけ よしのぶ)選手が金メダルに輝いています。ちなみに、三宅 義信さんは、新座市出身で女子重量挙げロンドン五輪銀メダリスト・リオ五輪銅メダリストの三宅 宏美(みやけ ひろみ)さんの伯父にあたる方です。

近年の国際大会では、安価な中国メーカーに押され気味だそうですが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは是非とも長谷川さんたちが手掛けたバーベルが持ち上げられることを期待しています。思わぬところに、ジャパンクオリティがありました。

知事の写真

10月2日(月曜日)の一打「ホンダジェット快調」

「ホンダジェット」が快調です。本田技研工業株式会社(ホンダ)の小型ジェット機の今年上半期(1月~6月)の出荷数は24機となり、アメリカ・セスナやブラジル・エンブラエルといったライバル社を上回り、小型ジェット機の分野で初めて世界一になったそうです。

「ホンダジェット」の最大の特徴は、エンジンの位置を一般的な機体後部ではなく、主翼上面に取り付けたことです。燃費の良さや広い室内も好評で、受注を伸ばしているそうです。

航空機の開発は、ホンダ創業者の故本田 宗一郎(ほんだ そういちろう)氏の悲願でした。ホンダのオートバイのエンブレムであるウイングマークは「いつかは空へ羽ばたきたい」という願いを込めて採用されたそうです。

1962年に航空機事業への参入を宣言し、1986年から本県和光市の株式会社本田技術研究所に基礎技術研究センターを設立し、研究を開始しました。2003年に初飛行に成功し、2006年10月の全米ビジネス航空機協会ショーに出品したところ、3日間で100機を超える受注を獲得し周囲を驚かせたそうです。2015年末、米国連邦航空局から安全性のお墨付きである型式証明の認定を受け、量産を始めました。

エンジンは、和光市の航空機エンジンR&Dセンターが研究拠点です。同センターにはエンジン開発に必要な多くの研究施設が集約されており、「ホンダジェット」に搭載する小型ジェットエンジンの設計・解析や試作、組み立て、試験などを手掛けています。

航空機は自動車の何倍もの部品からなる先端技術の結集体であり、裾野産業への大きな波及効果があります。本県では、航空・宇宙分野もいち早く重点分野の一つとして、先端産業創造プロジェクトを展開しているところです。この「ホンダジェット」が本県中小企業の優れた技術を更に生かしていくものと期待しています。

知事の写真

お問い合わせ

県民生活部 広聴広報課 ウェブ管理・企画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-2852

ファックス:048-824-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?