Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 税金 > 制度の概要 > Q&A > エルタックスを利用した法人関係税の電子納税に係るQ&A

ここから本文です。

 

掲載日:2018年1月4日

エルタックスを利用した法人関係税の電子納税に係るQ&A

エルタックスを利用した法人関係税の電子納税について、ご質問をまとめました。お問合せの前にご確認ください。

Q1.エルタックスとは

地方税における申請・届出、申告、納付などの手続を、インターネットを利用して行うことができるシステムです。
正式名称を「地方税ポータルシステム」といい、「eLTAX:エルタックス」と呼ばれています。(以下、「エルタックス」といいます。)なお、当該システムは一般社団法人地方税電子化協議会が運営しています。

エルタックスについて、又は、電子申告、申請・届出については、エルタックスのホームページをご覧になるかヘルプデスクにお問合せください。
  • エルタックスホームページ:http://www.eltax.jp/(又は「eLTAX」で検索)
  • ヘルプデスク:0570-081459(ハイシンコク)


Q2.エルタックスを利用した電子納税とは

法人県民税・法人事業税・地方法人特別税について「ペイジー(Pay-easy)」による電子納税が可能になります。
「ペイジー」とは、「納付情報」を使い、インターネットバンキングやモバイルバンキング、ペイジー対応ATMで電子的に支払いを行う仕組みです。
「納付情報」とは、収納機関番号、納付番号、確認番号、納付区分番号で、この番号で金融機関と県は従来納付書に記載されていた内容を把握します。
この納付情報をエルタックスで発行します。利用すれば、オフィス等に居ながらにして申告に続いて納付まで完了できるようになり、銀行等の窓口に納付に行くといった手間が省けます。
なお、領収証書は発行されません。領収証書が必要な場合は従来どおり、納付書を作成して金融機関等の窓口で納付してください。

※初めてインターネットバンキング等を利用される場合は、あらかじめ金融機関に対し申込みが必要です。(埼玉県が指定する金融機関に限ります。申込みについては、各金融機関にお問合せください。)

Q3.どの税金が電子納税できますか

埼玉県に対する法人県民税、法人事業税及び地方法人特別税の納付です。
制度を導入していない他県や県内市町村等に関する税金の納付は行えません。

Q4.見込納付や延滞金の納付もできますか

見込納付を行うことも可能です。(納税義務者ご本人様のみ。)本税に関連する延滞金の納付も可能です。(金額の自動計算機能はありません。)

Q5.書面で申告した場合でも電子納税できますか

エルタックスを利用した電子納税は、エルタックスで電子申告したデータを基に行うため、書面で申告した場合は利用できません。書面で申告した場合は従来どおり、納付書により金融機関等の窓口で納付してください。
なお、見込納付の場合は電子申告する前に電子納税を行うことができますが、電子納税の後、電子申告を行ってください。
また、電子申告を行った場合や納付情報発行まで行った場合でも、ペイジーで納付せずに、従来どおり納付書を使い金融機関等の窓口で納付することはできます。

Q6.利用に当たり何か新しい手続が必要ですか

既に電子申告を行っている場合は、エルタックスの追加手続は不要です。
初めての方の場合は、通常どおりエルタックスの利用登録などが必要です。
なお、インターネットバンキングを初めて利用する場合は、あらかじめ金融機関(県税のペイジー納付が可能な金融機関に限る。)のインターネットバンキングが利用できる口座を用意しておくことが必要です。インターネットバンキングの利用申込等については各金融機関にお問合せください。

Q7.手続の概要はどのようになりますか

  1. エルタックスで電子申告を行い、受付完了の通知を受けます。
  2. エルタックスで電子納税に必要な納付情報の発行依頼を行います。
  3. エルタックスで納付情報を受け取ります。(納税義務者本人だけが確認可能。)
  4. 納付情報を使いインターネットバンキング等からペイジーで納付します。
    (見込納付の場合は2→3→4→1となります。)

Q8.手続の詳細はどのようになりますか

各画面の操作方法など手続の詳細について、エルタックス対応ソフトウェアに関するものはそれぞれのソフトウェアのお問合せ窓口にお尋ねください。また、インターネットバンキングやモバイルバンキング、ATMに関するものは各金融機関にお問合せください。

Q9.電子申告すればすぐに納付情報が発行されますか

電子納税を行うためには、エルタックスで電子申告データを送信してから、申告の受付通知を受け取り納付情報発行依頼を行えるようになるまでの時間と、発行依頼を行ってから、納付情報を受け取り電子納税を行えるようになるまでの時間が必要です。
納付情報の発行依頼をしてから納付情報を受け取るまでの時間は、通常10分から30分程度を要します。
しかし、電子申告や納付情報発行依頼が集中するときなど混雑している場合は、1時間以上の時間を要することも想定されます。
また、エルタックスの利用時間は平日の8時30分から24時まで(土日、祝日、年末年始を除く。)ですが、21時から24時までに行った申告等のデータは、県に届くのが翌日になります。これらのことから、システムの終了間際やメンテナンス時なども含め、翌営業日に納付情報が発行されることがあります。
さらに、ペイジー納付が行えるインターネットバンキングやATM等の営業時間は金融機関によって異なります。
納期限に遅れることがないよう、時間的余裕を持って手続してください。

Q10.税理士が手続できますか

税理士の方が可能な手続は、申告データの送信者でかつ当該申告に代理人として設定されている場合に、納付情報の発行依頼を行うところまでです。
納付情報を受け取ることができるのは納税義務者ご本人様だけです。

Q11.納付情報を使いどのように支払うのですか

取引金融機関のインターネットバンキングやモバイルバンキング、ペイジー対応ATMを使い納付情報を入力してペイジーで納付します。
ペイジー対応ATMではお持ちのキャッシュカードのほか現金も利用できます。一方、インターネットバンキング等をご利用の場合は、利用可能な口座について事前に手続が必要です(Q2、Q7参照)。
なお、県税の納付とエルタックスの利用に係る手数料は無料ですが、ATM等の時間外利用料が別途かかる場合もあります。詳しくは各金融機関にお問合せください。
また、ペイジーで納付の場合は領収証書が発行されません。領収証書が必要な場合は、従来どおり納付書を使い金融機関等の窓口で納付してください。

Q12.ペイジーで支払う際の画面の操作方法がわからないのですが

インターネットバンキング等の画面の操作方法については、各金融機関にお問合せください。
なお、インターネットバンキングの納付情報入力画面において、納付情報があらかじめ入力済みの状態で表示されるのは、PCdesk等のエルタックス対応会計ソフトウェアと金融機関のインターネットバンキングシステムの双方が、情報リンク方式に対応している場合だけです。
ご不明な点はお使いの会計ソフトウェアのお問合せ窓口にお尋ねください。

Q13.休日や夜間も納付できますか

取引金融機関のインターネットバンキング等の利用時間であれば可能です。
ただし、事前にエルタックスで納付情報を取得しておく必要があります。
当該取得手続の受付時間及び所要時間はQ10を参照ください。

Q14.預金口座から電子納税した場合の納付日はいつになりますか

ペイジーによる納付ですので、口座から即時引落になります。

Q15.領収証書は発行されますか

領収証書は発行されません。領収証書が必要な方は従来どおり、紙の納付書を使い金融機関の窓口等で納付してください。

Q16.一度電子納税の手続をすると、それ以降は必ず電子納税しなくてはなりませんか

ペイジー納付の際に利用する納付情報は、納付情報の発行依頼を行った電子申告に固有のものになります。よって、申告の都度電子納税を行うかどうか判断し、電子納税を行うときには納付情報の発行依頼を毎回行ってください。
なお、納付情報が発行された後でも電子納税せずに、従来どおり紙の納付書を使い金融機関の窓口等で納付することも可能です。

Q17.税理士に納付期日を指定して代理納付手続を依頼したいのですが

恐れ入りますが現在のエルタックスには、国税のイータックスにあるダイレクト機能はございません。

関連情報


お問い合わせ

総務部 税務課 納税・管理担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎3階

ファックス:048-830-4737

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?