Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 彩の国統計情報館 > 統計ア・ラ・カルト > 統計ア・ラ・カルト第123号「働く人の明日をつくる~就業構造基本調査~」<2017年9月号>

  • 彩の国統計情報館トップページ

ここから本文です。

 

掲載日:2020年1月28日

統計ア・ラ・カルト第123号「働く人の明日をつくる~就業構造基本調査~」<2017年9月号>

日本の就業・不就業の実態を明らかにする調査です

「就業構造基本調査」は、正規・非正規雇用者の就業状態の違い、高齢者・若年層の就業状況、育児・介護と就業の関係などについて、全国、地域別に明らかにすることを目的として実施する調査です。

調査の期日

平成29年10月1日現在で実施します。

調査の対象

無作為に選定された県内約15,000世帯の15歳以上の世帯員を対象に実施します。

調査事項

1.すべての人について就業構造基本調査ポスター

男女の別、出生の年月、教育の状況、育児・介護の有無など

2.ふだん仕事をしている人について

雇用契約期間、仕事内容、1週間当たりの就業時間、現職に就いた理由など

3.ふだん仕事をしていない人について

就業希望の有無、希望する職種、求職活動の有無など

パソコンやスマートフォンなどで回答ができます

調査への回答は、パソコンやスマートフォン、タブレット端末で国に直接回答する方法又は調査員に調査票を提出する方法により行います。

調査の流れ図

                                                            出典:「明日への統計2017」(総務省統計局)

  • 調査票の配布:9月下旬
  • 調査票の回収:10月上旬~中旬
  • インターネットによる回答:10月9日(月曜日)まで

調査の結果は国や地方公共団体の政策に幅広く活用されています

「30~34歳」の女性有業率は10年で約10ポイント上昇

女性の有業者率の推移(平成14年・平成24年)

平成24年の女性の有業率を10年前と比べると、特に「30~34歳」が11.4ポイント上昇し、いわゆるM字型カーブの底が浅くなっていることがわかります。女性の有業率やM字型カーブの変化は、女性の活躍推進に関する重要な指標の一つとして注目を集めています。

女性有業者率の推移

                                                   出典:「明日への統計2017」(総務省統計局)

介護のために離職する人は年間10万人超

介護・看護を理由とする離職者数(平成23年10月~平成24年9月)

介護のために離職する人は年間10万人を超えることがわかりました。このような背景から、「ニッポン一億総活躍プラン」では、「介護離職ゼロ」を目標に掲げています。この計画策定に当たっては、介護離職した人の数が利用されています。

介護・看護を理由とする離職者数

                                                   出典:「明日への統計2017」(総務省統計局) 

お問い合わせ

総務部 統計課 人口統計担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-822-4104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?