Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2020年4月9日

14埼玉県が一番…天候

埼玉県の天候

グラフ:10年間の快晴日数(2009年から2018年の合計)

 グラフ都道府県別の快晴日数の棒グラフ。解説で説明しています。

資料:気象庁ホームページ

グラフの解説(かいせつ)

気象庁(きしょうちょう)の資料(しりょう)によると、2018年(平成30年)の快晴(かいせい)の日数は、埼玉県が前年より14日少ない47日で、ほかの都道府県とくらべると、3番目に多い日数となっています。1位は67日の宮崎県、2位が64日の静岡県でした。
快晴の日数が多いのは、埼玉県の大きな特ちょうで、2009年(平成21年)から2018年(平成30年)の10年間の快晴日数を合計すると、567日で日本一です。2位は514日の宮崎県、3位は512日の静岡県です。

埼玉県は、夏は高温で湿度(しつど)の高いきびしい暑さが続き、冬は低温で乾燥(かんそう)した内陸性(ないりくせい)の太平洋側気候で、北西からの強い季節風「からっ風」のふく、乾燥した晴天の日が多いのが特ちょうといわれています。

用語の説明:快晴日とは、空をおおう雲の量が、全体を10としたときに1.5より少ない日をいいます。1日に3回(9時、15時、21時)調べた平均値(へいきんち)をその日の雲の量としています。

注意:都道府県庁のある場所の観測(かんそく)地点を使ってくらべていますが、埼玉県は熊谷(くまがや)市、千葉県は銚子(ちょうし)市、滋賀県は彦根(ひこね)市、山口県は下関(しものせき)市にある観測地点を使っています。 

グラフのもととなった統計表

参考データ

男の子、はかるのセリフ1

晴れた日が多いっていうことは、それだけ外で遊べるっていうことだね。

お問い合わせ

総務部 統計課 企画指導・統計資料担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-822-3758

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?