トップページ > 県政情報・統計 > 地方・広域 > 市町村 > 「住むなら埼玉!」移住・定住情報 > テレワーク移住するなら埼玉!~県内テレワークスポットのご紹介~

ページ番号:221574

掲載日:2022年9月21日

ここから本文です。

住むなら埼玉移住・定住情報ヘッダー画像

テレワーク移住するなら埼玉!~県内テレワークスポットのご紹介~

 コロナ禍により、都会の密を敬遠し地方移住に関心を寄せる方が増えています。あわせて、新たな働き方であるテレワークが急速に普及しています。

こうした状況の中、都心から程よい距離にある埼玉県は、交通の便も良く、豊かな自然にも恵まれているなど、テレワーク移住に最適な地として注目を集めています。

 そこで、県内の各自治体では、コワーキングやサテライトオフィス施設の整備を進め、移住の促進及び関係人口の創出に取り組んでいます。

ここでは、各自治体で整備したコワーキング・サテライトオフィス等をご紹介します。是非足を運んでいただき、「テレワーク移住するなら埼玉!」を実感してみてください。

掲載施設一覧

小川町「コワーキングロビー NESTo」

横瀬町「リビングエニウェア コモンズ横瀬(LAC横瀬) 」

皆野町「働Co-factory みなのLABO」

皆野町「働Co-living みなの subako」

・小鹿野町「みどりの村おがの若者センター コワーキングスペース」

小川町「コワーキングロビー NESTo」   

 小川町は埼玉県の中央部よりやや西に位置し、面積は60平方キロメートルあまりの小さな町です。周囲を緑豊かな外秩父の山々に囲まれ、市街地の中央に槻川が流れる小川町は、歴史を誇る小川和紙や小川絹をはじめ、建具、酒造などの伝統産業で古くから栄えた町です。また、歴史を秘めて佇む史跡や往時の面影を留める町並みなど、その風情から、いつしか「武蔵の小京都」と呼ばれるようになりました。

 東武東上線池袋駅から70分余り急行電車に乗ると、町の玄関口である小川町駅に到着します。その小川町駅から400mあまり歩いたところに、「コワーキングロビーNESTo(ネスト)」があります。

 NESToは「埼玉県ふるさと創造資金」などを活用して、築100年の石蔵を改装して生まれたコワーキングロビーです。

 一面の大谷石、一本杉のテーブル、資源を循環する薪ストーブなど、自然をいかした広やかな空間は、働く人の野性を解放します。

 簡単なメンバー登録をすることで、数時間のドロップインでも、年間通してのメインオフィスとしてでも、お好きなプランでご利用いただけます。

 ホテルのロビーのように、まちにとってのロビーでありたい。開放的な空間でゆったり働いたり、情報を集めてまちを散策したり、泊まりでさまざまな出会いを楽しんだり。NESToでは、“働く・憩う・集う”が有機的に交わります。

    施設名称     

コワーキングロビーNESTo
 所在地 埼玉県比企郡小川町大塚7-4
 電話番号 0493-53-6717 (運営会社:NPO法人あかりえ)
 料金例

 個人又は個人事業主の場合

 2時間 550円 ・ 1日 1,100円

※法人の場合等、詳細はHPでご確認ください。

ホームページ https://nesto.work/

Nesto

nesto5

nesto3

nesto4

横瀬町「リビングエニウェア コモンズ横瀬(LAC横瀬) 」

 横瀬町は、埼玉県の西部、秩父地方の南東部にあって都心から70km圏内に位置し、東京から電車で73分とアクセスも良好です。

総面積約50平方キロメートル、山地に囲まれた盆地であるため寒暖の差が比較的大きいものの、四季を通じて概ね穏やかです。

豊かな森林資源と雄大な自然景観、そして札所をはじめとする歴史的な文化遺産も多数有しており、首都近郊の観光地としても知られています。

 特に、秩父三大氷柱のである「あしがくぼの氷柱」は必見のスポットです。例年1月上旬〜2月下旬の期間中金曜日から日曜日、祝日、幅200m、高さ30mの大きな氷柱はライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれます。

 横瀬町と、ちちぶ農業協同組合、株式会社LIFULLが地域活性化に関する連携協定を締結して三者相互協力のもとで、国の地方創生テレワーク交付金を活用して、旧JAちちぶ横瀬支店をリビングエニウェア コモンズ横瀬(LAC横瀬)としてリニューアルしました。

 LAC横瀬は、情報交換スペース、交流スペース、コミュニティスペース、ワークスペースの機能を備えた宿泊施設です。

 地方創生推進事業として運営するリビングエニウェア コモンズ(LAC)は、LIFULLが「自分らしくを、もっと自由に」をテーマに、全国25拠点(令和3年10月27日現在)を自由に暮らし働ける場として提供し、LACに登録したメンバー(有料)がそれらの拠点を自由に利用できるサービスです。LACのメンバーは、場所を選ばず自由に仕事や生活ができます。LACの隣には、横瀬町民による横瀬に関わる人たちのためのコミュニティ・イベントスペース「オープン アンド フレンドリースペースArea898(エリアはちきゅうはち)」があります。町民と横瀬町に関わる人たちが交わる“交差点”として作られたArea898。

LACでのワークの合間に訪れることで、予想しなかった新たなビジネスチャンスや出会いがあるかもしれません。

    施設名称     

リビングエニウェア コモンズ横瀬(LAC横瀬)
 所在地 埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬1926
 電話番号 0494-24-0898 (お問い合わせ窓口:Area898)
 料金例

お試し1回利用:¥6,600円(税込)
定額払い:27,500円(税込)/月(月額固定でどこでも何度でも)

ホームページ

https://livinganywherecommons.com/base/yokoze/

LAC

LAC2

LAC3

LAC4

皆野町「働Co-factory みなのLABO」 

 皆野町は埼玉県の西北、秩父郡の東北に位置し、四方を山々に囲まれた秩父盆地の一角で、山林を渡る涼風、荒川清流の水辺など、

自然の豊かさに常にふれることができるとても素晴らしい町です。

 そんな皆野町に令和4年1月、新たなテレワークスポット「働Co-factory みなのLABO」が誕生しました。

この施設は、皆野町が国の地方創生テレワーク交付金を活用して、整備したコワーキングスペース・サテライトオフィスです。

最大の特徴は、コワーキングスペース、サテライトオフィスに加え、、モノづくりを行うことができるラボが併設されていることです。例えば、高い加工精度を誇る3Dプリンタやレーザー加工機、3次元加工に対応できる木材加工機や簡単に操作ができるデジタルミシンなど、様々なプロダクト系の設備があり、多様なニーズに対応したものづくりができます。

施設内にはカフェがあり、コーヒーを飲みながらリラックスして仕事ができます。

また、秩父をイメージしたNゲージジオラマも設置。ゆっくりと通り過ぎる列車を見ながら休憩時間を楽しんでください。

プレミアムラウンジにはマッサージチェアやハンモックのほか、畳敷きの和風な空間もあります。

    施設名称     

働Co-factory みなのLABO
 所在地 埼玉県秩父郡皆野町大字大渕284
 電話番号 0494-26-5583
 料金例

エコノミー会員(月額費無料)の場合

時間利用:¥300 / 最初の30分(以後、¥100 / 10分)

1日プラン:¥2,100

ホームページ

https://www.eraberushigotoba.com/facilities/minano-labo/

https://komforta-workation.com/minano-labo/

 Labo1

みなのLABO

lao3

labo4

皆野町「働Co-living みなの subako」

 「働Co-factory みなのLABO」と同じ皆野町の森の中、綺麗な川沿いにある宿泊施設subako。高速 Wi-Fi・電源などを完備した通常のコワーキングスペースとしての機能に加え、宿泊機能を備えた、コリビング(Co-living)施設です。すぐ隣には美肌効果で有名な満願の湯があります。

 皆野町が国の地方創生テレワーク交付金を活用して、日帰り温泉だった施設を、職住一体型サテライトオフィスとして整備したもの。

 宿泊可能な客室は「部屋にこもって静かに執筆をする文豪」をイメージした落ち着いた和の雰囲気の空間と、鳥の巣箱をイメージしたメゾネットキャビンの空間を用意。コワーキングスペース・シャワー・ランドリー・シェアキッチンも備えています。

 このため1泊や2泊の短期でなく、1週間、1か月と長期滞在しながらテレワークを行うことができる施設です。

    施設名称     

働Co-living みなの subako
 所在地 埼玉県秩父郡皆野町下日野沢3993-3
 電話番号 0494-26-5582
 料金例

素泊2名1室利用時の場合1名あたり:2900円~

(詳細はHPでご確認ください)

ホームページ

 

https://www.eraberushigotoba.com/facilities/minano-subako/

https://komforta-workation.com/minano-subako/

subako1

subako2

subako3

みなのsubakop

小鹿野町「みどりの村おがの若者センター コワーキングスペース」

 小鹿野町は、埼玉県の西部にある秩父地域の西に位置し、日本百名山の両神山をはじめとする山や清水の豊富な自然豊かで静かな町です。明治から昭和初期にかけては、養蚕業を中心とした絹織物の町として栄え、馬が闊歩する情緒のある町でした。町には古くからの建物が残されており、ぐるりと山に囲まれた風土はどこか懐かしく、ほっとする落ち着きがあります。年間を通して晴れの日が多く、雪が滅多に積もらない暮らしやすい地域です。

 町全体で「歌舞伎」を楽しむ祭があり、歴史に由来したまち歩きなどが企画されるなど楽しみもたくさん。都内からツーリングや登山を目的とした観光客も訪れます。最寄駅は新しい駅舎に温泉施設が併設され、池袋まで約80分の好アクセスです。

 小鹿野町は、国の地方創生テレワーク交付金を活用して、みどりの村「おがの若者センター」2階研修室をネットワーク環境が整備されたテレワークのできる「コワーキングスペース」に改装しました。

 室内には、カウンター席・集中スペース・ミーティングテーブルがあります。景色の良いカウンター席側の窓からは、天気が良い日には遠景に武甲山や秩父連山が望めます。写真を見てもわかるとおり、これだけの大自然を眼前にテレワークができる施設は滅多にありません。

現地に行くと写真以上の迫力に圧倒されること間違いなしです。

みどりの村の大自然に囲まれた雰囲気のなかでお仕事はいかがですか!

    施設名称     

みどりの村おがの若者センター コワーキングスペース
 所在地

埼玉県秩父郡小鹿野町飯田853

みどりの村おがの若者センター2階

 電話番号

0494-79-1100(お問い合わせ:小鹿野町おもてなし課)

0494-75-3441(予約:おがの若者センター管理事務所)
 料金例

1時間あたり \300

半日   \1,000(9時00分~12時30分、13時00分~16時30分)

ホームページ

https://www.town.ogano.lg.jp/coworking/

ogano_midori.

ogano_midori2

ogano_midori3

ogano_midori4

 

お問い合わせ

企画財政部 地域政策課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-830-4741

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?