Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2015年12月1日

平成27年(関東)

平成27年(座長:茨城県)

定例第二回(秋)<平成27年10月21日(水曜日)、つくば国際会議場(茨城県つくば市)>

<埼玉県提案>男性不妊治療に係る助成制度の創設・拡大について(PDF:102KB)
不妊に悩む夫婦の割合や不妊治療により出生した子供の割合は近年増加しており、不妊は社会全体で身近な問題となっています。不妊治療の一部は保険適用外の診療であり、例えば、男性不妊原因である無精子症により精子採取術を行った場合には治療費の経済的負担が大きくなってしまいます。そこで、国において、男性不妊治療の一つである精子採取術(TESE・MESA・PESA)の治療費に対する助成制度の創設又はこの治療に対し特定不妊治療費助成額の拡大をするよう要望することを提案し、各都県知事から賛同を得ました。

定例第一回(春)<平成27年5月25日(月曜日)、都道府県会館>

<埼玉県提案>入院中の重度障害者等への支援について(PDF:94KB)
重度訪問介護によるヘルパーを利用していて意思疎通に困難がある重度障害者等が入院した場合、家族の付き添いを求められるケースがあります。常に家族が付き添うことは困難であり、障害者等の本人を熟知しているヘルパーの派遣が必要になります。しかし、重度訪問介護は居宅におけるサービスのみを対象としているため、医療機関内での介護は対象外となり全額自己負担になってしまいます。そこで、意思疎通に困難がある重度障害者等や家族の安心を確保するためにも、その障害特性に精通したヘルパーを派遣できるよう、制度の見直しについて要望することを提案し、各都県知事から賛同を得ました。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画財政部 企画総務課 広域調整・基地対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-830-4710

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?